花ごよみ

映画、本、写真など・

新参者 (東野 圭吾)

2010-04-15 | 本 な、は行(作家)

新参者

図書館で何ヶ月前に予約したのかも
忘れていましたが、
やっと手元にやってきた本です。

阿部寛主演でドラマ化するんですね。
まっ、とにかくドラマ化前に読むことができ
よかったです。

加賀恭一郎を阿部寛が演じます。
どんな感じでしょうか?

できれば出演者の顔を、
明かしていない状態で
読みたかったです。

今回の東野圭吾の作品(新参者)は、
ミステリーの形をとりながらも
人情味あふれる
優しい物語になっています。

ミステリ作品というよりも、
日本橋を舞台とした、
江戸情緒漂う作品と言う感じ。

主人公は日本橋警察署に
着任したばかりの、
警部補、加賀恭一郎。

東野圭吾作品ではおなじみの刑事です。

江戸の文化の残る街を、
加賀恭一郎が駆け抜けます。
そしてするどい洞察力を駆使して、
事件を解決へと導きます。

この作品は、短編の形をとりながらも
一つ一つの話はつながっています。

容疑をもたれた人物を一編ごとに
消去していくという方法をとっています。
それぞれの短編が、
一応解決をみながらも
全体的に見ると連作長編となっていて
そして最後に全貌が明らかになってきます。

また一つごとの作品の背景には、
温かい人情があって、
ほのぼのとした感動があるのです。

私の今まで読んだ
東野圭吾作品に比べると、
少し異質な雰囲気の、
穏やかな感じのする作品でした。






ジャンル:
小説
コメント (6)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 淡路島明石海峡公園の花達♪ | トップ | 百段苑花あそびガーデン  »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (苗坊)
2010-04-18 22:26:42
こんばんわ^^TBありがとうございました。
ドラマ化されていますねぇ。
見る気はないですけども。
私映像化は基本的にダメなのです^^;
加賀刑事は35歳くらいのイメージなので、ちょっと違うんですよねぇ。
ストーリーはとても好きです。
加賀刑事の人柄が出ていますよね。
東野作品のミステリとはちょっと違いましたが、私は大好きです。
苗坊さんへ☆ (kazu)
2010-04-19 06:54:17
こんにちは~!

こちらこそ、TB、コメント
ありがとうございました。
苗坊さんは映像化ダメなんですね。
私は見たい気もしましたので
録画しています。
イメージは少し違いますよね。
加賀刑事の優しい人柄が感じられる
作品でしたね。
こんにちは! ()
2010-04-19 21:29:15
ミステリーとしてもさることながら、江戸情緒あふれるお話で人情味がありましたね。
あったかい気持ちになるお話しはいいですね。
花さんへ☆ (kazu)
2010-04-19 23:13:18
こんばんは~!

コメントありがとうございます。
人情味いっぱいの作品でしたね。
心が温かくなりました。
いい小説でしたね。
Unknown (しんちゃん)
2013-09-01 22:07:44
 TVドラマを先に見て、当時これがハードカバーで出ていたのを我慢して(笑)
で、文庫化されて、やっと読めたわけだけど、TVドラマがいかにこの原作を忠実に映像化してたかということが感心しました。

