架空請求のメールが届きました。

パソコンのフリーメールに下記のような「【重要】未払い料金のお知らせ」が着信しました。
架空請求など特殊詐欺が横行している、今日この頃です。

暇つぶしに、ネットでそれぞれのキーワードについて検索をしてみたら。
1.「篠原町総合調査」では、ヒットすることがなく、最新の名称を使われているようです。
2.「03-6427-9467」ては、Yahoo!知恵袋で、三沢合同調査事務所 - 03-6427-9467(12:00~19:00 非通知不可)...の投稿があり、会社名を変えて何度もメールが送られてきて、完全無視をしているとの記載でした。

架空請求

------------------------------------------------------------------------------------------------
差出人 : shinoharachou-shinoharachou753@docomo.ne.jp

件名 :【重要】未払い料金のお知らせ

[本文]

篠原町総合調査

03-6427-9467
(12:00~19:00 非通知不可)
担当 浜口

こちらは有料サイト運営会社様より、ご利用料金回収及び身辺調査の依頼を受けご連絡させていただきました、篠原町総合調査と申します。

サイト運営会社様のお話ですと、こちらのメールを受信された携帯電話から、有料サイトへのアクセスがあり、ご利用料金が未払いで、今現在も料金が発生し続けているとのことです。

この件に身に覚えがない場合、何かの間違いだと思われますが、その場合でも、その旨ご連絡いただき、間違った請求が今後そちらにいかないように、登録抹消の手続きだけは必ず行わなければなりませんし、このままご連絡がなく放置されますと、携帯電話の名義人に対し、民法415条による損害賠償請求訴訟の裁判になってしまいます。

そうなりますと、現在の料金に裁判のための様々な費用、例えば給与差し押えのための勤務先の調査費用、財産差し押さえのための財産調査費用、ご自身でのお支払が困難な場合のご家族、ご親族のご連絡先、財産調査費用、弁護士費用等、その他様々な費用が加算され、多額の損害賠償請求訴訟の裁判になってしまいます。

尚、その裁判に身に覚えが無い等、理由を問わず欠席し、放置されますと、サイト運営会社様の言い分が全て認められ、執行官立ち会いのもと、給与、預貯金、不動産、その他あらゆる財産を強制執行で差し押さえる事が可能になってしまいます。

この通知が最後通告になりますので、この請求に身に覚えが無い場合であっても何ら返答がない場合、不本意ながら近日中にその強制執行のための裁判に移行になってしまいますので、その様な事になる前に、今現在はまだ訴訟の準備中の段階ですので、この件に身に覚えがない場合、何かの間違いだと思われますので、お支払いただく必要はございませんが、その場合でも、その旨ご連絡いただき、登録抹消の手続きだけは必ず行わなければなりませんので、本日中(土、日、祝日、メールでの対応はしておりません)に私宛に必ずお電話ください。

篠原町総合調査
03-6427-9467
(12:00~19:00 非通知不可)
担当 浜口

*こちらのメールに返信いただいても対応はできませんので、必ずお電話にてご連絡がお願い致します。
土、日、祝日、営業時間外の対応はしておりません。時間帯によって繋がりにくい場合がございますので、恐れ入りますがその際は再度お掛け直しくださいますようお願い致します。
パソコンからのメールはドメイン設定により送受信ができない場合がございますので、最終通告が確実に届くよう、今回こちらのアドレスから送信させていただきました。
------------------------------------------------------------------------------------------------

1.本文の記述で太文字「・・・こちらのメールを受信された携帯電話から・・・」は、私は携帯電話からはネットに接続しないので完全なる間違いです。
2.裁判所に申し立てるのなら、必ず書面で通知が届きますので、もし心当たりがないのなら、裁判所からの通知が届いたら、それから対応しても大丈夫です。
3.本文内に、個人情報が全く見当たらない。
4.「この通知が最後通告になりますので、」と、言われても、このメールが最初なのですが。(笑

以上の事をするまでもなく、このようなメールは不特定多数にばらまかれていて、慌てて指定の電話番号に連絡をしてきた人に対して詐欺を働くヤカラです。
皆さまも、このような怪しげで、身に覚えのないメールや電話連絡には、過剰な反応をせずに、身内に相談してから対応しても大丈夫ですから。
十分気を付けて下さいませ。


