花ごよみ

映画、本、写真など・

ALWAYS 続・三丁目の夕日

2007-10-25 | 映画

吉岡秀隆、堤真一、小雪、
堀北真希、前作のキャストが今回も勢揃い。
見る前からワクワクします。

監督は最初、続編を作る気持ちはなくて、
周囲から勧められて
やっと、重い腰を上げて、
この映画を作ったということです。

出演者達も、はじめは2年のブランクを気にして、
自信はなかったそうですが
周囲が固められるにつれやる気が
出てきたといっていました。
 ……… by司会者


全てのストーリーが、
いい方向に進みます。

司会の人が話しているのに、
2時間26分長いなーという
ブーイングが起こりましたが、
終了時には、
えっ、もう終わったの、という感じで、
はじめは時間が長くて、
文句を言っていた、
後ろのおばちゃんたちも、
最後は感動していました。



泣き所満載、ほんとによく泣ける映画です。
といっても泣くだけではなく、
もちろん笑いもいっぱいあります。

暴力も殺戮も爆発もない、
涙と笑い、
普通の人達の日常を描いた映画、
いいな~~と思いました。

とにかく子役達がみんな素晴らしい。
須賀健太君など体つきまでも、
その人物になりきっているようにさえ、
思わせてくれました。

ほんとうに心うたれるいい映画です。

結果が予測できてもその過程が
面白いのです。

2時間26分があっという間でした


11月3日ロードショー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (60)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鶴見緑地公園にて | トップ | 霊山寺のバラの花 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (kze)
2007-10-26 19:52:07
本当、子役達の演技で
泣かされましたね

オールウェーズ (ちゃこママ)
2007-10-26 19:54:52
三丁目の夕陽は見ました♪
一作目も時間が経つのを忘れて
見入ってましたよ~
泣いて笑って良かったですね
続編も見に行くつもりです

「象の背中」のコマーシャルをテレビで見ましたが
これも良さそうですね
kzeさんへ☆ (kazu)
2007-10-26 20:35:38
こんばんは~!

こちらこそTB、
コメントありがとうございました。
子供達の演技は本当に
自然でうまかったですね。
特に子供達のつっこみ具合は
おもしろかったです。
ちゃこママさんへ☆ (kazu)
2007-10-26 20:39:53
こんばんは~!

ほんとうによかったですよ。
ほのぼのとして心が温かくなりますよ。

「象の背中」良さそうですね。
私も同じく見たいです。
この映画 (tami)
2007-10-26 23:31:55
こんばんは。

前の映画観てたほうがいいですかね、やっぱり。

当時話題になっていたのですが、見逃してしまいました。

tamiさん,こんばんは~! (kazu)
2007-10-27 00:32:08
前の映画ですか、
一応ストーリーはつながっていますが、
別に見なくても充分楽しめますよ。
でもレンタルで予習していけばより
いいと思いますけど。
続編 (よりりん)
2007-10-27 20:49:06
よく、続編はつまらなくなるといわれますが、これはよかったようですね!
映画館で、予告を見て、よさそう。。。とは思ったのですが、前作みてないんですよねぇ~苦笑。

まあ、私の好みの映画とはちょっと違うようですが、よさげなので、DVDになったら見てみようかな?!
よりりんさんへ☆ (kazu)
2007-10-27 21:38:13
こんばんは~!

続編でもこれはよかったですよ。
DVDより映画の方がいいと思いますよ。
映画の中に入り込めますから。

でも、好みもありますしね(笑)
昨日 (tami)
2007-11-04 01:29:45
こんばんは。

昨日、テレビで、見ました、見ました。

評判がよかったのもうなずけます。
泣かせてもらいました。

フラガールが近頃で一番と思っていましたけど、この映画も素晴らしいですね。

これは近いうちに「続」行ってきます。

茶川先生の恋の行くへは?
あ~気になります。(笑)
Unknown (ケント)
2007-11-04 14:37:37
こんにちはケントです。TBお邪魔します。
第一作目も初日に観ましたが、二作目も初日でした。
館内は超満員。最前列まで満杯で大変な盛況振りでしたね。
第二作ですが、一作目を凌駕していたかもしれません。
あのオープニングのゴジラも最高の出来です。
とにかくこれほど金を使っている邦画を観たのも久し振り。
子供の頃の懐かしい思い出が、心の琴線にビンビン響きましたよ。
「三丁目の夕日」バンザイそしてありがとう。
tamiさんへ☆ (kazu)
2007-11-04 23:00:37
こんばんは~!

