花ごよみ

映画、本、写真など・

まほろ駅前多田便利軒

2011-04-25 | 映画

監督は大森立嗣、
主演は 瑛太、松田龍平。

監督のお父さんの麿赤兒、
弟の大森南朋も出演です。

片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ、
柄本佑、松尾スズキ、高良健吾、
岸部一徳等が共演。

舞台は 東京郊外にあるまほろ市。
タイトルどおりまほろ市の駅前で、
便利屋を営む多田啓介(瑛太)。

多田の事務所にいつしか居候する、
高校の同級生の、
行天春彦(松田龍平)。

人生につまずき、
心が傷ついた過去があって、
バツイチの二人。


なぜかお互い引き合う。
離れたくてもなぜか引き合う。

主人公の多田啓介と行天春彦は、
過去を乗り越えることの難しさにぶつかる。

でも便利屋の仕事による、
人との関わりによって、
次第に固まった心が融解する。

多田と行天の不思議な関係。
行天がそばにいることによって
心に微妙な変化が生じる。



沈黙が多い映画
ゆっくりとした時間が流れます。
なので眠気が襲う時も…

多田と行天の笑い声が聞けるシーンは
なんだか和みます。

二人の会話から織り出される、
悲しくつらい過去、
そしてそれからの退避。
相手を気遣う思いやりのある優しい心。

原作はヤクザから追いつめられるなど
結構ハラハラする場面もありましたが
この映画はどちらかというと
静かな印象を持ちました。

この二人少しでも前へ、
進んで行けたのかな?

本も読んでいます。
感想は→こちらです。





『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八日目の蝉 ( 角田光代)  | トップ | 大阪城公園 八重桜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
まほろ駅前多田便利軒 (だらだら無気力ブログ)
第135回直木賞を受賞した三浦しをんのベストセラー連作短編集を「ディア・ ドクター」の瑛太と「誰も守ってくれない」の松田龍平の共演で映画化した ヒューマン・コメディ。 東京のはずれにある“まほろ市”で便利屋を営む真面目な青年・多田と ふらりと現れた同級生・...
愛だろ、愛。~『まほろ駅前多田便利軒』 (真紅のthinkingdays)
 まほろ市駅前で便利屋稼業を営む多田(瑛太)は、中学の同級生、行天春彦 (松田龍平)と再会する。多田は中学時代の負い目から、「今夜一晩泊めてくれ」 という行天の頼みを聞き入れてしまう。その日か...
まほろ駅前多田便利軒/瑛太、松田龍平 (カノンな日々)
直木賞作家の三浦しをんのベストセラー小説を瑛太、松田龍平の若手実力派の二人の主演にて映画化した作品です。監督は『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の大森立嗣監督なのです ...
「まほろ駅前多田便利軒」  (俺の明日はどっちだ)
便利屋主人の多田啓介(瑛太)は、何をするにしても慎重派のしっかり者。淡々と確実に仕事をこなす一方で、産まれて間もない息子を死なせてしまい妻と別れた過去を持つ。 そんな多田のもとに転がり込んで来た同級生の行天春彦(松田龍平)は、黒いロングコートに健康サン...
【まほろ駅多田便利軒】 (日々のつぶやき)
監督:大森立嗣 出演:瑛太、松田龍平、本上まなみ、片岡礼子、鈴木杏、高良健吾  カムバック、しあわせ 「まほろ市の駅前で便利屋をしている多田は、仕事の帰り預かったチワワを抱いている中学の同級生行天と出会う。今晩泊めて欲しいと突然言う行天に、最初は断
まほろ駅前多田便利軒 (悠雅的生活)
チワワ。はたらく車。冬の夜のバス停。
「まほろ駅前多田便利軒」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
近頃出色のバディ・ムービーだな。 「バディ」って何? 相棒。 ああ、「相棒」といえば、そのものズバリ、水谷豊のテレビドラマが有名だけど、「まほろ駅前」の二人組は刑事じゃないし。 かといって、犯罪者でもない。 男二人、狭苦しい事務所で便利屋を営むという、みみ...
映画・まほろ駅前多田便利軒 (お花と読書と散歩、映画も好き)
東京郊外のまほろ市 まほろ駅から走って1分、歩いて3分のところにある雑居ビルで便利屋を営む多田・瑛太 ある年の正月、中学時代の同級生、行天・松田龍平が転がり込んでくる 三十路、バツイチ ワケありな二人が便利屋の仕事を通して様々な人間模様や出来事に出会...
『まほろ駅前多田便利軒』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「まほろ駅前多田便利軒」□監督・脚本 大森立嗣 □原作 三浦しをん□キャスト 瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ、柄本佑、大森南朋、松尾スズキ、麿赤兒、高良健吾、岸部一徳■鑑賞日 4月  日()■劇場 チネチッタ...
まほろ駅前多田便利軒/岳 -ガク- (あーうぃ だにぇっと)
最近観た邦画2本まとめて。 上映時間はいずれも2時間越え。 しかしながら、体感時間には大きな差があった。
まほろ駅前多田便利軒 (映画的・絵画的・音楽的)
 『まほろ駅前多田便利軒』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)映画は、まほろ駅前で便利屋を営んでいる多田啓介(瑛太)と、そこに転がり込んできた行天晴彦(松田龍平)とが軸になって展開されます。  その際、行天の小指が要石の一つような気がします(注1)。...
「まほろ駅前多田便利軒」子供たちと接して向き合った先にみた自分の子供への愛情の深さ (オールマイティにコメンテート)
「まほろ駅前多田便利軒」はまほろ駅前で便利屋をやっているバツイチの男が同じくバツイチの同級生の男と再会して一緒に仕事をする事になり、さまざまな仕事をしていくうちにそれ ...
まほろ駅前多田便利軒 (くまさんの再出発日記)
所謂「相棒ムービー」である。タイプの違う二人がいろんな課題をこなしていく映画である。多田は便利屋の仕事をきちんと真面目にこなす能力の高い男であるが、なぜか自堕落な生活をしている。居候で居ついたとら...
まほろ駅前多田便利軒 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
まほろ駅前多田便利軒'11:日本◆監督:大森立嗣「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」「ゲルマニウムの夜」◆出演:瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ◆STORY◆東京郊外のま ...
映画の感想234作の目次(まほろ駅前多田便利軒を追加) (別館ヒガシ日記TB用)
斜視で医者から絶対3D観れない事を宣告された 管理人ヒガシが映画館&テレビなどで鑑賞したの 別館で感想を書いた映画(234作)の記事一覧です あ~か行で鑑賞した映画の感想(82作) さ~た行で鑑...
まほろ駅前多田便利軒(感想234作目) (別館ヒガシ日記TB用)
7月15日 まほろ駅前多田便利軒(感想234作目) アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入らない場合は上記のブログ記事タイトルの方から 別館アメブロ記事の...