花ごよみ

映画、本、写真など・

四日間の奇跡

2005-06-07 | 映画
 
5年前のロンドンでの 
如月敬輔(吉岡秀隆)と千織(尾高杏奈)の 
衝撃的な出会い。 
 
敬輔は、千織の命を救うが手を負傷し、 
ピアニストとしての将来を絶たれる。 
帰国後、千織を引き取り、 
敬輔によりピアノの音楽的才能を見いだされた千織と
施設慰問をしている。 

ある日、岩村真理子(石田ゆり子)が勤務する療養センターに、 
如月敬輔が千織を伴い 
ピアノの慰問コンサートにやって来る。 
 
悲しみと再生の物語。 

途中でゴソゴソするのは避けたいので
開演の前にハンカチを 
手の中に用意して涙の準備・・・ 
監督が(半落ち)(チルソクの夏)の 
佐々部清監督なので
またきっと泣かされるだろうと。。。


原作をどういう風に映画にするのか
楽しみにしていました。 
期待を裏切らない出来上がりで
本を読んでよく分からなかった点が
映像化することで、より的確に説得力を持ち 
心に響いて来るものがありました。 
 
出演者はみんなはまり役で 
(ほんの少し如月敬輔〈吉岡秀隆〉は暗いかな…)
特に少女の演技力に感心。。。 

時間が静止したようなおおらかな風景。  
ロケ地の下関の角島は
海のブルーがすばらしく
この美しい島なら奇蹟も 
起こりそうな気になってくる。

確実に訪れる命の期限… 
悲劇的なのに心洗われる感動作です。

本を読んでから映画を見る方が 
この映画により深く入り込めることが 
出来るかなと思います。 
  
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最後の恋のはじめ方 | トップ | マザーリーフのつぼみ »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
下関 (kossy)
2005-06-07 09:38:18
下関の角島という所なんですか・・・

あの海のエメラルドグリーンは最初てっきり南の島だと思っていました。

初恋の人だったと告白されたい・・・
kossyさんへ☆ (kazu)
2005-06-07 12:02:31
ようこそおいで下さいました。

TBありがとうございます。 

下関なんですよ。 

行ってみたくなるような 

きれいなところですね。

そういえば(チルソク・・)も

下関でしたよね。 

角島~ (cyaz)
2005-06-07 12:23:14
kazuさん、TBありがとうございましたm(_ _)m



二人が渡るあの島に続く道路にも

オープンカーかなんかで走ってみたいですねぇ^^

kossyさんと同様、

初恋の人だったと告白されたい・・・(笑)?!
cyazさんへ☆ (kazu)
2005-06-07 14:47:18
こちらこそTBありがとうございました☆ 

ネバーランドにまで・・ }

 

サヴァン症候群って特異な症状が

顕れるのですね。 

 

角島の海の色は印象的ですね

↑の気持ちになりますか
泣けますか・・・ (よりりん)
2005-06-08 12:10:28
映画よかったんですね。

先にここを読んでたら、今日のレディースデイにいってたかも?!

そういえば、先日、お友達のブログで、このロケ現場の海に行ったと写真がはってありましたが、本当にキレイでした。

映画でみたら、なおきれいでしょうねぇ。
よりりんさんへ☆ (kazu)
2005-06-08 12:44:49
海はエメラルドグリーンっていうのか

本当にきれいでしたよ。

観客は声を上げて泣いている人もいれば、

訳がわからないってブツブツ文句言ってる

人もいて対照的な光景が見られましたよ。

さて、よりりんさんのお気に召すかどうかな?? 

観たい! (ろっころん)
2005-06-08 20:19:11
この映画、観たいな~って思ってたんです。

やはりいい映画だったんですね~。

残念ながら今回は映画館に行けないかも。。

本屋さんで本買って読みます!
ろっこんさんへ☆ (kazu)
2005-06-08 22:41:38
来てくださってありがとう。 

本もよかったですよ。 

出演者を思い浮かべて 

読むのもいいかも
はじめまして! (hibiki)
2005-06-09 08:04:12
私も観ました~。



いつも原作を読んで映画に行くと

がっかりすることが多いのですが、

『四日間の奇蹟』は、原作は原作、

映画は映画ですごく良かったです。

hibikiさんへ☆ (kazu)
2005-06-09 09:18:29
ようこそおいで下さいました。

ホント、原作を読んでから

映画に行くとあらすじだけを

見ているようでがっかりすることが

多いですね。 

この映画はどちらも 

よかったですね。
こんにちは! (hibiki)
2005-06-09 15:12:55
TB、ありがとうございます。

『四日間の奇蹟』を理解して下さる方がいて

嬉しいです。



またお邪魔させて頂きます。
はじめまして (志彌)
2005-06-18 23:10:11
四日間の奇跡もう一回読んでみようと思います。

映画も思ってたよりよくって^^

またお邪魔します
ようこそ☆ (kazu)
2005-06-18 23:34:36
ちょっとイメージと違っていましたか?

