花ごよみ

映画、本、写真など・

SAYURI

2005-12-15 | 映画

監督ロブ・マーシャル 
(アカデミー賞に輝いたミュージカル映画、シカゴの監督) 
製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ、
主演チャン・ツィイー、 
共演には渡辺謙、役所広司、工藤夕貴ら 
日本の俳優たちのほか、
ミシェール・ヨー、コン・リーなど 
アジアの俳優達が競演している。
 
チャン・ツィイーの子供時代を演じた(大後寿々花) 
チャン・ツィイー に顔がよく似ていて
違和感なく見られました。
一生懸命ながんばりが感じられました。

疎開先で素顔 に戻ったチャン・ツィイー、 
「初恋の来た道」でみせた、
あどけなさを残した顔でとてもきれい。

過酷な運命に翻弄されるGEISHAの世界の中で、 
会長さんのことだけ一途に想って‥
つらい日々に耐えて‥‥
もう一度あの人に会えますようにって‥‥‥
純愛ですね ☆

コン・リー(初桃)のすごみのある演技、 
女の嫉妬、憎悪が感じられコワイぐらい。 
 
英語の中の「おねえさん」「こんにちは」などの日本語、
所々の不自然な描写など。。。 
映画の世界にどっぷり浸れなくて 
現実に戻されてしまいまうことがありました。
でも英語でしゃべるゲイシャの世界の 
面白さを期待して観に行ったんですが・・・・ 
変な面白さはありました。
 
舞の海がお相撲さん役 で出演。

第63回ゴールデン・グローブ賞の 
候補作品が13日発表され、
ドラマ部門の主演女優賞には、
チャン・ツィイーが候補入りしたそうです。

行った日はレディース・デイで満員でした。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 男たちの大和/YAMATO | トップ | 雪舟寺(芬陀院ーふんだいん) »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白かったですか? (よりりん)
2005-12-17 00:58:43
これ、予告で見て、映像はとても美しそうなのですが、内容がどうなんだろうか?

芸者だけど、日本人ちゃうやーん!な〜んて思って、見に行っていません。

見に行こうかな〜と思いつつ、もう次のレディースデイには、幼稚園の終業式なのでいけないし・・・苦笑。
面白いといえば…… (kazu)
2005-12-17 13:47:44
中国人が主役で、英語で話し、

日本の物語で・・・

ややこしいです。

どもその変さが面白いです。 

 

 



日本インターネット映画大賞開催中です (日本インターネット映画大賞)
2006-01-07 19:14:21
突然で申しわけありません。現在2005年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。もしよろしければ投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://forum.nifty.com/fjmovie/nma/です。
TBありがとうございます♪ (さや)
2006-01-09 21:41:02
TBさせていただきました♪

チャン・ツィイー、ノミネートされたんですか(*○*)☆すごい!☆

『舞の海』の姿はけっこううれしい驚きでした(相撲は日本を使ったんだな。って感じで)