2作目は是非映画館で…。
恋の行方は知ってますけど言えません(笑)
1作目もよかったけど
2作目はもっといいですよ。
ハンカチの用意を…
でも結構笑えますよ。
ケントさんへ☆ (kazu)
2007-11-04 23:09:00
こんばんは~!

TBどうもありがとうございました。
ほんとよかったですね~!
ゴジラ、最初なにが
起きたか分かりませんでしたが
あれで観客を映画に一気に引き込みました。
あのゴジラはインパクト大です。
終わった直後、拍手したくなる
映画でしたね。

TB有難うございました (やく)
2007-11-12 19:02:36
こんばんは。
フツーを描いた映画ですが、今じゃこんなフツーがとても貴重。
この感覚を忘れずにいたいですね。
やくさんへ☆ (kazu)
2007-11-12 22:43:38
こんばんは~!

こちらこそコメントありがとうございました。
ほんとうにそうですね!!
優しい人達の心温まるエピソードで
つづられた作品ですね。
こういう映画もいいですね!!
子役 (にら)
2007-11-24 00:30:54
エンドロールで誰よりもうまく竹馬に乗ってた子。
あの、いかにも昭和のガキって顔した子供を採用した、キャスティング担当者に拍手。

あの顔を見るためなら、2時間半費やしても惜しくない(笑)。

てなわけで、遅ればせながらTBありがとうございました。
にらさんへ☆ (kazu)
2007-11-24 00:54:47
こんばんは~!

こちらこそTBありがとうございました。

竹馬に乗ってた子、役柄にはまっていましたね。
ほんと子役がいきいきしていました。

2時間半はあっという間でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

60 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (ようこそMr.G)
映画 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 を観ました。
感想/ALWAYS 続・三丁目の夕日(試写) (EDITOREAL)
前作は前作として、今作もいい映画。『ALWAYS 続・三丁目の夕日』11月3日公開。茶川のもとに再び川渕が訪れ、淳之介を引き取ろうとする。抵抗する茶川は、淳之介に人並みの生活をさせることを約束し、再び芥川賞をめざして書きはじめることに。六ちゃんもすっかり一人前な...
ALWAYS  続・ 三丁目の夕日 (happy♪ happy♪♪)
前作がアカデミー賞総ナメ、大ヒットという快挙で 続・三丁目の夕日はそれ以上の作品に仕上がっているのか 期待と不安な気持ちで試写を観ました。 久しぶりに三丁目の人々を観てほのぼの{/face_yoka/}させられましたが やはり1作目の感動が大きかったので いまひとつ感...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (映画を観たよ)
またお会いしました。
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (ラムの大通り)
----この映画、前作『ALWAYS 三丁目の夕日』は大ヒットだったよね。 日本アカデミー賞も独占したし。 「うん。今回もヒット間違いなしだろうね。 ただ、個人的にはデジャヴというか、 既視感にとらわれてしまったね」 ----どういうこと? 「登場人物がほとんど同じの上、...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (アートの片隅で)
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の試写会に行って来ました。 前作が大好きな妻と一緒です。 前作から4ヶ月後、既に完成した東京タワーをバックに始まります。 このオープニンがとても楽しいです、(内容は書けないけど、、、) 山崎監督のこういう感じの作品も観てみた...
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (てんびんthe LIFE)
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」試写会 よみうりホールで鑑賞 年末に向かっての期待作はこの作品と思っている人もたくさんいると思います。前作が思いもよらぬ大ヒットの秀作だったので続編がこんなにも早く出来上がりました。確かにこれは「続」なんですよ。2作...
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」みた。 (たいむのひとりごと)
あれから1年(ほんとは2年w)。「夕日町三丁目」の相変わらずの賑やかさがとても心地よい。前作では”昭和33年”がこれでもか!とばかりに押し出されており、(観てる側の)懐かしさの”押し売られ”がちょっ
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (Sweet* Days**)
監督:山崎貴 CAST:堤真一、薬師丸ひろ子、吉岡秀隆、小雪 他 昭和34年、高度成長期が始まろうとしていた日本。完成したばかりの東京タワーの近くに住む鈴木オートの家...
「ALWAYS続・三丁目の夕日」芥川賞を目指して1つになった三丁目の人たちの絆 (オールマイティにコメンテート)
「ALWAYS続・三丁目の夕日」は2年前に公開された「ALWAYS三丁目の夕日」の続編で前作から4ヵ月後の昭和34年を舞台に三丁目の人たちの生き様と芥川賞受賞候補になるか?というストーリーである。昭和の良き時代の光景を懐かしみながら、その時代に生きる人たちの人との...
ALWAYS 続・三丁目の夕日(2007年) (勝手に映画評)
舞台は前回から一年後の昭和34年。建設中だった東京タワーも完成し、東京の空に聳え立っています。そんな三丁目の日常が再び帰って来ました。 始まりがいきなりゴジラ?です。と言っても、それは茶川(吉岡秀隆)の作品のようです。でも、茶川の作品と言うことはゴジラじ...
映画「「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (FREE TIME)
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を鑑賞して来ました。
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  ドラマ&ファミリー  監督:山崎貴  出演:吉岡秀隆      堤真一      小雪      堀北真希 【物語】 昭和34年の春、日本は東京オリンピックの開催が決定し高度経済成長時代 を迎えようとしていた。そんな中、東京下町の夕日町三丁目で...
前作よりも更に良い!『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (水曜日のシネマ日記)
2005年に劇場公開された「ALWAYS 三丁目の夕日」の続編です。
ALWAYS続・三丁目の夕日 (Good job M)
公開日 2007/11/3監督:山崎貴 「ALWAYS 三丁目の夕日」出演:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子 他【あらすじ】東京オリンピックの開催が決定した昭和34年春。黙って去ったヒロミを想い続けながら淳之介と暮らす茶川のもとに、実父....
ALWAYS 続・三丁目のタ日 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  初日ということもあり、映画館は大行列。それもいつもは映画には全く縁のない「おじさん達」の群れにはびっくりした。 一作目には、これほどおじさんはいなかったはずだ。やはり前作で日本アカデミー賞を総ナメし、センセーショナルな話題となったことが影...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 観た☆ (せるふぉん☆こだわりの日記)
