花ごよみ

映画、本、写真など・

虹の女神 Rainbow Song 

2006-10-29 | 映画
 
岩井俊二プロデュース。
『天使の卵』に続いての市原隼人と 
『出口のない海』の上野樹里が主演 。

監督は熊澤尚人。
 
「不思議な虹を見た…」 

章ごとにタイトルが付いているので
内容が理解しやすいです。 

佐藤あおい(上野樹里)の切なさ、 
可愛さがいっぱい詰まった映画でした。

智也(市原隼人)は、
情けない男を演じています。 

あおいの心まったくに気付かず、
女の子ばっかり追いかけている智也。

智也が働く映像制作会社は、
パワーハラスメントが蔓延しているよう。
現実はどうなんだろうかと、
思ってしまいました。 

目の不自由な役の蒼井優の存在感が、
この映画に厚みを
もたらしているような気がします。

相田翔子もいい脇役を演じていました。  
 
最近多い、愛した人が死ぬ青春映画。
亡くなった後になって 
深い愛に気付くのも、
いくつか見受けられます。

この映画は、悲しい内容なのに、
笑える場面も多くあって、
結構楽しい映画でした。

最後にはホロッときました。

光の映像がきれい、 
そして不思議な虹も神秘的です。


 
佐藤あおい(上野樹里)の 
劇中の監督作『THE END OF THE WORLD』の 
光線が反射した映像もきれいです。

種とも子のエンディングの曲、
ぴったりこの映画にマッチしていて、
さわやかな余韻を残します。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シシトウ&メダカ | トップ | ベゴニア、ホウセンカ、ノボ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「恋しくて」 ()
2006-10-31 16:36:39
こんにちは!
あおいが、切なかったですね~(涙)
見ていて「恋しくて」という映画を、思い出してしまいました。
あおいが作った作品も、良かったです!
空さん、こんばんは! (kazu)
2006-10-31 22:48:52
TBありがとうございました。
空さんも観られたんですね~。
上野樹里は、不器用で切ない女の子を 
自然に演じていましたね。
あおいの遺作も、よかったですね。 
じんわりとくる映画でした。
こんにちは (kira)
2007-09-27 13:53:17
この作品に今頃たどり着きました。
章毎に展開していくのも、
智也の青春の書をめくっていく感じでとても良かったです。
後悔だらけの青春~とまではいかなくても
踏み出せなかった時代に想いを馳せる、そんな青春映画でした♪
市原君も上野樹里ちゃんも愛しく思えるキャラでしたね☆
kiraさんへ☆ (kazu)
2007-09-27 17:10:50
こんにちは~!