ブログページのトップに戻る


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

自民・公明+日本維新の横暴が目に余る。

(社説)国会最終盤 極まる政権の強権姿勢

 あまりに乱暴な国会運営だ。とうてい承服できない。

参議院

 「共謀罪」法案について、自民党は参院法務委員会での審議を打ち切り、本会議での直接採決に向けて「中間報告」を行うことを提案した。民進など野党が激しく反発するのは当然だ。

 中間報告は、国民の代表である国会議員の質問権を事実上奪うものだ。憲法が定める国会への閣僚の出席・発言義務を免ずることにもなる。

 提案自体が参院無用論につながりかねない強権姿勢を、与党の参院議員はどう考えるのか。

 政権側の思惑は明らかだ。

 共謀罪法案は何としても成立させる。だが18日までの国会会期を延長する事態になれば、森友学園や加計学園の問題で野党に追及の機会を与えることになる。とにかく早く閉会したい。強引な手法をとっても、人々はやがて忘れるだろう――。

 異なる意見に耳を貸さない。数の力で押し切る。国民を軽視する。くり返し指摘してきた政権の体質が、国会の最終盤に、最悪の形であらわれた。

 法案をめぐる疑問と危惧は、一向に解消されていない。

 国際組織犯罪防止条約に加盟するには法案の成立が不可欠だという政府の主張は、本当に正しいのか。実行されなくても計画の段階で処罰できるようにする共謀罪を、なぜ277もの罪に包括的に導入しなければならないのか。国連の専門家が、政府と異なる見解を明らかにしているのをどう説明するのか。

 まだまだある。

 政府は「一般人」には影響はおよばないと説明するが、それを担保するものは何か。市民団体などに対する不当な監視活動が明らかになっても「正当な業務だ」と開き直る警察当局を、なぜ容認するのか。この先どのようにコントロールし、逸脱・暴走を防ぐのか。

 国民の不安がぬぐえていない状況を見れば、いったん廃案にし、答弁能力に疑問符がつく法相を交代させて出直す。少なくとも、当初の会期にとらわれずに審議を尽くす。それが政治が果たすべき当然の責務だ。

 安倍首相は今月、ニッポン放送の番組で「不安を広げるための議論を延々としている」「あおっているに過ぎない」と野党を批判した。十分な説明ができない政府の責任を棚に上げ、反対する者を徹底的に攻撃する、いつものふるまいである。

 単に共謀罪法案の行方にとどまらない。「熟議」「謙譲」という言葉の対極にあるこの政権の下で、民主主義はどこへ行くのか。懸念がふくらむ。

【 2017年6月15日05時00分(社説)国会最終盤 極まる政権の強権姿勢:朝日新聞デジタル】


NHKなど、国会での中継録画が流されているのを見ながら、この社説を読んでいます。

参議院本会議で共謀罪(テロ等準備罪)法案が可決・成立した。
投票の内訳は、自民・公明・日本維新などの賛成だった。

法案の答弁すら満足に説明できない、金田法務大臣の答弁がTV流されているのを見ながらも、このような法案が、国会で強行採決された。

政党支持率が30%を超える数字に、おごりが見え隠れしていると思うのは、私だけなのでしょうか。

この法案の成立により、捜査機関の匙加減一つで、犯罪とは無縁の一般市民が突如、容疑者に仕立て上げられる可能性が現実のものになりました。

日本国民にとって、今まで、幾つもの、生活を脅かす法案が可決され、戦争が出来る国になり、特定秘密保護法案など、まだまだ列挙できる悪法が強行採決されてきました。

選挙で、自民・公明・日本維新に投票した人たちは、このことを予測していたのでしょうか?
他の党より、ましだからとの思いで、一票を投じた人たちは、どう思っているのでしょうか?
今国会の会期は4日間ですが、文科省から今日発表された「怪文書」の調査結果の追及は、どうなるのでしょうか?

安倍総理は、お友達が作る加計学園問題も、隠ぺいまがいの対応をして、これ以上追及されたくないので、国会を閉じるのでしょうね。
ところで、一時騒がれた「森友学園」問題は、どうなっているのでしょうかね?


