花ごよみ

映画、本、写真など・

フラワーパーク江南のヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃの木)

2017-05-16 | 写真(花など)
ヒトツバタゴ、
「ナンジャモンジャの木」という
名称でも知られています。

モクセイ科の落葉樹、
愛知、岐阜、長崎県に自生する木です。

フラワーパーク江南ではヒトツバタゴが
たくさん植えられていました。
こんなに多くのヒトツバタゴを
見たのははじめてです。

白い小さな花で、
満開になるとまるで雪が
積もった様に見えます。

木が花で白く覆われるのを見て、
「あの木はなんじゃ!」
ということが名前の由来だそうです。















5月7日撮影







『愛知県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フラワーパーク江南の花々 | トップ | 追憶 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (彩)
2017-05-20 08:22:06
おはようございます~
なんじゃもんじゃの花見事に咲いていますね。
結構大きな木のようですね。
これだけ綺麗に咲いたなんじゃもんじゃの花は見たことありません、
いい時に行かれましたね。
ヒトツバタゴでは知らない花と思うかも、、、
彩さんへ (kazu)
2017-05-20 09:55:36
こんにちは

なんじゃもんじゃの木、
いっぱいありました。
私も、これだけ多くの木、
たくさんの花が咲いている所を
今まで見たことがありません。

ここに来るまではこの公園に
ナンジャモンジャの木が
あることを知らなかったので
うれしかったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL