花ごよみ

映画、本、写真など・

蝉しぐれ

2005-10-19 | 映画

市川染五郎、木村佳乃主演の時代劇。
東北の小さな藩。
15歳の文四郎は、剣術と学問に励んでいたが、
父が藩の世継ぎを巡る陰謀によって切腹。 
 
原作は藤沢周平の同名小説。 
監督は黒土三男 。
2003年のテレビ版の脚本を経て、
映画化を実現。

蝉しぐれは以前、テレビで見ていて
脚本(映画では監督も)も 黒土三男で同じだから、 
もう映画は見なくてもいいと思っていたんですが
行ってきた人の感想がすごくよかったので
見に行きました。   

映画は時間が短くなったのと出演者が違うだけで 
内容はテレビと同じでした。
でも、監督がこだわった美しい風景が
大画面で見事に映像化されていました。 

テレビの方では子供時代も、 
文四郎は内野聖陽、
ふくは水野真紀がそのまま若づくりして
演じていました。 
でも別に違和感は感じませんでした。 
 
映画では子役の演じる時間が長い分 
市川染五郎、木村佳乃の出演する 
場面が少なく物足りなさを感じました。 
時間的制限があるので仕方無いのでしょうね。 
後半の方はテレビの方が 
充実していました。 

筋が分かっているからドキドキ感は無いけど
次がどんな風になるのか頭の中で想像できるので
話の展開に先行して涙、涙。。。
クライマックスにドッと泣けるんじゃなく 
ずっと涙をにじませていました。

心に訴えるものがあるからこそ 
涙腺を刺激してしまうので 
泣ける映画がいい映画としての 
条件の一つになるなら
この作品は自分にとってはすごくいいのかな。

やっぱり感動が売り物の映画は 
観客を泣かせてはこそ。 

気品と気高さは水野真紀と同じく
木村佳乃のふくにも充分感じられました。 
 
ふくの子役の佐津川 愛美ちゃん
あれっ、どこかで見たことあると思っていたら 
(がんばっていきまっしょい)の
ボート部員として出演していました。 
 
一青窈のかざぐるま、
どのシーンで流れるのかなと
期待していたのにありませんでした。
なぜでしょう??
映画の開始前には流れていたのに・・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  SHINOBI | トップ | 霊山寺 (奈良市中町) 秋の花 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見に行かれたんですね (よりりん)
2005-10-21 00:48:38
これは、テレビ版はたまに見ていました。

でも、なんだかくら~い、なんともいえない雰囲気だったので、映画も見ないと思います。

役者さん、映画とテレビでは感じが全然違いますが、どっちがより原作イメージなんだろうか?!



そうそう、今日、正暦寺にいってきました。

紅葉には早いですが、楽しかったです。

kazuさんがご覧になった姥百合・・・実になっていましたよw
おはようございます☆ (kazu)
2005-10-21 09:53:55
行ってきましたよ。 

映画の方は日本の四季の映像が美しく

暗さは感じませんでしたよ。



木村佳乃も水野真紀もどちらも

気品が感じられたけど、

男の方は内野聖陽の方は田舎っぽい感じで

染五郎はスマート。 

どっちがいいとも言えません(笑)  

 