ブログページのトップに戻る


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

現内閣の横暴が目に余る。

連日報道される森友学園・加計学園にまつわる様々な疑惑ですが、国会でも追及されていますが。

昨日、前川喜平 前文科次官会見が会見を行った。

加計学園文書、存在「間違いない」前川前文科次官会見

学校法人「加計学園」が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画について、「総理のご意向」を伝えたとされる文書の存在を認めた前川喜平・前文部科学事務次官が25日、東京都千代田区内で記者会見した。
改めて文書の存在を「間違いない」と認めたほか、特区での選定をめぐる経緯について「公正公平であるべき行政のあり方がゆがめられた」と問題視した。

◆加計学園問題
総理のご意向」私だって気にする 前川氏の一問一答
会見は弁護士会館で、午後4時から1時間余りにわたって行われた。前川氏は冒頭、会見を行った理由について「当事者の立場として疑問を感じながらやっていた。発言することによって文科省に混乱が生じることは申し訳なく思うが、あったことをなかったことにはできない」と語った。

 問題の文書は、獣医学部の新設について慎重だった文科省に対し、内閣府が「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」などと伝えたとする内容。文科省は調査したうえで「確認できなかった」と存在を否定したが、前川氏はこの日の会見で「担当課から受け取った文書で間違いない。改めて調査すれば分かることだ」と語った。

官邸サイドから、「黒を白にしろと言われる」「行政がゆがめられた」、文書については「あったことをなかったことにはできない」と述べていた。
【2017年5月25日17時57分 朝日新聞デジタル】

◆官邸の言い分

菅氏「全く怪文書みたい」 加計学園巡る文書、強気否定

安倍政権は「総理のご意向」との記載のある文部科学省の記録文書について、内容を真っ向から否定。対する野党は、徹底追及の方針だ。

菅義偉官房長官は17日午後の記者会見で、「全く、怪文書みたいな文書じゃないか。出どころも明確になっていない」と言い切り、記録文書の信頼性自体も否定した。文書は役所の正式な文書ではない、とすることで政権へのダメージを回避し、特区をめぐる判断にも問題がないとの姿勢を維持する狙いがある。森友学園問題で首相が追及を受けても内閣支持率が大きく落ち込むことはなかった経緯も、強気の背景にありそうだ。

 安倍首相と加計学園の加計孝太郎理事長は、米国留学時代からの友人で、頻繁に会食やゴルフを共にする仲。3月13日の参院予算委員会では、加計氏から獣医学部新設の計画を聞いていたか問われ、安倍首相は「私がもし働きかけて決めているとあれば、責任を取る」と強く関与を否定した。首相本人が言い切っただけに、政権としても「否定」に躍起。菅氏は17日午前の会見で「首相からも一切指示はない」とした。

 自民党も歩調を合わせる。二階俊博幹事長は首相と会談後、記者団から加計学園問題について質問され、「事態を見守って党としてもしっかり対応したい」と述べた。後ろに控える林幹雄幹事長代理が「官房長官も文部科学相も『こういうことはない』と明確に言っているんだから」と口を挟む一幕があった。

【2017年5月18日04時57分 朝日新聞デジタル】


森友学園しかり、加計学園も、官邸内閣は、知らぬ存ぜぬの立場を押し通し、共の問題については、相手方の言い分は間違っており、官邸の言い分が正しいとの立場を主張しています。

反安倍に該当する人物を攻撃して、官邸の言い分が正しいと言い張る姿は、みっともないものです。

「証人喚問があれば、参ります」と前川氏が述べており、何れの問題も、国会で当事者の双方を立ち会わせ、証人喚問・参考人招致を行い、出席者の真実に基づき証言をすれば、明白になるはずです。

官邸は、臭いものに蓋をして、どちらの問題に安倍晋三氏が関わっていないと言い張るつもりのようです。

隠匿・隠ぺい体質は、安倍内閣・与党自民党・公明党の得意技に他ならないのではないでしょうか?

