花ごよみ

映画、本、写真など・

杉原千畝 スギハラチウネ

2016-01-04 | 映画
日本政府に背いて6000人の、
ユダヤ難民にビザを発給し、
多くのユダヤ人の命を救った、
実在の日本人外交官、
杉原千畝を描いた映画。

第2次世界大戦下、
外交官としてリトアニアに赴任していた杉原千畝。

杉原千畝を唐沢寿明、
その妻を小雪が演じます。

諜報外交官として様々な国に
滞在していた杉原千畝。
彼はリトアニア・カウナスの
日本領事館へ勤務することになる。

リトアニアで情報を収集し、
日本にヨーロッパの情勢を発進。
そんな中で、第2次世界大戦が勃発。
諜報員として情勢を正確に分析。
ドイツの不審な動きや
アメリカとの戦争を警告。

家族までもが危険なリスクを
背負わされるというのに、
ビザの発行を決断。

強い信念とヒューマニズムを
貫き通した人物。
杉原千畝の残した功績は
感動的なものがあります。



映画を見る前におおよその内容は
予測がついていましたが
ビザを発行し続けた
千畝の心の動きも、
よりくわしく分かりました。
また小雪の衣装などを通じて
結構優雅な外交官の日常なども
知ることができました。

杉原千畝を演じた唐沢寿明は
ぴったり適役で素晴らしかったです。


    



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明けましておめでとうございます | トップ | OBPに咲く椿 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (吾亦紅)
2016-01-04 16:30:50
明けましておめでとうございます
6日に見に行く予定なんですよ
12月初めからなのでもう終わってしまいそうで、正月明けに慌てて、友達を誘い行くことになりました〜〜楽しみにしてます・・・

今年もよろしくお願いします・・・
吾亦紅さんへ (kazu)
2016-01-04 23:51:57
明けましておめでとうございます。
吾亦紅さんも見られる予定なんですね。
上映からもう一月以上経っているんですね。
私もやっと見てきました。

こちらこそ今年もよろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
杉原千畝 スギハラチウネ (映画好きパパの鑑賞日記)
 日本のシンドラーと呼ばれ、リトアニアの領事館勤務時代に大量のユダヤ難民を救った杉原千畝の伝記映画。僕も知らなかったのですが、彼は諜報活動のスペシャリストでもあり、ナチス、ソ連双方から警戒されていたとか。ユダヤ難民救出が中心ですが、情報活動もきっちり描...
杉原千畝 スギハラチウネ (勝手に映画評)
事実に基づいた物語。 本省の訓令に反してビザを発給したため、長らく日本では不遇をかこった杉原千畝。その杉原千畝の生涯を描いた作品。 杉原が、「好ましからざる人物(Persona non grata)」として当時のソ連政府から忌避されて在モスクワ日本大使館に赴任できなか....
杉原千畝 スギハラチウネ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(F) もし、本作品がなかったら偉大な日本人を知ることはなかった。
杉原千畝 スギハラチウネ/唐沢寿明 (カノンな日々)
日本のシンドラーと呼ばれる杉原千畝氏の人物像に迫る伝記・歴史ドラマ。 出演はその他に、ボリス・シッツ、アグニェシュカ・グロホフスカ、ミハウ・ジュラフスキ、ツェザリ・ウ ...
杉原千畝 スギハラチウネ (あーうぃ だにぇっと)
杉原千畝 スギハラチウネ@イイノホール
映画「杉原千畝 スギハラチウネ」 (FREE TIME)
映画「杉原千畝 スギハラチウネ」を鑑賞しました。
杉原千畝 スギハラチウネ (だらだら無気力ブログ!)
139分とちょい長めだけど、ダレずに観られた。
私の誇り。『杉原千畝 スギハラチウネ』 (水曜日のシネマ日記)
第2次世界大戦中、リトアニア領事代理として日本政府に背く形で多くのユダヤ難民にビザを発給し彼らの命を救った日本人外交官の波乱に満ちた半生を描いた作品です。
杉原千畝 スギハラチウネ (風に吹かれて)
自治三訣諜報活動の中で 公式サイト http://www.sugihara-chiune.jp 実話に基づいた映画 監督: チェリン・グラック  「サイドウェイズ」 「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれ
「杉原千畝 スギハラチウネ」 人のお世話にならぬよう、人のお世話をするよう、そして報いを求めぬよう (はらやんの映画徒然草)
時間があったので、観に行った作品でしたが、主人公杉原千畝の行動に心打たれ、思わず