花ごよみ

映画、本、写真など・

MW-ムウ-

2009-07-09 | 映画

手塚治虫の作品MW(ムウ)を映画化。

過去の凄惨な事件の復讐(ふくしゅう)のため、
悪魔の心を持つに至った主人公、
結城美智雄を玉木宏が演じます。



同じ事件を共有する幼なじみの神父、
賀来裕太郎には、山田孝之。



監督は岩本仁志。


16年前の悪夢に関係した「MW」の謎、
その謎を追い求め、
最終的に自分の手中に収めた,
結城(玉木宏)の目的は?

テレビ版の「MW-ムウ-第0章」を見ました。
これはあまり記憶に残らないドラマ、
ちょっぴり映画も不安、
でも映画は楽しめました。

結城美智雄(玉木宏)の心には
正義のひとかけらも残っていない。

命の尊厳など全く心に持ち合わせていない、
人間の心を持たない人物。
救いがありません。

でもその深く暗い心の闇には
理由が存在したのです。

ラストに向かい、少しでもいい方向には
行かないものだろうかと見ていましたが
どんどん悪い方向に突き進み、
終わってしましました。

映画はスリル感もあって、
目が離せない展開でしたが
結構後味は重くて暗くて。。。

 

玉木宏の冷酷な悪役、
山田孝之の心の葛藤、
苦悩に満ちた表情、
キャストティングは、よかったです。
でもかなり心に痛い映画でした。

エンドロールは邦画の常とは違いローマ字。
いつもの漢字で書かれたものは、
読まなくても、目で追うだけで、
名前が判別出来るものだなと、
再認識しました。





『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公園の鳥 | トップ | 東大阪旧枚岡の原始ハス »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
心が辛い映画 (平安人(2))
2009-07-10 06:06:30
おはようございます~♪
 kazuさんは本当に映画がお好きですね
感心しながら、ストーリーと感想を読ませて頂きました
丁寧な説明に少しだけ見に行った気分です

「山田孝之の心の葛藤、
苦悩に満ちた表情」これは可哀そうで辛いです。そして、結論が出ました。
見に行かんとこ
”心に痛い”のは何時までも残りますね
エンドロールの話、ローマ字で書かれたのと漢字との差、これはよ~く解りました。
 kazuさんが仰るとおり、スペルを一文字づつ読んでしまいますね
こんなコメントでごめんなさい
 
平安人(2)さんへ☆ (kazu)
2009-07-10 22:44:18
こんばんは~!

映画好きですよ。
映画で現実逃避が好きなんです(笑)
でもやっぱり楽しく帰途につける
作品がいいですね。
エンドロール、ローマ字で
読むのが面倒でした。

”笑のギャラリー”
いい作品、癒される作品が
沢山あるんですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【MW -ムウ-】ダークサイドのヒーロー (映画@見取り八段)
MW -ムウ- 監督:  岩本仁志 原作: 手塚治虫 出演:  玉木宏、山田孝之、石橋凌       公開: 2009年7月 先日テレビドラマで「エピ...
MW/ムウ (そーれりぽーと)
手塚治虫の原作は読んだ事が無かったので、満喫でチェックしてから『MW』を観てきました。 ★★★ しまったなぁ、原作本読むんじゃなかった。 知らずに観た方が先入観無くて楽しめたのかもしれない。 原作の面白いところは、当時の漫画にしては過激過ぎる悪役主人公の邪...
MW-ムウ- (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!2009年/日本監督:岩本仁志出演:玉木 宏、山田孝之、石田ゆり子、石橋 凌
MW-ムウ-/玉木宏、山田孝之 (カノンな日々)
最初に劇場予告編を目にしたときに、そういえば手塚治虫作品に『MW』というのがあったよね、というくらいの知識しかなくて内容については全く知りませんでした。そして公開日が近づくにつれて映画の概要や原作についての豆知識をちらほら耳にするわけなんですが、たしかに...
M W -ムウ- (★ Shaberiba )
憎しみは人をモンスターに変える・・。
★「MW-ムウ-」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、久しぶりに邦画だよーーー。 最近ずっとヨーロッパものが多かったけど。
MW-ムウ- (いい加減社長の映画日記)
玉木宏さんが、悪役に挑戦し、原作は手塚治虫さん、楽しみにしていた「MW-ムウ-」を、いつもの土曜日のレイトショーで鑑賞。 テレビで、第0章もやってたけど、うとうとしていて、よくわからずじまい^^; 「UCとしまえん」は、普通の人出かなぁ。 「MW-ムウ-」は、小さ...
目的が分からない。『MW-ムウ-』 (水曜日のシネマ日記)
手塚治虫原作の漫画を実写版映画化した作品です。
MW-ムウ- [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/07/04製作国:日本 PG12上映時間:130分鑑賞日:2009/07/04監督:岩本仁志出演:玉木宏、山田孝之、山本裕典、山下リオ、風間トオル、鶴見辰吾、林泰文、石田ゆり子、石橋凌世界を変えるのは、破壊か、祈りか。+あらすじ+16年前、ある島の島民全員が死亡した...
『MW-ムウ-』試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
16年前、ある島の島民全員が死亡した事件は政府によって隠ぺいされるが、二人の少年が奇跡的に生き延びた。その一人でエリート銀行員となった結城美智雄の裏の顔は冷酷な殺人鬼で、神父となった賀来裕太郎は結城を救済しようと苦悩する。そんな中、16年前の事件の鍵を握る...
MW(ムウ) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
日本が誇る天才・手塚治虫の生誕80周年を機に、圧倒的映像力と、緊張感あふれる多彩なアクション、これ以上ないキャスティングによって、日本映画史に新たなサスペンス・エンタテインメント超大作としてスクリーンに登場! 物語:16年前、ある島の島民全員が死亡す...
MWムウ 映画 (粋な提案)
手塚さんの原作が強烈なショックでした。 異様な設定と男色。どろどろで怖かったです。 その後、BLっていう言葉やクライムノベルが普及。 ...
「MW -ムウ-」 存在し続ける陰 (はらやんの映画徒然草)
実はまったく期待をしていなかったので観賞が後回しになっていた作品だったのですが、
『MW -ムウ-』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「MW -ムウ-」□監督 岩本仁志 □原作 手塚治虫 □脚本 大石哲也、木村春夫 □キャスト 玉木宏、山田孝之、石橋凌、林 泰文、石田ゆり子、鶴見辰吾、山本裕典、山下リオ、中村育二、半海一晃、品川 徹、風間トオル ■鑑賞日 7月1...
エンドロールで縦ノリ第2弾(コラ)~MWムウ~ (ペパーミントの魔術師)
MW ~Dear Mr. & Ms. ピカレスク~ / 夏Dive (初回盤)flumpool 山村隆太 玉井健二 Amuse Soft Entertainment = music = 2009-07-01売り上げランキング : 91Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 『How did we feel then?』~flumpool Tour 2009 "Unreal" Live at Shibu...
「MW-ムウー」胸騒ぎの2時間 (ノルウェー暮らし・イン・London)
原作ファンには酷評だったという、手塚治虫生誕80周年記念映画 「MW-ムウー」 渋谷のキュー2の巨大ポスターを見ては、「やっぱ、腐女子ねらいなんじゃ?」と、見ようかどうしようかずっと迷っていた。 ところが!! 私が原作を知らないからだろうか? 2時間め...