花ごよみ

映画、本、写真など・

ダーク・シャドウ

2012-05-18 | 映画

裕福なコリンズ家で育ったバーバナス。

魔女アンジェリークの恨みを買い
魔女によってバンパイアにされ、
生き埋めに…

200年後の1972年、バーバナスは、
堀り出されて復活。

復活したバーバナスが見たコリンズ家は、
没落していて、
そこに住む子孫達も秘密や、
問題を抱えていて暗~い雰囲気。
男性陣に対し個性が強い女性達。

バンパイア、バーバナス(デップ)は
コリンズ家を再興しようと計る。

主役のバーバナスにはジョニー・デップ。



エバ・グリーン、ミシェル・ファイファー、
ヘレナ・ボナム・カーター、
クロエ・モレッツらが共演。



監督はティム・バートン。 

舞台はアメリカ・メイン州の寂れた港町。
その街を仕切っているのはバーバナスを
埋めたエバ・グリーン演じる魔女。

過去と現在の恋、
二股愛に悩むバーバナス(デップ)。
この作品は愛憎の物語とも
とらえられるかも。

バーナバス(ジョニー・デップ)は
今の時代が、
いまいち掴みきれないところが愉快でした。

魔女(エヴァ・グリーン)の怖さは印象的。
魔女の嫉妬は底なしの執念深さ。
一途すぎる女の恐ろしさ。

バーバナス(デップ)は
コリンズ家の再興を願っているとしても
コリンズ家のことを考えると
なんか少しも解決には、
至っていないような感じが…
結構中途半端。

その後の行方が気になります。
コリンズ家の将来が、
心配な終わり方でした。

試写会で見てきました。

今回の試写会は
なぜか物々しい警戒態勢。
持ち物チェック、
金属探知器でのチェック、
ボディーチェック。
私服ガードマンみたいな人もウロウロ…

持ちものチェックは
今までにも経験はありますが
こんなことははじめてでした。

もしかしたら爆破予告?
あるいは舞台挨拶でもあるのかなと、
密かに期待を持ちましたが
そんなことも全くなく、
ただ単に主催側が
心配性だけだったのかな。


5月19日ロードショー








『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一ノ宮神社のツツジと不思議な狛犬 | トップ | 五月山公園 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おひさしぶりです。 (みぃみ)
2012-05-22 14:13:40
ごぶさたしております。
厳戒態勢な試写会、私も金属探知機検査受けた事あります。
携帯電話は受付に預けて、荷物は、某宅配便会社の宅配袋に入れて係の人が幾重にもガムテープを巻いて、座った座席の椅子の下に置くようにと。
その時は坂口憲二君の舞台挨拶がありましたが、驚きでした。

一途な女の執念、怖いですよね。
愛しすぎて憎んで、でもやっぱり好き…ってなんだか切ないです。
執念といえば、ビクトリアに憑依したジョーゼットもですよね…(^^;)。

魔女がいなくなったので、コリンズ家は持ち直すかな?と思いますが、最後お水の中のあの方に、もしかしたら次もあるのかも…と。

みぃみさんへ (kazu)
2012-05-22 20:59:51
こんばんは~

みぃみさんの経験された
厳戒態勢下の試写会も
すごいですね。
荷物まで宅配袋に入れるんですか。
驚きますよね。
舞台挨拶があってよかったですね。
これで挨拶がなかったら、
怒ってしまいますよね。

