花ごよみ

映画、本、写真など・

舟を編む

2013-05-15 | 映画

監督は石井裕也。

三浦しをんの同名小説の映画化。

主演の馬締光也役には松田龍平、
馬締が恋する香具矢役には、
宮崎あおいがキャスティング。



先輩役の西岡正志をオダギリジョー、
加藤剛、八千草薫、渡辺美佐子等、
共演者達もそれぞれ個性的で、
魅力ある人物を演じています。

気の遠くなるような長い歳月を経なければ、
到達できることのない辞書作りという仕事。

馬締(松田龍平)と、
地味だけど情熱を持って臨む、
辞書作りという仕事に懸ける人々の姿。

松田龍平演じる不器用だけど、
愛すべきキャラの馬締。

オダギリジョーは、
調子はいいけど
優しさも感じる、
魅力的な人物を演じています。
一見正反対のこのコンビもいいです。

一生懸命さとまじめさと思いやり、
原作は読んでいますが、
映画も原作の良さが、
ちりばめられた作品になっています。



辞書作りの苦労は映画を見て
より実感できました。

馬締さん、
板前の香具矢さんの作った、
美味しい料理、
いつも食べられそうでいいな。

目的に向かい一途にがんばる姿に
潔さを感じました。
見ていて快い映画です。

本の感想は→こちらです。





『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春日大社 神苑 万葉植物園の藤 | トップ | グランフロント大阪 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
温かい~ (cyaz)
2013-05-16 08:46:41
kazuさん、おはようございます^^

原作は未読ながら、良く出来た映画だったと思います。
主役の二人も良かったですが、
脇を固める俳優陣も素晴らしかったです!
僕的には伊佐山ひろ子さんの立ち位置が
面白くてよかったですよ(笑)
温かい後味のいい映画でした^^
cyazさんへ (kazu)
2013-05-16 12:14:49
こんにちは

いい映画でしたね。
脇役の人それぞれが光っていました。
伊佐山ひろ子さんも
いい味を出していましたね。
ほんのり温かくて優しさを感じる
映画でした。
Unknown (しんちゃん)
2013-05-16 23:03:07
 原作の馬締クンはこんなにコミュ障ではなかったよね(笑)
 もう少しだけ二人のラブラブシーンも観たかったな。

 いろんな言葉を集めても、すぐにそれが死語になってしまう時代の流れの速さを感じました。
しんちゃんへ (kazu)
2013-05-16 23:40:53
こんばんは

原作とは少し違っていましたね。
省略されたり加えられたり。
コミュ障もちょっと大げさになっていましたね。

言葉の移り変わり、結構ありますよね。
死語になってしまうのも速いですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「舟を編む」 大海を渡る拠り所 (はらやんの映画徒然草)
言葉は海。 それは海の如く広く大きい。 ずっとそこにじっとあるように見えるけれど
『舟を編む』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「舟を編む」 □監督 石井裕也□脚本 渡辺謙作□原作 三浦しをん□キャスト 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林 薫、加藤 剛、       渡辺美佐子、黒木華、池脇千鶴、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、八千草 薫■鑑賞日 4月...
舟を編む (2013) 133分 (極私的映画論+α)
 もう一度読もうかな
『舟を編む』 2013年3月19日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『舟を編む』 を試写会で鑑賞しました。 本日のよみうりホールは満席で期待の高さが伺える客入りではあったが... 【ストーリー】  玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配...
劇場鑑賞「舟を編む」 (日々“是”精進! ver.F)
言葉は、生きている… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304160001/ 映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラックサントラ 渡邊崇 リトル・モア 2013-04-...
辞書を作ろう! (笑う社会人の生活)
20日のことですが、映画「舟を編む」を鑑賞しました。 玄武書房に勤務する馬締は職場の営業部では変人扱いされていた 言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属され、新しい辞書「大渡海」の編編に従事することになり・・・ 辞書編集をテーマにしたドラマ  ...
舟を編む (あーうぃ だにぇっと)
舟を編む@東商ホール
[映画『舟を編む』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆いい映画でした。  イメージ的に、「本」を物語のメインに据えているので、それぞれのヒロイン(宮崎あおい/榮倉奈々)の可愛さが同タイプであることもあり、「図書館戦争」と同時期で対を成す印象だ。  でも、先に見た「図書館戦争」の激しさよりも、今作品の、水...
舟を編む (だらだら無気力ブログ!)
辞書作りって大変なんだな。
舟を編む (悠雅的生活)
用例採集。袖カバー。言葉の海を渡る舟。
舟を編む (単館系)
舟を編む ユナイテッド・シネマ浦和 4/13公開 玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、 言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。 新しい...
石井裕也監督、松田龍平、宮崎あおい・主演『舟を編む』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説を石井裕也監督が実写映画化した『舟を編む』。出演は松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、加藤剛、小林薫、池脇千鶴、他物語・玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平
舟を編む (迷宮映画館)
日本語っていいなあと思わせる逸品
舟を編む (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
舟を編む '13:日本 ◆監督:石井裕也「ハラがコレなんで」「川の底からこんにちは」 ◆出演:松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、 鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、 八千草薫、小林薫、加藤剛、宇野祥平、森岡龍 ◆STORY◆玄武書房に勤...
舟を編む (勝手に映画評)
なるほど、こうきますか。 馬締が、松田龍平と聞いた時は「どうかな~」と思いましたが、中々どうして。結構いい仕上がりになっていますね。さすがです。 凛とした美しさを持つ女性には、やっぱり宮崎あおいは外せないですよねぇ。ただ、「自分、不器用ですから」と言い...
『舟を編む』 なぜ1995年なのか? (映画のブログ)
 『舟を編む』は、辞書の編纂という地味で気の長そうな仕事が、想像を遥かに上回るほど地味で気が長いことを描き、そこから絶妙な笑いを生み出すコメディだ。  本作は1995年を舞台にしているけれど、描かれる内容は極めて今日的だ。東日本大震災後の私たちにとって、切...
舟を編む (いやいやえん)
辞書を作る。それは、何万語とある言葉の海の中を泳いで渡るごときのようなもの。現代に於いてそれがこんな途方もない年月と労力が費やされているものだとは夢にも思わなかった。先達たちが作ってきた辞書を改良編集