ウバユリの実見せて頂きました。

あんな風になるんですね。
テレビ版 (kossy)
2005-10-21 14:23:06
テレビ版のほうが良かったとおっしゃる方も多いですね~

なんだかテレビ版を見たくなってきたです。

ようこそ☆ (kazu)
2005-10-21 16:09:25
映画は後半、展開が早くて、

剣士としての成長や家老のことなど

省略していたような・・・

時間的制限があるので仕方ないこと

なのでしょう。 

美しい情景描写はやっぱり映画だから 

こそですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
蝉しぐれ (外部デバイスへの記録)
製作国:日本 公開:2005年10月1日 監督:黒土三男 原作:藤沢周平 出演:市川染五郎、木村佳乃、ふかわりょう、今田耕司、原田美枝子、石田卓也、佐津川愛美、柄本明 ほか 昨日は映画を観ても何の感慨もなかったから、今日は邦画でリベンジ。感動する作品らしいけど.
『蝉しぐれ』 (京の昼寝~♪)
二十年、人を想いつづけたことがありますか。 「忘れようと、忘れ果てようとしても、 忘れられるものではございません」 「文四郎さんのお子が、私の子で、  私の子どもが文四郎さんのお子であるような  道はなかったのでしょうか」 ■監督・脚本 黒土三男■原作 
#36:蝉しぐれ (*KAZZの呟き*)
KAZZのこの映画の評価   いいねっいやぁ~泣けました こういう映画で感動するようになったって、 やっぱり自分もおじさんなんだぁ~とちょっとショック 邦画は、やっぱり王道の時代劇なのかな ”たそがれ清兵衛”などで知られる 英雄でも、偉人でも無く...
「蝉しぐれ」をみて (ブログで豚犬殿下)
『蝉しぐれ』をみました。藤沢周平作品のなかでも指折りの名作を原作としています。原
蝉しぐれ (ネタバレ映画館)
 「文四郎さまのお子様は?」「未だ・・・」「いまだ・・・とおっしゃいますと?」「未だ・・・い、今田耕司」  『たそがれ清兵衛』『隠し剣、鬼の爪』と続いた藤沢周平作品の映画化。今回は、山田洋次監督ではなく、黒土三男監督がメガホンをとった。どうしても山田作品
蝉しぐれ (ハイジのシネマパラダイス)
蝉しぐれ 監督・脚本/黒土三男  原作/藤沢周平 出演/市川染五郎 木村佳乃 緒方拳 ふかわりょう 今田耕二 原田美枝子 配給/東宝 市川染五郎見直す度  90点       「日本」の四季の美しさに感動度 100点 ★★★★★★★☆☆☆ スト
蝉しぐれ (toe@cinematiclife)
どうも、中学・高校時代、歴史の授業がすごく苦手で、「大切なのは、過去よりも未来だろ!!」なんて、傲慢な考えをしてまして(ーー;) が、映画を見るようになってから黒澤作品を見るようになり、時代劇の面白さを知るようになったのです。 しかし、なにせ歴史の勉強が嫌い
蝉しぐれ(★★★) (夢の中のわすれもの)
Semi Shigure ★★★ 公式ページ Yahoo!Movie Goo映画 @映画生活  先日見た「隠れ剣 鬼の爪」に続いてこの作品も藤沢周平原作である。舞台は山形庄内地方にある架空の海坂藩。私は未見だが、一度、NHKでドラマ化されたこともあり、DVDになっている。藤沢文学の
ジュンアイ[ 蝉しぐれ ] (アロハ坊主の日がな一日)
藤沢周平の最高傑作と言われた小説を、黒土三男監督が15 年の歳月をかけて映画化した作品。 時は江戸時代。寡黙であるが実直な父・牧助左衛門(緒形 拳)。息子の文四郎はそんな父のことを誰よりも尊敬する 少年だった。が、藩のお世継ぎ問題で派閥闘争に巻き込ま れ
64-蝉しぐれ (徒然日誌)
時代劇ということで、どうしようかなーと迷いながらも、時間、場所的にちょうどよかったので、「蝉しぐれ」に行ってきた。 会社の大先輩(50代女性)がこれより「NANA」の方がよかった!とのたまったので、どんなもんかと思ったけど、いやいや、これがなかなかよかったのさ。
蝉しぐれ (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
日本らしい良い作品だとは思うけど、自分には合わなかった。しかし観る人によっては素晴らしい作品に映ると思います。ラストの市川染五郎と木村佳乃の対話は必見。
蝉しぐれ (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
日本らしい良い作品だとは思うけど、自分には合わなかった。しかし観る人によっては素晴らしい作品に映ると思います。ラストの市川染五郎と木村佳乃の対話は必見。
蝉しぐれ (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
日本らしい良い作品だとは思うけど、自分には合わなかった。しかし観る人によっては素晴らしい作品に映ると思います。ラストの市川染五郎と木村佳乃の対話は必見。
蝉しぐれ (本のある生活)
蝉しぐれ 藤沢周平 「淡い恋、友情、そして悲運と忍苦。ひとりの少年藩士が成長してゆく姿をゆたかな光のなかで描いたこの作品は、名状しがたい愛惜をさそわずにおかない。」~裏表紙より この本は、お友達にも勧められ、トラキチさんのチャットでも勧められていたの.
「蝉しぐれ」 (こだわりの館blog版)
特集【日本映画を語ろう!】 【劇場公開作品より】3本目は「蝉しぐれ」です。 藤沢周平の原作を黒土三男がまさに執念ともいえる念願の映画化。 その意もあって前半が見応え充分な力編、 しかし後半になるとちょっと「?」が出てきてしまうのが何とも残念…。 【劇
蝉しぐれ (何曜ロードショー)
今日のイラストは7代目、市川染五郎さん  忘れようと、  忘れ果てようとしても、  忘れられるものではございません  あれは十四、五の ほのか照れ隠し  ふたりで歩こうと決めた 川ではないけど  いつのまにここに いつのまによそに  水玉模様の僕 ...
映画『蝉しぐれ』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
冬から夏、春から秋へと、季節は走馬燈のようにめまぐるしく巡る。切なく悲しくやるせない思いと共に引き裂かれた恋・・そして無情に飛び散る血しぶき・・ 江戸時代は東北の小藩、義父牧助左衛門(緒形拳)の元で逞しく成長した牧文四郎(市川染五郎)には思 ...
蝉しぐれ (黄昏ミニヨン想録堂)
 今回で最後。『蝉しぐれ』である。
蝉しぐれ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 時は江戸時代-  15歳の牧 文四郎(石田)は、東北の下級武士の父親の助左衛門(緒形)を尊敬し、剣術と学問に明け暮れていました。  隣家に住む幼馴染のふく(佐津川)に淡い恋心を抱いていた文四郎でしたが、ふくもまた優しく頼れる兄のような存在の文四郎に憧...