女の怖さ、切なさ、
見せてくれました。
ビクトリアに憑依したジョーゼットにも執念みたいなものを感じすまね。
コリンズ家の行方、お水の中の人、
気になります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ダーク・シャドウ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】吸血鬼が、現代に蘇り、一族のためにが
★映画ダークシャドウ感想レビュー★ (しろくろ!~城黒猫のひとりごとログ~)
劇場版最新作映画 ダークシャドウを試写会で見ました。 <ストーリー・あらすじ> 1772年アメリカ。 バーナバス・コリンズは荘園所有者として裕福な生活を送っていた。 プレイボーイな彼は、使用人のアンジェリーク・ボーチャードを弄び、失恋させる。 実はアンジェ...
ダーク・シャドウ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【DARK SHADOWS】 2012/05/19公開 アメリカ PG12 113分監督:ティム・バートン出演:ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、ヘレナ・ボナム=カーター、エヴァ・グリーン、ジャッキー・アール・ヘイリー、ジョニー・リー・ミラー、クロエ・グレース・モレッツ、ベ....
ダーク・シャドウ (だらだら無気力ブログ!)
私の好きなヘレナ・ボナム=カーターの見せ場がほとんどなくて、ちょいがっかり。
ダーク・シャドウ (あーうぃ だにぇっと)
ダーク・シャドウ@中野サンプラザ
映画「ダーク・シャドウ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ダーク・シャドウ」観に行ってきました。 ジョニー・デップとティム・バートン監督が8度目のタッグを組んだ、一風変わったヴァンパイアホラー作品。 作中では下ネタな会話と血を吸うことによる流血シーン、さらには何とも微妙なセックス描写(?)が展開されてい...
劇場鑑賞「ダーク・シャドウ」 (日々“是”精進! ver.F)
ヴァンパイアと魔女の、恋愛バトル… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205190002/ ScoreDark Shadows Watertower Music 2012-05-08売り上げランキング :...
ダーク・シャドウ (Akira's VOICE)
悲劇を笑い飛ばす愉快劇!  
「ダーク・シャドウ」 (みんなシネマいいのに!)
 結論から言えば、ジョニー・デップ主演&ティム・バートン監督のコンビによるいつも
映画「ダーク・シャドウ」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
舞台は1972年、メイン州コリンズポートの町 カーペンターズの歌、アリス・クーパー(本人)、ヒッピーなどのノスタルジアも混ぜながら、ヴァンパイアになりきりジョニーが町中を駆け巡る。ベースは昔の...
ダーク・シャドウ/DARK SHADOWS (いい加減社長の映画日記)
やっぱり、ジョニーデップは、はずせない・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1772年、バーナバス・コリンズは裕福、かつ有力なプレイボーイの荘園所有者として世界を手中に収めていたかに見えたが、それはアンジェリーク・ボーチャードを失恋させるという致....
映画:「ダーク・シャドウ」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成24年5月22日(火)。 映画:「ダーク・シャドウ」。 監  督 ティム・バートン 脚  本 セス・グラハム=スミス 原  案 ジョン・オーガスト 、セス・グラハム=スミス 製  作 リチャード・D・ザナック、グレアム・キング 、ジョニー・デップ  ...
「ダーク・シャドウ」感想 (流浪の狂人ブログ ~旅路より~)
 ハリウッドきっての黄金コンビ、ティム・バートン(監督)×ジョニー・デップ(主演)最新作は、1966年から1971年までアメリカで放送されたゴシック・ホラードラマのリメイク。  18世紀、裕福でプレイボーイの青年バーナバス・コリンズは、魔女の呪いによってヴァ...
ダーク・シャドウ / Dark Shadows (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ティム・バートン&ジョニー・デップ8度目のタッグ そしてジョニーさんの白塗りは何度目?! というか、ぎざぎざに張り付いた前髪がなんかウケる。 1966年から71年まで米ABCテレビで放送され、「血....
ティム・バートン監督 「ダーク・シャドウ」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
6月20日、日曜に観てきたのですが… その後、大腸ポリープを取る為、入院などし、レビューが遅くなりました(:^◇^A オフィシャルサイト⇒http://wwws.warnerbros.co.jp/darkshadows/index.html 【あらすじ】 18世紀半ば、未開の地だったメイン州で事業を興し、...
「ダーク・シャドウ」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
やもめ岬。 魔女の呪い。 家族こそが財産。
映画「ダーク・シャドウ」 (空想俳人の知多半島散歩)
<div><font color=\"#FF0000\">ネタバレ</font><font color=\"#0000FF\">で春の海底要注意!!</font></div><div><br></div><div> テイム・バートンの映画は好きだよ。「シザーハンズ」あたりから有名だけど、「エド・ウッド」で、私にとって、この監督の位置づけが決定...