現在、審議中の犯罪を計画段階から処罰する「共謀罪」(政府はこれを「テロ等準備罪」と呼んでいる」)が、もし成立していたら、このような日記を書いた直後から、私は監視対象者にされるのでしょう。


ブログページのトップに戻る


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

柳ジョージ&レイニーウッド奇跡の復活ライヴを完全収録

★柳ジョージ&レイニーウッド奇跡の復活ライヴを完全収録

2013年10月10日に三回忌を迎たる柳ジョージ。
彼の三回忌に合わせ、2005年4月23日、地元横浜・神奈川県民ホールにて行われた
24年ぶりの柳ジョージ&レイニーウッドの一夜限り、奇跡の復活ライヴを完全収録したComplete Editionを発売。
やっと収録の交渉ができた、今回初収録9曲を含む全24曲を収録したDVD2枚組です。

柳ジョージ&レイニーウッド24年目の祭り

【メンバー】
柳ジョージ(Vocal&Guitar)
ミッキー・ヤマモト(Bass&Vocal)
石井清登(Guitar&Vocal)
上綱克彦(Keyboard&Vocal)
四ツ田ヨシヒロ(Drum&Vocal)
鈴木明男(Sax,Flute&Vocal)

◆Disc1
M-01 プリズナー
M-02 CROSS EYED WOMAN
M-03 ハーバー・フリーウェイ
M-04 本牧綺談
M-05 FENCEの向うのアメリカ
M-06 眠りのない街(今回初収録)
M-07 コペンハーゲン・パーク
M-08 一人(今回初収録)
M-09 娘よ・・・
M-10 BRIGHT LIGHT in THE CITY(今回初収録)
M-11 同じ時代に(今回初収録)
M-12 LONELINESS

◆Disc2
M-13 そんなんじゃない(今回初収録)
M-14 チャイニーズ・クィーン(今回初収録)
M-15 時は流れて(今回初収録)
M-16 SINFUL GIRL(今回初収録)
M-17 ヘイ・ダーリン
M-18 雨に泣いてる
M-19 微笑の法則-スマイル・オン・ミ-
M-20 酔って候
M-21 さらばミシシッピー
M-22 テネシー・ワルツ(今回初収録)
M-23 Stormy Monday
M-24 青い瞳のステラ1962年夏…
【Amazon.jp より】


3月に「柳ジョージ『LIVE IN TOKYO』」のCDを入手して、一通り車や自宅で聴き終えて、さらに過去へタイムスリップしたくなり、お馴染みの Amazon や dショップをチェックしていました。

これまでは、Youtube で、「24年目の祭り」の一部は目にしていました。
が、完全版が欲しくなり、Amazonの方が安かったのですが、新車の購入で、トヨタ社外品を結構購入したのでdポイントがそこそこ貯まっていました。
そして、dショッピングのサイトで「ポチィと」。

「柳ジョージ&レイニーウッド24年目の祭りComplete Edition DVD」が届いてからは、違法行為すれすれの、DVDからリッピングをして、24曲毎に編集して MP4ファイルにしました。
更には、音声を取り出し、24曲毎に編集して M4aファイルにしました。

カーナビ毎に、フーレームレートの違いがあり、それに合うように変換・編集に苦労しました。
24曲に編集した MP4ファイルをSDカードに入れて、ようやく全て観終わりました。
SDには109ファイルがあり、音楽を入れた USBには1,000曲が入っています。
それらを自動車運転しながら、見聞きしているところです。

自宅の Blu-ray recorder で、そろそろ全ての曲を観てみることにしようかと思っています。(笑

柳ジョージの埋もれたCDやDVDの収集は、しばらく続きそうです。ヾ( ̄o ̄;)オイオイ


Youtubeでの「柳ジョージ 24年目の祭り」検索URLを張り付けておきます。↓↓↓

https://www.youtube.com/results?search_query=%E6%9F%B3%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8+24%E5%B9%B4%E7%9B%AE%E3%81%AE%E7%A5%AD%E3%82%8A



ブログページのトップに戻る


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

高齢者の自動車事故が増えてます。




高齢ドライバーによる事故が相次いでいます。運動能力や判断力の低下、さらには認知症などが原因といわれますが、免許返納は浸透せず、繰り返される悲劇を防ぐ有効な打開策は見い出せていません。

テレビニュースでこのような悲惨な事故を目にする場面が増え、つい自分自身に置き換えてしまいます。
駐車しようとして、アクセルとブレーキペダルを踏み間違えて、コンビニエンスストアーに車が突っ込む映像を見る度に「パニックになり、身体が(足)が硬直して踏み間違えるのだろうな」と思っています。
私も60歳を超えて、いつ我が身のことになるかも知れないと思っています。