昨日、11月3日に「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観てきました。 わたし的
映画「ALWAYS続・三丁目の夕日」・・・小雪とともに一涙 (システムエンジニアの晴耕雨読)
 本日、「ALWAYS続・三丁目の夕日」の封切日。 朝一番、映画館へ。 初回は、30名ほどの入り。帰りの2回目は、既に50名ほど並んでいました。 前作と同じフル・キャストが嬉しい。 昭和34年の東京。東京タワーが完成した前作から4ヶ月、 三丁目の街並みは変わ...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』舞台挨拶@日劇1 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
これは堀北真希が暴漢に襲われそうになる前に行われた午前の回の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の舞台挨拶レポート。登壇したのは、吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、山崎貴監督。10/22に一足早く東京国際映...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞! (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞レビュー! 「こだま」も登場! 前作を超えるVFX技術で古き良き昭和を表現 昭和34年、日本の空は広かった 東京タワーが完成し、年が明けた昭和34年??。 日本中を感動の涙でつつんだ あの三丁目の人々が帰って...
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観ました!!(2007-24) (馬球1964)
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観ました!!2007年の24作目です。今年一番楽しみにしていた映画です。
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (Akira's VOICE)
良い話やけど,印象は大味。
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (アートの片隅で)
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の試写会に行って来ました。 前作が大好きな妻と一緒です。 前作から4ヶ月後、既に完成した東京タワーをバックに始まります。 このオープニンがとても楽しいです、(内容は書けないけど、、、) 山崎監督のこういう感じの作品も観てみた...
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (日々のつぶやき)
監督:山?貴 出演:堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、堀北真希、小日向文世、もたいまさこ、三浦友和 「昭和34年。淳之介と二人静かに暮らしていた茶川の元に再び父親が連れ戻しにやってくる。鈴木オートでは、親戚の子供美加を預かることになった。そして六ち
映画:ALWAYS 続・三丁目の夕日 試写会 (駒吉の日記)
ALWAYS 続・三丁目の夕日 試写会(よみうりホール) 「六ちゃん、夕日が目に染みるねえ」 前作(2005)から4ヵ月後の設定です。鈴木さんちには女の子が預けられることになり、茶川はヒロミを迎えに行くため芥川賞を狙う。この2つを柱に則文(堤真一)の特攻仲間の消...
ALWAYS 続 三丁目の夕日 (描きたいアレコレ・やや甘口)
最初のシーン、好き!だなぁ。 前作は映画館で観たんですが、TVで直前にやっていたので、やっぱ、すぅ~と『ALWAYS』の世界に浸れました。他の観客も、くすくす笑ったり、映画の世界を楽しんでいましたね。 ”螢”や ”
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (バビロン21)
2005年の公開からちょうど二年目。国民的大ヒットを記録した超 話題作が帰ってきた--- 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 「おいおい、帰ってくるなよ!」 ‥‥そう。正直言って、この映画の「続編が作られた」という情報を 知ったときには、まずは率直にそう...
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (「頑張るぞ~!大阪営業所開設記」にログイン出来なくなって困っていた大臣。のblog)
感動の「ALWAYS 三丁目の夕日 」から2年・・・            ↑オフィシャルサイトを開くと、テーマ曲を再生します♪ 「ALWAYS 続・三丁目の夕日 」、公開初日に観てきました。 興行収入35億円・動員285万人を記録した前作の初日に比べて、2...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」□監督・脚本 山崎 貴 □原作 西岸良平 □キャスト 吉岡秀隆、堤真一、須賀健太、小清水一揮、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子 ■鑑賞日 11月3日(土)■劇場 チネチッタ■...
TAKE 68「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(試写会にて) (映画回顧録~揺さぶられる心~)
第68回目は「ALWAYS 続・三丁目の夕日」です。 運良く試写会に当選したので一足先に「ALWAYS 三丁目の夕日」の新作 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観てきました。 正直、前回がいい映画だっただけに逆に見るのが怖かったです。 自分自身、期待が大きすぎる作...
【2007-160】ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? あれから、4ヶ月── 昭和34年 三丁目に、 新しい住人が増えました。 昭和34年、日本の空は広かった。 あなたを待ってる人が、きっといる。