章毎の展開、
映画の内容が分かりやすかったです。
あおい、智也の青春、
切なさが印象に残りました。
市原君、上野樹里ちゃん
哀しくって愛しいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「虹の女神~Rainbow Song~」近くにいるとわからない事でも失ってわかる本当の気持ちと思い (オールマイティにコメンテート)
「虹の女神~Rainbow Song~」は飛行機事故で亡くなった女性が生前に残した映画フィルムを元にある1人の男性に対する思いを残した作品である。近くにいるとわからないものでも本当に失って気付く事があるのでそういう事を思い出したい時がある。
虹の女神/Rainbow Song (Akira's VOICE)
人間は,思い出があるからこそ生きていける。 悔いがあるから前に進める!
「虹の女神 Rainbow Song」 (てんびんthe LIFE)
「虹の女神 Rainbow Song」新宿シアターアプルで鑑賞 久しぶりに上映後にさわやかな気分になりました。嫌味がない、そんな作品。 熊澤尚人監督の作品はみたことが無いけれど、はじまってしまえばこれは岩井ワールド炸裂でした。今回岩井監督はプロデューサー ...
「虹の女神」試写会レビュー  やっぱり好きだった。 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
HP観て、また人死んで悲しくなる映画か、けっ!とか思ってたけど、やっぱり岩井俊二やなぁ~、ええわ~、とやっぱり高評してしまう映画だ。
「虹の女神 Rainbow Song」試写会にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
久しく映画のレビューをサボっておりました。
虹の女神 Rainbow Song (ネタバレ映画館)
 「あおいが死んだ」・・・などと予告編からネタバレしているこの映画。蒼井優が死んじゃうの?それとも宮崎あおいが・・・まさか、あおい輝彦が・・・
『 虹の女神 Rainbow Song 』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『  虹の女神 Rainbow Song 』   [試写会鑑賞] 2006年:日本 【2006年10月28日公開】[ 上映劇場  ] 監督:熊澤尚人  脚本:桜井亜美 齊藤美如 網野酸 原案:桜井亜美  プロデュース:岩井俊二 【キャスト】  市原隼人 上野樹 ...
虹の女神 Rainbow Song (とにかく、映画好きなもので。)
 映像製作会社で働く岸田智也(市原隼人)は日々、多忙の日々を送っていた。そこに一本の電話が舞い込む。かつての大学時代の友人、あおい(上野樹里)が飛行機事故で亡くなったというのだ。  智也は、かつての友人の死に戸惑い、自分の立ち位置を ...
【虹の女神 Rainbow Song 】 (空の「一期一会」)
*ネタバレ・・・してます。* ★とにかく、あおい(上野樹里)が切なかったなぁ(
虹の女神 Rainbow Song (欧風)
先週も映画ハシゴ観したんですが、28日から公開の映画も結構観たいのが多いんですよね~。そんなに立て続けに公開しなくてもいいじゃんって思う訳ですけれども。私は邦画の方が好きなので、それだけ最近は邦画が多いって事か。今回は一番近いイオン下田TOHOシネ ...
【劇場鑑賞118】虹の女神 Rainbow Song (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
『彼女の死は、突然訪れた。』 あんなに近くにいたのに。 君が僕に伝えたかったこと──。
青春は、過ぎてから気付く宝物。『虹の女神』 (水曜日のシネマ日記)
社会に出た一人の青年の目から見た、大学時代の青春を描いた物語です。
虹の女神 Rainbow Song (八ちゃんの日常空間)
この映画は「死」について言っているわけでも「恋愛」について言っているわけでもない。「青春」そのものを言っている映画なのではないだろうか。 「死」を最初に描く事で悲しさや切なさが前面に押し出して来ず、「温かさ」がにじみ出ている、そんな映画だ。
『虹の女神 Rainbow song』舞台挨拶@TOHOシネマズ六本木ヒルズ (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
今回は『虹の女神 Rainbow song』の舞台挨拶。生・市原隼人は、先週の『天使の卵』(ココ)に続いて、2週連続2度目。生・上野樹里は、去年の『サマータイムマシン・ブルース』(ココ)以来こちらも2度目。それと岩井俊二プロデューサーと熊澤尚人監督に加え、予 ...
【劇場映画】 虹の女神 Rainbow Song (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 小さな映像制作会社にようやく就職し、日々苛酷な労働を強いられている岸田智也に、友人であり会社の同僚でもあった佐藤あおいがアメリカで事故死したと知らせが届く。大学時代、智也の失恋騒ぎをきっかけに親しくなったあおいは、映画研究会に智 ...