今、AQUA前期型に乗っているのですが、1月中旬に子供たちに相談すると「安全装置が搭載されている車に乗り換えも良いのでは」と、言ってくれました。
そんな時、TVで ペダルの見張り番 が、オートバックスから発売される事を知りました。
三男坊と一緒に、オートバックスに出向いて、ペダルの見張り番の車種別適合表を確認して、その後、ディーラーに出向きました。
AQUA後期型には、トヨタセーフティセンスCが搭載されていて、レーザーレーダーと単眼カメラによる道路状況解析により衝突の危険性がある場合には、自動ブレーキ制御をおこない事故の回避又は、衝突時の衝撃軽減に役立つようです。
他社の安全装置は、先行車に追突しそうになるとブレーキがかかり停止するのですが、トヨタセーフティセンスCでは減速をして衝突時の衝撃軽減をするようです。
そして、残念なことにアクセルとブレーキペダルの踏み間違えを防止する装置は搭載されていないことに気づいたのです。
そうしたら、三男坊が「AQUAにペダルの見張り番を搭載したら良いのでは」と。
そんなことから、AQUAの前期から後期に乗り換える話しが始まったのです。

車は、トヨタの楽々ローン5年を用いて購入したのですが、完済満期まで2年強の期間が残っていて、ローンの清算支払いをしなければなりません。
下取車の査定をしてもらうと、残債に比べとる大幅に下回っていました。(無事故・数か所のキズあり)
担当者が「AQUAは登録台数が多すぎて、中古市場では高値で取引できず、下取り価格も低くなっています」と、申し訳なさそうに話していました。
残債から下取り査定額を出してもらうと、なんと50万円以上の差額が発生しているようです。
心の中で「なんで、下取りしてもらうのに50万円超の金額をお付けしなければならないの?」(涙
しかし、残債の支払いをしないことには、乗り換えが出来ません。

それから、自動車下取りをしている店を2軒回り、3つのディラーで見積もりをしてもらいました。
1.車両下取り価格が高いこと。
2.新車値引きが多いこと。
3.納車以降、メンテナンスをするのに優位なこと。

以上を条件に、合い見積もりを取りました。

1.乗っている車を買ったディーラーは、値引きもそこそこで、グループファイナンス会社の金利は有利でした。
2.自宅から最も近いディラーは、値引きとグループファイナンス会社の金利も高かった。
3.三男坊の伝手を頼り、大阪北部のディラーでは、値引きが最も高く、社外ファイナンスも利用でき、金利も2番目に低かった。
そして、イレギュラーですが、車の販売だけをしてもらい、メンテナンスは最寄りのディラーにしてもらっても良いとのことになる。
最寄りのディラーでは、メンテナンスパックの使い勝手が良く、三男坊が推薦する希望のエンジンオイルのボトルキープも出来て、商談が進み、注文に至りました。

車の引き取りまでに、三男坊に取り付けて貰ったオプション品を取り外してくれて、カーナビは次男のものと入れ替えて、リアランプ(テールランプ)は、新車に移設するので純正品と入れ替え、フロントスピーカーは三男坊が持ち帰り、荷物置き場に置いていたウーハーも新車に移設します。
車のコーディネートをしてくれた三男坊には、作業工賃として5万円強の手数料を渡したものの、丁度三男坊のユーザー車検と重なり費用の一部になりました。(笑

シルバー色のAQUA前期モデルからパールホワイト色のAQUA後期モデルへの乗り換えとなり、色気のない話しです。(笑
その代わり、三男坊と相談しながら一緒に、エアロキットからハイレスポンスマフラーやスポイラーなど、目一杯オプションとして見積もりに入れて貰いました。
ただ、お気に入りのエアロキットにはハイレスポンスマフラーの取付が困難だとのことで、納車寸前にハイレスポンスマフラーはキャンセルしてもらいました。
エアロキットにも取り付けられる、ハイレスポンスマフラーをインターネットで購入しようかと考えています。

納車時に、お気に入りのインチアップしたアルミホイールとタイヤと交換後間もない補助バッテリーと、その2つは新車との入れ替えをお願いしました。
新車に中古のアルミホイールとタイヤと補助バッテリーが移設されたものが我が家にやって来ました。

つまらない、我が家の珍しい事件簿でした。
車の運転をされる方は、スピードの出し過ぎと、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いには、十分気を付けて下さいませ。


ブログページのトップに戻る


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