真庭市への旅1(三丁目の夕日のロケ地を訪ねて) (読書と時折の旅 (風と雲の郷本館))
 真庭市は、岡山県の北部にある、人口約53,000人の市で、鳥取県との県境に位置している。2005年3月に5町4村が合併して誕生したまだ新しい市だ。蒜山高原や湯原温泉など観光名所も多い、岡山県下で最大の面積を誇っている。 ちょっと前に、この真庭市に行く機会があっ....
74『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 74『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 評価:★★★★☆ 待ちに待った感じの続編です。 前作を公開前日に日本テレビで放送していましたね。 映画館によっては500円で鑑賞できる期間も設けていました。 今回...
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (アンナdiary)
前作も良かったけど、今回も良かったよ♪ てっきり先週末の興行成績は1位かと思ったら2位でした。 1位はミラ・ジョヴォヴィッチ主演、人気ゲームを映画化した大ヒットシリーズ 第3弾「バイオハザード?」3位はガッキーの「恋空」
ALWAYS 続・三丁目の夕日 試写会 (レンタルだけど映画好き )
会いたい人がいる。待っている人がいる。 昭和34年、日本の空は広かった。 2007年 日本 11月3日(祝・土)全国東宝系ロードショー 監督 山崎貴 出演 吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子/小清水一揮/マギー/温水洋一/神戸浩/飯...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (アスカ・スタジオ)
 今日(11/3)は待っていた『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の封切り日。朝食をとってから直ぐに出かけました。未だ上映40分ほど前というのに入場券を求める列が出来ていました。先月25日に観た『グッド・シェパード』の観客は15人ぐらいだったのに。高齢化が進む我が街では日...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
日本アカデミー賞を総なめにし、話題となった「ALWAYS 三丁目の夕日」 の続編です。 昭和34年の春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていました。取引先も増え、経営も軌道に乗ってきた鈴木オートに、事業に失敗した親...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (えいがの感想文)
続編とは期待外れに終わるもの、っていうのは定説であるし、 観るまでは、悪く言うと、1作目の大ヒットで味をしめたのかあ、 と、ちょっとがっかりもしてた。 やすやすとブームに乗ってたまるか。と心のどっかで思ってた。 ハズレはしないだろうがもう展開読める...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (アスカ・スタジオ)
 今日(11/3)は待っていた『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の封切り日。朝食をとってから直ぐに出かけました。未だ上映40分ほど前というのに入場券を求める列が出来ていました。先月25日に観た『グッド・シェパード』の観客は15人ぐらいだったのに。高齢化が進む我が街では日...
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」:通り三丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}通り三丁目から東京駅を眺めると、正面に大丸百貨店が見える。昭和の時代から変わらない光景ね。 {/kaeru_en4/}なに、のんびりしたこと言ってるんだ。この大丸だってもうすぐ解体されるんだぞ。 {/hiyo_en2/}ええ、そうなの? {/kaeru_en4/}東京駅の再開発で...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (あいりのCinema cafe)
監督:山崎貴原作:西岸良平主題歌:「花の名」BAMP OF CHICKEN出演:吉岡秀隆(茶川龍之
ALWAYS 続・三丁目の夕日・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
昭和は遠くなりにけり・・・・ 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」は、タイトル通り2005年に公開された「ALWAYS 三丁目の夕日」の完全な続編。 前作は、昭和という人々の思い出の中に存在する「時間」その物を、VFXを駆使してテ
ALWAYS 続・三丁目の夕日~ネタバレ感想! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
ALWAYS続・三丁目の夕日ですが、前作から4ヶ月後ということで茶川(吉岡秀隆)と淳之介(須賀健太)は一緒に暮らしています。鈴木オート(堤真一)の家に親戚のお嬢様が来たりもしますが、淳之介の父親(小日向文世)が再びやって来ます。(以下に続きます。ネタバ...
真・映画日記『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (          )
JUGEMテーマ:映画 11月6日(火)◆616日目◆ この日の終業後、有楽町マリオン11階「日劇」で『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を見た。 CGは凄いねぇ(笑)。 エピソード盛りだくさんでそこそこ。 ストーリーは前作『ALWAYS 続・三丁目の夕日』から4ヶ月後の夕日町...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (ねこのひたい~絵日記室)
茶川さんの小説は、東京~横浜間で読める程度の短編です。 (執筆完了とはいうものの、読むに値しないシロモノになっちゃって、林家三平風にどーもすいませーん)