ダーク・シャドウ ヴァンパイアの浦島太郎物語(泣) (労組書記長社労士のブログ)
【=22 -1-】 ティム・バートンとジョニー・デップの鉄板コンビがお送りする、やからね~観たくなるやん、どうしても、だから封切りの日に行ってきた、さすがに満員だ。  18世紀半ば、コリンズ家が築いた港町 “コリンズポート”で、「家族こそが財産」という父の教え...
[映画『ダーク・シャドウ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆予告編の印象からだと、200年前に葬られたヴァンパイアが、現在の没落した一族の下で復活し、過去と現在とのギャップで『テルマエ・ロマエ』風に笑わせつつ、  小さな町(コリンズポート)ながらも栄華を誇っている、敵(かたき)の魔女と対決する話だと思っていた...
ダーク・シャドウ (pure\'s movie review)
2012年 アメリカ作品 113分 ワーナー・ブラザース配給原題:DARK SHADOWSSTAFF監督:ティム・バートン脚本:セス・グレアム=スミスCASTジョニー・デップ ミシェル・ファイファー ヘレナ・ボナム=カーター エヴァ・グリーン ベラ・ヒースコート ジョニー・デップ、....
映画「ダーク・シャドウ」 (FREE TIME)
映画「ダーク・シャドウ」を鑑賞しました。
「ダーク・シャドウ」 ティム・バートンなのに前向き感あり (はらやんの映画徒然草)
ティム・バートン&ジョニー・デップコンビの作品は本作で8作目! ほんとに相性が良
『ダーク・シャドウ』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
ティム・バートンとジョニー・デップ、8本目のコラボ作品だそうです。意識してなかったですが、その内の6本を見てますねー。ということは完全制覇も夢じゃない?(今のところその予定はありませんが) さてこの作品、元は60年代から70年代にかけて放送されていたTV...
ダークシャドウ <ネタバレあり> (HAPPY MANIA)
  6月25日に観に行ってきました   いや~もうコレは楽しみにしてましたよん   ジョニーデップ&ティムバートンは大好きですわ   期待大で観に行ったけど バッチリ期待どーり 楽しめたし お薦め映画ですな    ...
ダーク・シャドウ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ダーク・シャドウ '12:米 ◆原題:DARK SHADOWS ◆監督:ティム・バートン「アリス・イン・ワンダーランド」「チャーリーとチョコレート工場」 ◆出演:ジョニー・デップ、エヴァ・グリーン、ミシェル・ファイファー、ヘレナ・ボナム=カーター、ジョニー・リー・ミ...
ダーク・シャドウ (銀幕大帝α)
DARK SHADOWS/12年/米/113分/ファンタジー・コメディ/PG12/劇場公開(2012/05/19) -監督- ティム・バートン 『アリス・イン・ワンダーランド』 -製作- ジョニー・デップ -出演- *ジョニー・デップ『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉...
ダーク・シャドウ (いやいやえん)
ジョニー・デップ演じるバーナバスは、エヴァ・グリーン演じる魔女アンジェリークの呪いを受けて、ヴァンパイアと化して200年間眠っていた。眠りから目覚めた彼は没落した一族の復興を(勝手に)誓うのだが…。
映画『ダーク・シャドウ』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-48.ダーク・シャドウ■原題:Dark Shadows■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:113分■字幕:石田泰子■観賞日:6月9日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ□監督:ティム・バートン◆ジョニー・デップ(バーナバス・コリンズ)◆ミシェル・ファイファー(エリ...
ダーク・シャドウ (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 1752年、ジョシュア・コリンズとナオミ・コリンズは幼い息子 バーナバスと共に新たな生活を始めるため、アメリカに向けて イギリスのリバプールを出航した。しかし彼ら家族を苦しめる 不可解な呪いからは、海を越えても逃れることができなかった。 20年後、...
ダーク・シャドウ (RISING STEEL)
ダーク・シャドウ / DARK SHADOWS 2012年 アメリカ映画  ワーナー・ブラザーズ製作 監督:ティム・バートン 製作:リチャード・D・ザナック  グレアム・キング  ジョニー・デップ 原...
【映画】ダーク・シャドウ…(ヤッツケ映画観賞記録6)と夏休みの過ごし方。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
2013年8月13日(火曜日)。この日まで会社の営業日だったのですが、当日夜勤だった私は、会社が休んでも良いというのでお休み。まぁ何回か会社から確認の電話がかかってきたりもしましたけどね。…夜勤明けと言う事もあり、寝たりゴロゴロしたりで過ごしました。 夕方にチ...
ダーク・シャドウ (のほほん便り)
ジョニー・デップ&ティム・バートン監督のコンビの熱烈ファンの方には、期待が大きすぎてか、(毒っ気が乏しい、とか)賛否両論あったみたいですが軽く見られる、コメディとして、私は面白かったです。背景も、うんと雰囲気だったし、美女達を眺めてるだけで楽しく、オト...