高齢者の自動車事故が増えてます。




高齢ドライバーによる事故が相次いでいます。運動能力や判断力の低下、さらには認知症などが原因といわれますが、免許返納は浸透せず、繰り返される悲劇を防ぐ有効な打開策は見い出せていません。

テレビニュースでこのような悲惨な事故を目にする場面が増え、つい自分自身に置き換えてしまいます。
駐車しようとして、アクセルとブレーキペダルを踏み間違えて、コンビニエンスストアーに車が突っ込む映像を見る度に「パニックになり、身体が(足)が硬直して踏み間違えるのだろうな」と思っています。
私も60歳を超えて、いつ我が身のことになるかも知れないと思っています。

今、AQUA前期型に乗っているのですが、1月中旬に子供たちに相談すると「安全装置が搭載されている車に乗り換えも良いのでは」と、言ってくれました。
そんな時、TVで ペダルの見張り番 が、オートバックスから発売される事を知りました。
三男坊と一緒に、オートバックスに出向いて、ペダルの見張り番の車種別適合表を確認して、その後、ディーラーに出向きました。
AQUA後期型には、トヨタセーフティセンスCが搭載されていて、レーザーレーダーと単眼カメラによる道路状況解析により衝突の危険性がある場合には、自動ブレーキ制御をおこない事故の回避又は、衝突時の衝撃軽減に役立つようです。
他社の安全装置は、先行車に追突しそうになるとブレーキがかかり停止するのですが、トヨタセーフティセンスCでは減速をして衝突時の衝撃軽減をするようです。
そして、残念なことにアクセルとブレーキペダルの踏み間違えを防止する装置は搭載されていないことに気づいたのです。
そうしたら、三男坊が「AQUAにペダルの見張り番を搭載したら良いのでは」と。
そんなことから、AQUAの前期から後期に乗り換える話しが始まったのです。

車は、トヨタの楽々ローン5年を用いて購入したのですが、完済満期まで2年強の期間が残っていて、ローンの清算支払いをしなければなりません。
下取車の査定をしてもらうと、残債に比べとる大幅に下回っていました。(無事故・数か所のキズあり)
担当者が「AQUAは登録台数が多すぎて、中古市場では高値で取引できず、下取り価格も低くなっています」と、申し訳なさそうに話していました。
残債から下取り査定額を出してもらうと、なんと50万円以上の差額が発生しているようです。
心の中で「なんで、下取りしてもらうのに50万円超の金額をお付けしなければならないの?」(涙
しかし、残債の支払いをしないことには、乗り換えが出来ません。

それから、自動車下取りをしている店を2軒回り、3つのディラーで見積もりをしてもらいました。
1.車両下取り価格が高いこと。
2.新車値引きが多いこと。
3.納車以降、メンテナンスをするのに優位なこと。

以上を条件に、合い見積もりを取りました。

1.乗っている車を買ったディーラーは、値引きもそこそこで、グループファイナンス会社の金利は有利でした。
2.自宅から最も近いディラーは、値引きとグループファイナンス会社の金利も高かった。
3.三男坊の伝手を頼り、大阪北部のディラーでは、値引きが最も高く、社外ファイナンスも利用でき、金利も2番目に低かった。
そして、イレギュラーですが、車の販売だけをしてもらい、メンテナンスは最寄りのディラーにしてもらっても良いとのことになる。
最寄りのディラーでは、メンテナンスパックの使い勝手が良く、三男坊が推薦する希望のエンジンオイルのボトルキープも出来て、商談が進み、注文に至りました。

車の引き取りまでに、三男坊に取り付けて貰ったオプション品を取り外してくれて、カーナビは次男のものと入れ替えて、リアランプ(テールランプ)は、新車に移設するので純正品と入れ替え、フロントスピーカーは三男坊が持ち帰り、荷物置き場に置いていたウーハーも新車に移設します。
車のコーディネートをしてくれた三男坊には、作業工賃として5万円強の手数料を渡したものの、丁度三男坊のユーザー車検と重なり費用の一部になりました。(笑

シルバー色のAQUA前期モデルからパールホワイト色のAQUA後期モデルへの乗り換えとなり、色気のない話しです。(笑
その代わり、三男坊と相談しながら一緒に、エアロキットからハイレスポンスマフラーやスポイラーなど、目一杯オプションとして見積もりに入れて貰いました。
ただ、お気に入りのエアロキットにはハイレスポンスマフラーの取付が困難だとのことで、納車寸前にハイレスポンスマフラーはキャンセルしてもらいました。
エアロキットにも取り付けられる、ハイレスポンスマフラーをインターネットで購入しようかと考えています。

納車時に、お気に入りのインチアップしたアルミホイールとタイヤと交換後間もない補助バッテリーと、その2つは新車との入れ替えをお願いしました。
新車に中古のアルミホイールとタイヤと補助バッテリーが移設されたものが我が家にやって来ました。

つまらない、我が家の珍しい事件簿でした。
車の運転をされる方は、スピードの出し過ぎと、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いには、十分気を付けて下さいませ。


ブログページのトップに戻る


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  栃木県那須町...   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。