また遊びに来て下さい♪

コメントも待ってます〜(^∀^)//
こちらこそ☆ (kazu)
2006-01-09 22:11:58
TB、コメントありがとうございました。 

来てくださってありがとうございます。

『舞の海』の姿、ほんと、ビックリしました。

うれしかったですね。 

また、遊びに行かせてもらいますね♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画館「SAYURI」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
予告編で観たときの印象、そのまんまの作品でした! 予告編以上に良くもなく、悪くもなく。。。 原作の「Memories of Geisha」、オーストラリアにいたころに外国人の友達に「読んだよぉ〜!」って言われたんだけど、そのころ私はこの小説しらなくてなんとも答えよう...
SAYURI (Akira\'s VOICE)
監督の美意識をたっぷり堪能できる大河ドラマ。 話は普通・・・。
★「SAYURI」 (ひらりん的映画ブログ)
公開初日のナイトショウで観てきました。 時間の関係で2スクリーンやってるうちの小さいほうのスクリーンで見ることに。 あんまり混んでなかったよ。 チャン・ツィイー主演なのに・・・ねっ。
SAYURI (ネタバレ映画館)
 『北の零年』では小百合を裏切った渡辺謙。ここで名誉挽回するのか?!  日本文化や日本人の心、はなまちのしきたりなど、「ハリウッドが描いた日本なんて虚構の世界だ」と批判する日本人も多いのだろう。多分、監督もスタッフも出演者も皆十分に納得していたのでしょう
*SAYURI・・・美し過ぎる!* (うさくま広場)
監督:ロブ・マーシャル  原題:MEMOIRSOFAGEISHA製作:スティーヴン・スピルバーグ出演:チャン・ツィイー(さゆり)/ ミシェル・ヨー(豆葉)/ コン・リー(初桃)    渡辺謙(会長)/ 役所広司(延)/ 桃井かおり(お母さん)    工藤夕貴(おかぼ)...
『SAYURI』 (京の昼寝〜♪)
不思議な瞳によって、伝説の運命を背負った少女・・・・・・“SAYURI”。 ■監督 ロブ・マーシャル■原作 アーサー・ゴールデン(「Memoirs of a Geisha」)■キャスト チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、桃井かおり、役所広司、コン・リー、大後寿々花、
SAYURI (まぁず、なにやってんだか)
予告を観て、とっても楽しみにしていて前売券を買っていたのに、観に行くのが遅くなってしまいました。公開から一週間経っただけで、近所のシネコンは一日の上映回数が3回に減ってしまい、「評判いまいちなのかなー」とちょっと心配になったのであります。でも、良かったで
SAYURI (★★★★) (夢の中のわすれもの)
Memoir of a Geisha ★★★★(4.0) 公式ページ Yahoo!Movie 映画生活 映画批評空間  原作の \"Memoir of a Geisha\" は読んだことはないが、著者のアーサー・ゴールデンのインタビューを聞いたことがあった。アメリカでこの本がベストセラーになり、とりわけマドン
SAYURI (UkiUkiれいんぼーデイ)
鑑賞いたしました〜! 感想はまず、これはいったいどこの国?? 家並みも部屋の雰囲気も、それから着物の着付け方、髪型、化粧、日舞、障子の格子の枠の形に至るまで。。。 ぐぁーーーおかしい!ヘン! 劇場を出てきた人も口々に言ってました。 ポスターのチャ
「SAYURI」 (慧の映写会)
アジアンビューティなSAYURI 3月ごろ原作「さゆり」を読んで その時すでに12月あたりに 劇場公開らしいと・・ でもって観ました まさにエンターテイメントです
SAYURI (Enjoy Life♪)
貧しさ故に置屋に身売りされた少女。 辛く厳しい生活で、夢も希望も無くしかけた、その時、 橋の上で、運命的な出会いが有りました。 会長と呼ばれるその人に、 もう一度会いたい と言う、その思いを胸に抱きつつ、 芸の道に励むのでした。 しかし、やはり女性...
SAYURI(映画館) (ひるめし。)
CAST:チャン・ツィイー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/桃井かおり/工藤由貴/コン・リー 他 ■アメリカ産 146分 さすがアジアン・ビューティーのチャン・ツィイー!!ゴールデン・グローブ賞にノミネートされたみたい!!芸者のお稽古の成果が出てよかったね。
SAYURI〜memories of a Geisha (毎週水曜日にMOVIE!)
まあ、このちびさゆり=千代ちゃんのうまいこと、うまいこと。 日本の映画かと思っちゃいました。彼女だけ。あと桃井かおりね。 冒頭から千代ちゃんが花街に売られていくまで、日本語が飛び交い、異様な日本の駅(ブレードランナーみたいだった)を通り、違和感が結構あ
SAYURI (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  異国情緒溢れる熾烈な女の世界