 近年の東野圭吾作品の中ではいいかんじ(笑)
しんちゃんへ (kazu)
2013-09-02 12:43:22
こんにちは

やっと読まれたんですね(笑) 
ドラマ忠実だったんですね。
ドラマは覚えていても
本の記憶は定かではないです(笑)
東野圭吾作品の中では
温かい作品でしたね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
新参者 東野圭吾 (苗坊の徒然日記)
新参者クチコミを見るオススメ! かなりネタバレしてます 第一章「煎餅屋の娘」 上川菜穂は父と祖母と3人で暮らしている。祖母が先日病院を退院したばかりだ。入院給付金について田倉と言う保険会社の人が面倒を見てくれている。煎餅屋に加賀という刑事がやってきた。...
新参者 (Akira's VOICE)
東野圭吾 著 
本『新参者』東野圭吾 (日々のつぶやき)
東野さんの新刊です♪ 加賀さんが関わる事件の連作短編集。今回改めて加賀さんの温かさ優しさを感じました~ 「日本橋の一角のマンションで一人暮らしの女性が殺害された。 まだ昔の日本の雰囲気が色濃く残っている土地人形町、この土地の新参者、練馬署から日本橋
本「新参者」 (<花>の本と映画の感想)
新参者 東野圭吾 講談社 2009年9月 新参者/東野 圭吾 ¥1,680 Amazon.co.jp 日本橋。江戸の匂いも残るこの町の一角で発見された、ひとり暮らしの四十代女性の絞殺死体。「どうして、あんなにいい人が…」周囲がこう声を重ねる彼女の身に何が起き...
「新参者」東野圭吾 (しんちゃんの買い物帳)
新参者(2009/09/18)東野 圭吾商品詳細を見る 日本橋人形町。都営新宿線を降りると、明治座の前を通り、清洲橋通りを渡ると人形町に向かう。反対...
いまさら圭吾 (活字の砂漠で溺れたい)
東野圭吾さんの最新刊「新参者」の帯には、 私が見かけた限りでは二つの種類がある。 その片方が秀逸である。 細かい所までは覚えていないが、 「いまさら東野圭吾???」と大見出しを打っているのだ 笑 昨年の「このミス」と「文春ミステリー」の 二冠を達成したこと...
東野圭吾『新参者』 (itchy1976の日記)
新参者東野 圭吾講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『新参者』を紹介します。加賀恭一郎シリーズ。これは、東野氏の作品では初の連作短編なんでしょうかね。共通することは、日本橋で起きたミツイミネコ殺しの事件を解決するというミステリーである。最初...
『新参者』 東野圭吾・著 | あえて例えるなら"はぐれ刑事純情系”ならぬ“人情刑事理数系” (23:30の雑記帳)
大御所は健在でした。 今まで失礼なことばかり言ってごめんなさい。 「パラドックス13」災害小説と割り切って楽しみましょう とか 「カッコウの卵は誰のもの」スポーツ小説だと思って楽しみましょう とか… “はぐれ刑事純情系”ならぬ“人情刑事理数系” ...
東野圭吾 『新参者』 (映画な日々。読書な日々。)
新参者/東野 圭吾 ¥1,680 Amazon.co.jp 日本橋。江戸の匂いも残るこの町の一角で発見された、ひとり暮らしの四十代女性の絞殺死体。「どうして、あんなにいい人が…」周囲がこう声を重ねる彼女の身に何が起きていたのか。着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は...
『新参者』著/東野圭吾 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
『新参者』著/東野圭吾 【STORY】もう、彼女は語れない。彼が伝える、その優しさを。悲しみを、喜びを。日本橋の一角でひとり暮らしの女性が絞殺された。着任したての刑事・加賀恭一郎の前に立ちはだかるのは、人情という名の謎。舞台は、日本橋。江戸の匂いも残る...
新参者 (本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館])
「加賀さん、あんた、一体何者なんだ?」          ・ 「何物でもありません。この町では、ただの新参者です」(p348)  阿部寛が主演していたテレビドラマの記憶も新しい「新参者」(東野圭吾:講談社)。ドラマが面白かったので、原作の方も買ってみた。...
東野 圭吾 著 『新参者』 (『映画な日々』 cinema-days)
新参者 【単行本】 日本橋・人形町。1人の女性が殺害され、 この殺人事件を担当する事になったのが、 日本橋署に異動してきたばかりの加賀...
「新参者」東野圭吾 (りゅうちゃん別館)
加賀恭一郎が活躍する東野圭吾の「新参者」を読んだ。 (この記事、ネタばれあり)    【送料無料】新参者価格:1,680円(税込、送料別) 日本橋署に転属となった加賀。 中年女性の銃殺事件を所轄として担当。 冴えた推理で地味ながらも事件を解決に導く。 特に、下町...
◎読書記録◎ 「新参者」 東野圭吾 (The 近況報告!~今度は多摩川のほとりから )
{%足跡(テンテンテン)hdeco%}2011年の出来事{%足跡(テンテンテン)hdeco%}
新参者  東野圭吾著  講談社文庫 (極私的映画論+α)
 TVドラマ、久々に観ようかな。