花ごよみ

映画、本、写真など・

マイ・バック・ページ

2011-06-11 | 映画

監督は山下敦弘。

川本三郎のノンフィクションの映画化。
キャストは妻夫木聡 、松山ケンイチ、忽那汐里、
石橋杏奈、中村蒼、あがた森魚、三浦友和…

あるジャーナリストの、
衝撃的な過去の出来事を描いています。

1969年、沢田(妻夫木聡)と関わった
活動家、梅山(松山ケンイチ)に
沢田は魅かれていく。



取材者(妻夫木聡)と、
赤邦軍リーダー梅山(松山ケンイチ)との接触。


お互いが好きな宮沢賢治、
音楽的な趣味も共通している。
それを契機に二人の距離が縮まる。

梅山(松山ケンイチ)を、
信じてしまった沢田(妻夫木聡)。



取材者と犯罪者の不思議な心の交流。

武装革命の実行を明言する、
梅山(松山ケンイチ)。



その後事件が起こる。

ジャーナリストと一応、革命家、
違った立場の二人でありながら、
武力闘争による暴力革命という、
方向を失った学生運動の中
誤った手段を採ってしまう。

過去に取材した男と出会い
自分の進んできた道の懺悔と悔悟からか
沢田(妻夫木聡)が
泣き出してしまうシーン。
共感なんてないのに
なぜかもらい泣きしてしまいました。

 JR大阪駅北側に新しく出来た
大阪ステーションシティシネマで見ました。


大阪ステーションシティ
ノースゲートビル11階、
大阪ステーションシネマ前の、
風の広場から見た風景。
前面のビルは
空中庭園のある梅田スカイビル。



まだまだ進化、変化する大阪駅前



ノースゲートビルディング11階
風の広場











『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 竹の寺 地蔵院 | トップ | カンディンスキーと青騎士展 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
記憶〜 (cyaz)
2011-06-17 17:36:08
kazuさん、こんにちは^^
重いセピアに包まれた映像でしたが、
何となく少し残る当時の記憶が甦ってきました。
『真夜中のカウボーイ』や
CCRの「雨を見たかい」は懐かしかったです(笑)

ところで大阪ステーションシネマなんて出来たんですねぇ
大阪で映画を観た最後って何だったんだろう(笑)
・・・思い出さないなぁ
 
cyazさんへ (kazu)
2011-06-18 00:29:59
こんばんは〜

時代が感じられる映像でしたね。
『真夜中のカウボーイ』は
見たことないんですよ。
CCRの「雨を見たかい」は
いい曲ですね。

大阪駅、大改造ですよ。
大阪ステーションシネマもできました。
映画館が増えるのは便利になって
うれしいです。
cyazさんが大阪で映画を見た最後、
どんな映画だったんでしょう。
興味ありますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
★ 『マイ・バック・ページ』 (映画の感想文日記)
2011年。「マイ・バック・ページ」製作委員会。   山下敦弘監督。向井康介脚本。川本三郎原作。  映画評論家、文芸評論家として知られる作家の川本三郎が雑誌、『朝日ジャーナル』の記者だ...
[映画『マイ・バック・ページ』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆この映画、面白い!  二時間半の長尺だが、夢中になってみた。  内容は、東大安田講堂事件以後の、輝きを失いつつある全共闘運動を背景にした、とある、運動家か、運動家に憧れる者か、正体判別つからざる「革命家」と、遅れてきた運動同調派・新米左翼ジャーナリス...
マイ・バック・ページ(試写会) (まてぃの徒然映画+雑記)
全共闘世代の物語。東大安田講堂陥落のナレーションが冒頭から入って、最初は試写会にありがちな音声ミス?と思ったけれど、それも演出のひとつでした。 まだまだ全共闘運動の余熱冷めやらぬ時代に、新人雑誌記者の沢田(妻夫木聡)は、京西安保を名乗る梅山(松山ケン....
『マイ・バック・ページ』 (こねたみっくす)
学生運動が世の中を変えられると信じられていた時代の息遣いが聞こえてくる。東大安田講堂陥落をリアルタイムでは知らない世代が作っているのに、そんな感じがする映画でした。 ...
マイ・バック・ページ/妻夫木聡、松山ケンイチ (カノンな日々)
私の大好きな『リンダ リンダ リンダ』その他いろいろの山下敦弘監督が実話ベースの社会派作品を手がけたというだけでもちょっと驚きでしたけど、その主演が妻夫木くんに松山ケン ...
マイ・バック・ページ (うろうろ日記)
試写会で観ました。学生運動のリーダーとリーダーを追いかけるジャーナリストのお話で
マイ・バック・ページ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
1971年、自衛隊朝霧駐屯地で、一人の自衛官が殺害された。 事件の背後にいたのは、新左翼の過激派青年と理想に燃える雑誌記者。 なぜ、それは起こったのか?彼らは何を目指そうとじていたのか? 「マイ・バ...
『マイ・バック・ページ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「マイ・バック・ページ」□監督 山下敦弘 □脚本 向井康介□原作 川本三郎 □キャスト 妻夫木 聡、松山ケンイチ、忽那汐里、中村 蒼、韓 英恵、長塚圭史、あがた森魚、三浦友和■鑑賞日 6月5日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの...
マイ・バック・ページ (気ままにブログ)
 4月27日(水)アスミックエース試写室にて映画「マイ・バック・ページ」を鑑賞。  妻夫木&松ケン初共演も気になるが、全共闘時代の事実を元にした映画とのことで観たいと思った作品です。  原作...
マイ・バック・ページ (映画的・絵画的・音楽的)
 『マイ・バック・ページ』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)こうした40年ほども昔の、それも学生闘争という特殊な事柄を扱った映画なら、入りがかなり悪いのではと思っていたところ、日曜日に見たせいかもしれませんが、吉祥寺の映画館でもかなり観客が入ってい....
■映画『マイ・バック・ページ』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
妻夫木聡と松山ケンイチの競演が話題の山下敦弘監督の映画『マイ・バック・ページ』。 1969年から始まる映画というので、“LOVE & PEACE”で牧歌的でハッピーな青春物語かと思いきや、学生運動家とそれを取材するジャーナリストを描いたビターな物語でした。 あるシ...
「マイ・バック・ページ」 あの事件を思い出した (はらやんの映画徒然草)
本作の舞台となる時代は69年の東大安田講堂事件から71年の朝霞自衛官殺害事件あた