花ごよみ

映画、本、写真など・

脳男

2013-02-20 | 映画

生田斗真が主演。
感情というものを持ち合わせていない、
謎の人物“脳男“を演じます。

原作は首藤瓜於の同名小説。
並はずれた知能と、
驚くべき身体能力。

体の痛みを感じず、
人間としての感情は一切ないものの
正義のためなら、
人をあやめることさえ厭わない特異な人物。

刑事の茶屋を江口洋介、
鈴木一郎を精神鑑定する医師、
鷲谷真梨子を松雪泰子。


二階堂ふみ、染谷将太、太田莉菜等が共演。

原作は、2000年の第46回江戸川乱歩賞受賞作。
数年前にこの本を読んでいて
もう映画は見なくてもいいかと思っていましたが
ストーリーの細部は忘れてしまっているのと
実写化されたらどんな映画になるのだろうという、
興味から見に行きました。

本の感想は→こちらです。

内容は忘れていても、
脳男という衝撃的なタイトルと
鈴木一郎とうい名は
今でも強い印象があります。

生田斗真はこの謎の人物を、
無表情な目で
魅力的に表現していました。

悲しく暗い過去が明らかになるにつれ
思いがけず
少し涙ぐんでしまいました。

この映画、ありえないシーン、
残虐なシーンも多くありました。
深く考えると訳がわからなくなってしまいます。
グロいシーンは薄目で見たので、
まあ大丈夫でした。

ラストのほほ笑みは謎ですが
少し人間らしい心というものが出てきたのかな?







『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウィンター・ホリデー 坂木... | トップ | 家の梅の花&豆苗 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しんちゃん)
2013-02-20 22:31:39
 ほとんどR15の残酷さでした。一応はPG12だったけど。やっぱ中学生以下の女の子に見てもらいたかったからかもね。

 被害者の家族が加害者の心のケアをし治療するっていう「嘘」がやっぱいただけなかったです。

 って・・・ま、これくらいならネタバレに成らないかな(笑)

 松雪泰子、「容疑者X」といい、この作品といい、なかなかいい女でした(笑)

 原作は2作目があるみたいだけど、このキャラは連続での映画化が可能かもね。
しんちゃんへ (kazu)
2013-02-21 12:23:17
こんにちは

目をそむけたくなるような
シーン多かったですね。
私はきっちり目を
そむけていましたが…
被害者の家族が加害者を
治療なんてことは
いくら何でも有り得ないでしょうね。
松雪泰子、ずっと悲哀感たっぷりの
表情でしたね。
原作2作目、検索するとほんとありました。
映画化あるかもしれないですね。
Unknown (アリス)
2013-02-21 22:21:42
けっこう、怖いシーンが多い
映画なんですね~

でも、脳男は正義の味方なんですね!
悪者だと思い込んでいました。

よかった、とよくなかったと意見がわかれて
いる映画みたいですが、二階堂ふみ
ちゃんがよかったとか・・

また、DVDになったら、怖いシーンを
早送りして見てみますね。
イタい~ (cyaz)
2013-02-21 22:49:56
kazuさん、こんばんは^^
冒頭からイタいシーンが続きましたね(笑)?
斗真クンの瞬きひとつしない演技は
鈴木一郎の摩訶不思議さと冷酷さを見事に演出していました。
二階堂ふみチャンも作品を重ねるごとにホント上手くなってきました。
楽しみな女優さんですね^^
アリスさんへ (kazu)
2013-02-21 23:08:53
こんばんは

グロいシーン結構多いですよ。
でも薄目で見れば平気でした。
脳男は正義を行うように
仕向けられたロボットのような
人物なんです。
悪者ではないです。
二階堂ふみちゃん、
怖かったですよ。
DVDになったら自分で操作
できるのでいいですね~
cyazさんへ (kazu)
2013-02-21 23:15:32
こんばんは

