花ごよみ

映画、本、写真など・

希望荘  宮部みゆき

2017-03-30 | 本 ま、や行(作家)

希望荘

『誰か Somebody』『名もなき毒』『ペテロの葬列』に続く
杉村三郎シリーズ4作目。

「希望荘」「聖域」「砂男」
「二重身(ドッペルゲンガー)」の4編の短編集。
短編それぞれが繋がっています。
そして結構切なくて重い内容です。

「希望荘」
老人ホームに居た依頼者の父は
罪を犯していたのか、
告白の真偽の調査を依頼。

「聖域」
アパートから貧しかった、
おばあさんが突然消えた。
なのにある所で小ぎれいになった
老婦人を見かけた。
何があったのか調査を依頼される。

「砂男」
仲の良い夫婦だったのに
突然主人が失踪を遂げる。
なぜ主人が駆け落ちしたのか。

「二重身(ドッペルゲンガー)」
大震災が背景。
行方不明のオーナーは
生存しているのかという依頼。

以前TVドラマを見ていた影響で
主人公杉村三郎役の小泉孝太郎の顔が
どうしても浮かんできます。

なんだか力を抜いたような
ふわっとした杉村三郎の性格が
見え隠れします。
そんな雰囲気を持っていても事件を
解決するべく起こす行動、判断力は
やっぱりさすが杉村三郎。

人間の身勝手さ、
覗きたくない心の部分が描かれていますが
杉村三郎の柔和さが
それらを軽減させてくれます。

『ペテロの葬列』では妻と別れてしまい、
あれれと思いましたが、
事務所を起こして私立探偵になる過程の、
通過点だったのかな。
杉村三郎がついに探偵デビューします。

心に癒されることのない、
深い傷を負っていても
マイペースに生きていると言う感じの杉村三郎。

娘の桃子ちゃんとも、
うまくいってるようでよかったです。

「杉村探偵事務所」
これからも続いていく予感。




『小説』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 危険なビーナス  東野圭吾 | トップ | 蜂蜜と遠雷  恩田陸 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も読みました。 (bratt)
2017-03-30 21:10:30
こんばんは。

これ、私も読みました。三郎くん自身に影があることで、他人の傷に優しく寄り添えることが救いになりますよね。たとえそれが絶望的な哀しみであったとしても。
続けて読みたい大好きなシリーズです。
brattさんへ (kazu)
2017-03-30 22:29:56
こんばんは

brattさんも読まれたのですね。

三郎くんのほわっとした優しさが
辛さ、悲しさをうまく中和させてくれますね。

また杉村三郎に登場して欲しいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL