花ごよみ

映画、本、写真など・

ツナグ

2012-10-03 | 映画

試写会に当たったので行ってきました。

辻村深月の同名小説を映画化。

「ツナグ」の仕事は、
この世から去ったものと
生きているものとの再会の仲介。

亡くなった人を一回に限り、
会わせてくれるというもの。

男子高校生、歩美と彼の祖母アイ子が
その役目を負います。

代々続いている仕事で歩美は、
まだ見習いといったところ。
松坂桃李が主演で主人公歩美を演じます。

ツナグの指導役、祖母アイ子には樹木希林、
佐藤隆太、桐谷美玲、橋本愛、
八千草薫らが共演。

監督は平川雄一朗。

本では土谷(佐藤隆太)と
きらら(桐谷美玲)の物語は、
すごく泣けたので
ハンカチを用意していました。
…でも泣けなかった。
ちょっと肩すかしを食った感じ。
あっさりとした感じで描かれていました。
内容が分かっていたせいもあって
感動が薄れてしまったのかも…
本を読まず映画を見ていたら
もっと感動したかな。
ちょっと残念でした。



祖母のアイ子(樹木希林)と
孫の歩美(松坂桃李)との
会話は温かくて和みます。



松坂 桃李はこれからの、
期待大の俳優です。
樹木希林もよかった。
樹木希林なら本当に亡くなった人と、
会わせてくれそうな気がしました。

本の感想は→こちらです。

10月6日公開






『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 亀岡穴太寺付近の彼岸花  | トップ | 本薬師寺跡のホテイアオイと彼岸花 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (苗坊)
2012-10-03 23:31:34
こんばんは。
私も試写会応募したのですがダメでした^^;
私も土谷ときららの物語で1番泣くだろうなと思っていたのですが、そうですか、肩透かしですか…。
それでも映画は見てみたいです。
桃李君と樹木さんも気になります。
Unknown (たんぽぽ)
2012-10-04 11:30:36
松坂桃李君は、NHK連続ドラマで知って、
いい感じだな~って思いましたが、
結構色々な作品に出てられるんですね~。

この作品、気になります。
ツナグ仕事。。そんな仕事はないんだろうけど
もしも、あったら。。と思いますよね。
見てみたい気がします。
苗坊さんへ (kazu)
2012-10-04 20:57:34
こんばんは

苗坊さんも応募されたんですね。
残念でしたね。
土谷ときららの物語、
きっと泣くだろうと予想していたのに
泣かなかったです。
本の方が感動できました。

桃李君と樹木さんはとてもよかったですよ。
雰囲気が出ていました。
たんぽぽさんへ (kazu)
2012-10-04 21:03:48
こんばんは

松坂桃李君これからも
映画やドラマにたくさん出ますよ。
楽しみな俳優ですね。

ツナグの仕事…
会いたい人、
いろいろ考えてしまいますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ツナグ (うろうろ日記)
試写会で見ました。監督+希林さん+桃李くんが舞台挨拶にやってきました。まさか希林
劇場鑑賞「ツナグ」 (日々“是”精進! ver.F)
大切なのは、心で見ること・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210060003/ ツナグ (新潮文庫)辻村 深月 新潮社 2012-08-27売り上げランキング : 33A...
『ツナグ』 2012年9月17日 ニッショーホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ツナグ』 を試写会で観賞しました。 樹木希林の演技に注目したが、今回はパッとせずだった 『悪人』や『わが母の記』の時のような良さが無かったのは残念 【ストーリー】  生きている者が、もう一度だけ会いたいと強く願う、すでに亡くなってしまった者。その再会の...
ツナグ (Memoirs_of_dai)
歩美はなぜ何度も死人に会える? 【Story】  “ツナグ”という、たった一人と一度だけ、死者との再会を叶えてくれる案内人。そんな都市伝説のような噂にすがり依頼に訪れたのは、癌で亡くなった母(八千...
映画「ツナグ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ツナグ」観に行ってきました。辻村深月の同名小説を原作とする、人の死と死後の再会をテーマとするファンタジー要素を含有した人間ドラマ作品。その街には、ひとつの都市伝説...
「ツナグ」会いたい人は誰ですか? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[松坂桃李] ブログ村キーワード  一度だけ、死んだ人間と会わせてくれる“使者”の物語。「ツナグ」(東宝)。さあ、あなたがもう一度会いたい人はいますか?  一度だけ死んだ人と会わせてくれる“使者”=“ツナグ”。高校生の歩美(松坂桃李)は、一族に代々伝わる...
映画『ツナグ』★心の目でつなぐときツナグは救いにつながる (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    映画レビューです(ネタバレ表示) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id342745/rid19/p1/s0/c1/   作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159756/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください...
ツナグ (to Heart)
製作年度 2012年 上映時間 129分 原作 辻村深月『ツナグ』(新潮社刊) 脚本 監督 平川雄一朗 音楽 佐藤直紀 出演 松坂桃李/樹木希林/佐藤隆太/桐谷美玲/橋本愛/大野いと/八千草薫/遠藤憲一 生きている者が、もう一度だけ会いたいと強く願う、すでに亡くなってしまった...
ツナグ(2012-122) (単館系)
ツナグ ユナイテッド・シネマ浦和 生きている者が、もう一度だけ会いたいと強く願う、すでに亡くなってしまった者。 その再会の機会を設けることができる、“ツナグ”と呼ばれる使者の見習いをする高校生・...
「ツナグ」会いたい人とツナグ先にみた伝えなければならない聞かなければならない1度しかない機会への決断と決意 (オールマイティにコメンテート)
「ツナグ」は辻村深月原作の「ツナグ」を映画化した作品で生涯1度だけ会いたい死者に会す事ができる使者が3人の依頼主の死者との出会いを通じて使者としての役目、そして使者に ...
映画「ツナグ」を観ました!!(2012-13) (馬球1964)
映画「ツナグ」を観ました!!
ツナグ (タケヤと愉快な仲間達)
先に書いたこの三連休の最終日。テレビでも 何度か見た番宣では樹木希林さんの強烈な キャラクターだけが強く印象に残り・・・ (ああ面白そうだな。)と思い朝一番の上映回 にて観賞してきました。 僕の地元の映画館はどんな話題作の時でも 場内が満員になる事はほとん...
ツナグ (いい加減社長の映画日記)
樹木希林さんの演技に注目・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 死んだ人間と再会させる能力を持つ「ツナグ」。 工務店を営む畠田靖彦は、土地の権利書のある場所を死んだ母親に聞くために、ツナグとの接触を試みる。 約束の場所に現れたのは、男子高校生。 半...
映画「ツナグ」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
ツナグ、彼らが繋ぐのは人の想い 連綿と繋がっている命。人間が人間となった時から今この時まで繋がっているからこそ、貴方がいて私がいる。絆を描いている映画だとあっさりと決め付けてしまうのは、少...
『ツナグ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ツナグ」 □監督・脚本 平川雄一朗 □原作 辻村深月 □キャスト 松坂桃李、樹木希林、佐藤隆太、桐谷美玲、橋本 愛、遠藤憲一、大野いと■鑑賞日 10月8日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点...
映画「ツナグ」 (FREE TIME)
映画「ツナグ」を鑑賞しました。
ツナグ(試写会) (まてぃの徒然映画+雑記)
直木賞作家、辻村深月の吉川英治文学新人賞受賞作を松坂桃李主演で映画化。出演はほかに樹木希林、佐藤隆太、桐谷美玲など。 死者と生者を一度だけ引き合わせる能力を持つ“ツナグ”、高校生の歩美(松坂桃李)は祖母(樹木希林)から少しずつ“ツナグ”の手ほどきを受...
映画『ツナグ』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-82.ツナグ■配給:東宝■製作年・国:2012年、日本■上映時間:129分■観賞日:10月20日、TOHOシネマズ渋谷■料金:0円 □監督・脚本:平川雄一朗◆松坂桃李(渋谷歩美)◆樹木希林(渋谷アイ子)◆遠藤憲一(畠田靖彦)◆八千草薫(畠田ツル)◆橋本愛(...