イタいシーンちょっと多すぎですよね。
斗真クンよかったですね。
感情のない目、
クールな鈴木一郎を見事に体現していました。
二階堂ふみチャンもいい女優さんに
なってきましたね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
脳男 (2013) 125分 (極私的映画論+α)
 とてもつらい映画でした
『脳男』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「脳男」□監督 瀧本智行□原作 首藤瓜於□脚本 真辺克彦、成島出□キャスト 生田斗真、松雪泰子、江口洋介、二階堂ふみ、太田莉菜■鑑賞日 2月10日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感...
『脳男』 2013年2月9日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『脳男』 を鑑賞しました。 主役は松雪泰子です 【ストーリー】  残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事の茶屋(江口洋介)は犯人の居所を突き止めるが、身柄を確保できたのは身元不明の鈴木一郎(生田斗真)だけ。共犯者と見なされた一郎は犯行が常軌を逸したも...
脳男 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】連続爆発犯VS脳男の生田君VS警察VS医
脳男 (だらだら無気力ブログ!)
松雪泰子にあのセリフを言われてぇ~!
脳男 (いい加減社長の映画日記)
予告編が、面白そうだったので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 精神科医の鷲谷真梨子が乗り遅れたバスが突然爆発した。 都内近郊で起きていた連続爆破事件のひとつで、犯行には人間爆弾が使われていた。 刑事・茶屋は遺留品から犯人のアジトを見つけ出す....
【脳男】生田斗真の無表情な美しさを見る映画 (映画@見取り八段)
脳男   監督: 瀧本智行    出演: 生田斗真、松雪泰子、二階堂ふみ、太田莉菜、江口洋介、大和田健介、染谷将太、光石研、甲本雅裕、小澤征悦、石橋蓮司、夏八木勲 公開: 2013年2月9日 2013年2月13日。劇場観賞。 実はTwitterのTLに上がってくる評価が結構散々...
脳男 (単館系)
脳男 MOVIXさいたま 2/9公開 残忍な手口の無差別連続爆破事件を追う刑事の茶屋(江口洋介)は 犯人の居所を突き止めるが、身柄を確保できたのは身元不明の鈴木一郎(生田斗真)だけ。 共犯者と見なされた...
『脳男』('13初鑑賞15・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 2月9日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:25の回を鑑賞。
脳男 生田斗真が惚れ惚れするほどかっこいい (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=14 今年の試写会2】  精神科医の鷲谷真梨子が乗り遅れたバスが突然爆発した。都内近郊で起きていた連続爆破事件のひとつで、犯行には人間爆弾が使われていた。刑事・茶屋は遺留品から犯人のアジトを見つけ出すが、踏み込むと同時にアジトは爆発し犯人は逃走。代わり...
脳男  監督/瀧本智行 (西京極 紫の館)
【出演】  生田 斗真  松雪 泰子  江口 洋介  二階堂 ふみ 【ストーリー】 精神科医の鷲谷真梨子が乗り遅れたバスが突然爆発した。都内近郊で起きていた連続爆破事件のひとつで、犯行には人間爆弾が使われていた。刑事・茶屋は遺留品から犯人のアジトを見つけ出すが....
「脳男」 安易に希望を描かない (はらやんの映画徒然草)
原作は首藤瓜於さんの2010年江戸川乱歩賞受賞の同名小説です。 こちらは出版して
脳男/生田斗真、松雪泰子 (カノンな日々)
第46回江戸川乱歩賞を受賞した首藤瓜於さんの小説を原作に『はやぶさ 遥かなる帰還』の瀧本智行監督が生田斗真さんを主演に映画化したアクション・ミステリー作品です。このタイト ...
No.339 脳男 (気ままな映画生活)
第46回江戸川乱歩賞を受賞した首藤瓜於の同名小説を映画化。並はずれた身体能力を誇りながら、生まれつき感情を持たない殺人鬼「脳男」の姿を描くアクションサスペンス。都内近郊 ...
脳男 (映画的・絵画的・音楽的)
 『脳男』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)生田斗真が出演する映画は、これまでも『源氏物語』などを見てきましたが、所属するのがアイドル事務所のせいでしょうか、いろいろの制約を受けている感じが強く、いずれもイマイチの感じでしたが、本作では彼がこれまでに....
映画『脳男』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-16.脳男■配給:東宝■製作年・国:2013年、日本■上映時間:125分■観賞日:2月17日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:0円(ポイント利用)□監督:瀧本智行◆生田斗真(鈴木一郎)◆松雪泰子(鷲谷真梨子)◆江口洋介(茶屋刑事)◆二階堂ふみ...
脳男 (銀幕大帝α)
2013年 日本 125分 アクション/ミステリー/SF PG12 劇場公開(2013/02/09) 監督:瀧本智行 原作:首藤瓜於『脳男』 主題歌:キング・クリムゾン『21世紀のスキッツォイド・マン』 出演: 生田斗真『僕等がいた 前篇』:鈴木一郎(入陶大威) 松雪泰子『....
脳男 (いやいやえん)
「脳男」なんて一風変わった題名なのが気になった。 生田斗真さんが感情のない人間を演じているのだけれど、もともと端正な顔立ちをしてるだけに、無表情であればこその、アンドロイドというかターミネーターというか…とにかくロボットな感じが良く出ているのです(...