『虹の女神 Rainbow Song』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『虹の女神 Rainbow Song』鑑賞レビュー! 大切な人の存在を もう一度確かめたくなる 愛の物語 人は大切な誰かを失った時、何を考え 何を思うのだろう…… そして、その後の時間に 何を見出して生きてゆくのだろう…… この作品は ...
「虹の女神 RainbowSong」:渋谷二丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}このビルは? {/kaeru_en4/}シアター・イメージ・フォーラム。 {/hiyo_en2/}ああ、アート系専門の映画館ね。 {/kaeru_en4/}佐藤あおいもあんな形で死ななければこういうところで上映される映画を撮っていたんじゃないかと思うと、つい涙が出てきて感 ...
虹の女神 (頑張る!独身女!!)
この映画の感想をどのように表現したらいいのかなぁ。
真・映画日記『虹の女神』 (CHEAP THRILL)
11月9日(木) この日も昼間はごく普通。 仕事量、やや少なめ。 終わりなき日常、 というやつにちょっくら頭をかかえる。 脱出したいけど、 現実にいきなりの突風なんていうのもあるわけだから、 変わらない日常を有り難く思う。 さらには毎日映画を見 ...
虹の女神 Rainbow Song(映画館) (ひるめし。)
近くにいたのに。 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:熊澤尚人 出演者:市原隼人/上野樹里/蒼井優 時 間:118分 [感想] 市原隼人、上野樹里、蒼井優って最近よく見る俳優さんたち。 市原くんはこの前観た「天使の卵」で主演。 樹里ちゃんは月9ドラマ『 ...
虹の女神(*^_^*)Rainbow Song (銅版画制作の日々)
今週で上映終了となるようなので、観に行ってきました。上野樹里さんは、最近結構ブレイクしている若手の女優さん確かNHKの朝ドラでデビューした人ですよね。特に個性の強い人ではないし、いたって普通ぽい・・・・。 お話映像制作会社に働く智也(市原隼人)はあ ...
「虹の女神」虹のような若さ (再出発日記)
監督:熊澤尚人脚本:桜井亜美、齊藤美如、網野酸出演:市原隼人、上野樹里、蒼井優、酒井若菜、鈴木亜美、相田翔子、小日向文世、佐々木蔵之介、尾上寛之、田中圭、ピエール瀧、マギー、大橋未歩「THEENDOFTHEWORLD」‥‥‥作品中、主人公佐藤あおいが、監督して ...
[ 虹の女神 Rainbow Song ]2人を見守る蒼井優 (アロハ坊主の日がな一日)
[ 虹の女神 Rainbow Song ]@渋谷で鑑賞 監督は[ ニラカナイからの手紙 ]の熊澤尚人で、脚本は 作家の桜井亜美。二人とも本作プロデューサー岩井俊二を 通じて参加することになったようだ。熊澤尚人監督は岩井 俊二監督の[ スワロウテイル ]でプロデュ ...
虹の女神 Rainbow Song (to Heart)
  いつも近くにいた― 製作年度 2006年 製作国・地域 日本 上映時間 118分 監督 熊澤尚人 脚本 桜井亜美/齊藤美如/網野酸 音楽 山下宏明 出演 市原隼人/上野樹里/蒼井優/酒井若菜/相田翔子/小日向文世/佐々木蔵之介/尾上寛之/田中圭/田島令子 映像制作会社...
DVD『虹の女神 Rainbow Song』 (みかんのReading Diary♪)
虹の女神 Rainbow Song (2006/日本) 映像制作会社に入社したての岸田智也は、ドジな性格が災いして上司の罵声を浴びる毎日を送っていた。そんなある日、智也の大学時代の親友、佐藤あおいが、アメリカで命を落としてしまう。智也はあおいの家族を空港まで送るが...
『虹の女神 RainbowSong』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ映像制作会社に入社したての岸田智也(市原隼人)はドジな性格が災いして上司の罵声を浴びる毎日を送っていた。そんなある日、智也の大学時代の親友、佐藤あおい(上野樹里)が、アメリカで命を落としてしまう・・・。感想『花とアリス』等の岩井俊二プロデュース...
虹の女神 Rainbow Song (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『いちばん近くにいた人が いちばん遠くに行ってしまった 失って、はじめて気づいた―大切なひと』  コチラの「虹の女神 Rainbow Song」は、「花とアリス」の岩井俊二監督が、自身の作品以外ではじめてプロデュースした、美しくせつない感動の物語です。監督は、...
虹の女神~Rainbow Song~ (食はすべての源なり。)
虹の女神~Rainbow Song~ ★★★★★(★満点!) ―あんなに近くにいたのに 突然受けた元同級生あおいの訃報。一緒に過ごした大学時代。 あおいの妹(蒼井優)が言う 「ばかだな、お姉ちゃん(上野樹里)も岸田さん(市原隼人)も」の一言。ほんまにそれに尽きる。...