「SAYURI」映画の魔法が幸せな気分にさせる (soramove)
「SAYURI」★★★★ チャン・ツィイー、渡辺謙、大後寿々花、ミシュエル・ヨー主演 ロブ・マーシャル監督、2005年、アメリカ この映画に嫉妬した。 日本で描けない 日本の「美」を そこに見たからだ。 戦前までは あんな文化が 日本に存在していたのだと ...
SAYURI (toe@cinematiclife)
この映画の中で、すこしでも、え??と思うことが起こるたびに、これはアメリカの日本風アジア人街で起きてることなんだわ・・・。 なんて、勝手に自分に言い聞かせながら観てた。 結局、一人前の芸者になるために苦労を重ねた人が誰も出てこなかった映画だった気がする・・
SAYURI/ロマンティック・ラブ・イデオロギー (マダム・クニコの映画解体新書)
本作のテーマは、家父長制文化の中で女性の従属的位置を認める”ロマンティック・ラブ・イデオロギー”である。 SAYURI  ロブ・マーシャル監督の前作「シカゴ」は、男性優位の文化に意義申し立てをするという内容だった。ハリウッドのミュージカルは”カーニバル”と
SAYURI@シネマメディアージュ:レディースデー夕方 (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
ブログ引越後初、かつ2005年の映画鑑賞最後を飾ったのは『SAYURI』。 まだ映画を見る趣味がなかった頃、『ラストサムライ』の“ヘンテコリンなニッポン”の話を映画好きの大学の後輩から聞いても、その時は「ふ~ん」としか思わなかった。 その私が昨日(12/28Wed)、.
SAYURI(MEMORS OF A GEISHA) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
その少女は、特別の輝きを持っていた・・・ 運命の出会い・・・ 絢爛 無垢 毅然 昔、ダウンタウンがやっていたGEISHA GIRLSの話ではありません・・・(笑)
SAYURI (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
貧しい家庭で育ち、9歳で置屋に売られた千代は、置屋の下女として働かされていました。ある時、「会長」と呼ばれる紳士から優しくされ、その後、芸者になって「会長」と再会することを夢見るようになり...。 豪華絢爛な作品でした。ただ、「貧しく生まれ育った女性の成
SAYURI−映画を見たで(今年3本目)− (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:ロブ・マーシャル 出演:チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、役所広司、桃井かおり 評価:85点(100点満点) 公式サイト ハリウッドが描いた日本としては、十分に許容範囲。 幻想的な映像は、日本よりも日本的で美しく、俳優陣の存
SAYURI (さやの映画&日記)
(CAST) チャン・ツィイー:さゆり 渡辺謙:会長 ミシェル・ヨー:豆葉 役所広司:延 桃井かおり:おかあさん 工藤夕貴:おカボ 大後寿々花:さゆり(少女時代) ケネス・ツァン
SAYURI(さゆり) 「シカゴ」の監督が描くエキゾチックジャパンの美、おめでとうチャン・ツィイー (もっきぃの映画館でみよう)
タイトル:SAYURI   ジャンル:女のドロドロと純愛/2005年/146分 映画館:京都・TOHOシネマズ二条プレミアスクリーン(68席) 鑑賞日時:2006年1月4日(水),15:45〜 68席完売(3回目の鑑賞) 私の満足度:90%  オススメ度:70%  <冒頭> 暗転。かぜの音、波の音、雷。 黒
SAYURI (平和)
見ました 賛否両論あると思いますが。。。まず絶対といっていいほど疑問...「ほぼ全員が日本語と英語を喋れる」 まぁしゃーないかなぁとは思うけど。。。 キャストは凄いいい感じ、チャン・ツィイーさんはSAYURI役にかなりはまってたと思うし獵 (素.
「SAYURI」 (こだわりの館blog版)
1/14 丸の内プラゼールにて 複雑な想いが交差して…ちょっとこの作品の正当な評価はできないなぁ! 監督:ロブ・マーシャル 原作:アーサー・ゴールデン 出演:チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、コン・リー、役所広司、桃井かおり、他   貧しさから
映画 vol.37 『SAYURI』 (Cold in Summer)
 『SAYURI』  監督:ロブ・マーシャル(「シカゴ」) 出演:渡辺謙(「ラスト・サムライ」)桃井かおり 公式サイト ここ数年恒例となりつつある、元旦の映画鑑賞。『映画の日』ですが初売りは2日からだし、あまり混み合っ ...
映画 『SAYURI (The Memories of a Geisha)』 (エコノ研究所)
アメリカでも 『The Memories of a Geisha』 というタイトルで上映していたが、ハリウッドが作った日本映画なんてどうせつまらないだろうと観ていなかったが、気にはなっていた。 そして飛行機の中で観た。最初は英語版を観た。...