ALWAYS 続・三丁目の夕日 [結論として凡作] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
ALWAYS 続・三丁目の夕日 監督:山崎貴 …「続編が前作を越えることはない」というあまりによく使われるので自分では使いたくないフレーズをためらわずに使うことができる格落ち続編。 前作をせいぜい佳作くらいにしか思っていない自分なので、今回は凡作というところ。...
【劇場映画】 ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴木オートに家族が増えた。事業に失敗した親戚の娘、美加を預かることにしたのだ。しかし、お嬢様育ちの美加と一平は...
今日も夕陽は綺麗・・・。  ~「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (取手物語~取手より愛をこめて)
冒頭のゴジラはやってくれたなという感じ。
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (Yuhiの読書日記+α)
前作がとても良かったので、続編ができたら絶対に見に行こうと思っていた「ALWAYS 続・三丁目の夕日」をようやく見に行くことができました! キャストは前作に引き続き、吉岡秀隆、堤真一、小雪、掘北真希、薬師丸ひろ子のほか、今回は渡辺いっけい、上川隆也なども出演...
★「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末レイトショウは、前作で日本アカデミー賞を総ざらいしたものの続編。 主演??の吉岡秀隆の演技には、いささかハテナマークを付けたくなるひらりんですが・・・ 同い年の薬師丸ひろ子もいい味出してるし・・・ 堤真一のべらんめぇオヤジもさまになってるし・...
《映画》 ALWAYS 続・三丁目の夕日 (古谷千秋の食い倒れ日記)
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を観てきた。前作の『ALWAYS 三丁目の夕日』のラストから4ヶ月後の昭和34年4月から始まるという設定。
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
どんなに時代が変わろうと、変わらない大切なものがきっとある。昭和34年__日本の空は広かった。前作を超えるVFX技術により、当時の風景を完全再現。観る人すべてを、心温まる“昭和”の世界に誘います。 昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は...
《映画》 ALWAYS 続・三丁目の夕日 (古谷千秋の食い倒れ日記)
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を観てきた。前作の『ALWAYS 三丁目の夕日』のラストから4ヶ月後の昭和34年4月から始まるという設定。
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (映画!That' s Entertainment)
●「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 2007 日本 東宝、日テレ、続・三丁目の夕日製作委員会 146分 監督:山崎貴、 原作:西岸良平 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、薬師丸ひろ子、須賀健太、三浦友和、     もたいまさこ、小日向文世、小清水一揮、上川隆...
【ALWAYS 続・三丁目の夕日】 (+++ Candy Cinema +++)
監督/山崎貴   脚本/山崎貴、古沢良太   原作/西岸良平 『三丁目の夕日』(小学館ビッグコミックオリジナル連載)    製作年度/2007年  公開/2007年11月3日  上映時...
真庭市への旅1(三丁目の夕日のロケ地を訪ねて) (読書と時折の旅 (風と雲の郷本館))
 真庭市は、岡山県の北部にある、人口約53,000人の市で、鳥取県との県境に位置している。2005年3月に5町4村が合併して誕生したまだ新しい市だ。蒜山高原や湯原温泉など観光名所も多い、岡山県下で最大の面積を誇っている。 ちょっと前に、この真庭市に行く機会があっ....
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (C'est Joli)
ALWAYS 続・三丁目の夕日’07:日本 ◆ 監督: 山崎貴「ALWAYS 三丁目の夕日」「Returner/リターナー」◆出演: 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、 三浦友和、薬師丸ひろ子 ◆STORY◆ 昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (C'est Joli)
ALWAYS 続・三丁目の夕日’07:日本 ◆ 監督: 山崎貴「ALWAYS 三丁目の夕日」「Returner/リターナー」◆出演: 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、 三浦友和、薬師丸ひろ子 ◆STORY◆ 昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 吉岡君、もたいさん、受賞! (銅版画制作の日々)
吉岡秀隆君、日本アカデミー賞最優秀男優賞、受賞! もたいまさこさん、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、受賞!   おめでとうございます 昨年12月11日に、東宝シネマ二条にて鑑賞しました。宮沢りえちゃんの「オリヲン座からの招待状」と同じ日からロー...
【映画】ALWAYS 続・三丁目の夕日…邦画ブームに黄昏の予感? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
そう上手くも無いサブタイトルでお恥ずかしい…と思っているけど他に思いつかなかったピロEKです{/face_ase2/} 今日から12月ですね{/ase/} …ホント大人になってからの時間経過ってのは早いです{/dododo/} 昨日はお酒{/beers/}飲んで眠たくなったので、お爺ちゃんの...