でも、映画よかったですね。

また、お越し下さいね。
観ました! (ろっころん)
2005-07-10 09:36:54
コメント&TBありがとうございました。

中学生の尾高杏奈さんの演技、ホント上手でしたね。

美しい海と島が印象的です。

いつか本も読んでみたいなぁ♪
よかったでしょう☆ (kazu)
2005-07-10 20:11:04
海の色がすばらしかったですね。

尾高杏奈ちゃんの演技も中学生って

信じられないほどでしたね。 

本もよかったですよ。
Unknown (アトマツ)
2005-08-29 12:24:39
はじめまして。

原作の話題ですがTBさせていただきました。



映画も見てみたいな。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
四日間の奇蹟 (ネタバレ映画館)
 卒業式、学生服の第二ボタンが取られている男子生徒はモテてる証拠。え?え、ええ、もちろん見栄をはって第二ボタンははずしておきましたよ・・・ぁぁ、懐かしい。  韓流純愛路線やイマアイに代表されるファンタジーな邦画路線が佐々部監督にまで影響を与えた。わかりや
『四日間の奇蹟』 (京の昼寝~♪)
 異国の舗道(アスファルト)に響いた銃声、少女の叫び、  血に染まるピアニストの指先。  …“奇蹟”への序奏は、そこから始まった。   ■監督 佐々部 清 ■脚本 佐々部 清、砂本量 ■原作 浅倉卓弥(「四日間の奇蹟」、第1回「このミステリーがすごい!」大賞受
四日間の奇蹟 (TRAVELOGUE)
 昨日は2本連続で映画を観てきました。こっちの方が良かったです。  この作品は随分前に小説で読んでいたので、期待大でした。しかも石田ゆり子さんが出演でしたし、それだけで十分でした。 【解説】  人気作家・浅倉卓弥の同名タイトルのデビュー作を映画化した作品。『
四日間の奇蹟 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
浅倉卓弥原作の100万部を超えたベストセラーの映画化。 電車男に引き続き、初日レイトショー最終で鑑賞しました。この日2本目。終わったのは2時前か・・・ スイマセン。泣けませんでした(--; 涙腺が弱いので構えていたせいだけではないかと・・・ ストーリー、悪
四日間の奇蹟 (川映本音の和)
原作を読んで映画化と聞いたので、当然見ないといけない気持ちになっていました。しか
『四日間の奇蹟』を観て来ました!#84 (★☆★風景写真blog★☆★Happiness inf...)
四日間の奇蹟 スタッフ 監督:佐々部清 原作:浅倉卓弥(宝島社刊) 脚本:朝倉卓弥 音楽:加羽沢美濃 撮影:坂江正明 照明:渡辺三雄 美術:福沢勝広 装飾:湯澤幸夫 録音:鷹野泰雄 編集:大畑英亮 企画:中曽根千治/濱名一哉 企画協力:岡本喜八 プロデュ
原作と映画比較「四日間の奇蹟」 (独身社会人映画ファンメーリングリストHP掲示板)
浅倉卓弥著の「四日間の奇跡」はメインとなるアイディアが、 有名作家の先行作品と同じであったため、 『このミステリーがすごい!』の選考でも大いにもめたことが 文庫版のあとがきに記されています。 しかしながら、作者のドラマ作りのうまさと、 的確な文章表現に他の候補
セリフに頼り過ぎ、気持ちが伝わらない◆『四日間の奇蹟』 (日々の記録と、コラムみたいなもの)
6月13日(月)TOHOシネマズ木曽川にて 将来を有望視されたピアニストの敬輔(吉岡秀隆)は、ロンドンの公演が終了した直後に、街角で発砲事件に巻き込まれる。 少女をかばったために彼の左手は銃弾に打ち抜かれ、彼はピアニストとしての生命を絶たれてしまった。 敬輔が
四日間の奇蹟 (HR BLOG)
奇蹟とは信じる者にもたらされるものらしい。『半落ち』の佐々部清監督が、第1回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した、浅倉卓弥の同名大ベストセラー小説に惚れ込んで映画化したのが本作。原作は不遇のピアニスト・敬輔の視点で描かれているが、映画版の中心は、石
映画「四日間の奇跡」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
映画「四日間の奇跡」開映18:35@錦糸町シネマ8楽天地 「四日間の奇跡」2005年 日本 配給:東映 監督・脚本:佐々部清  原作:浅倉卓弥  プロデュース:菊池淳夫ほか  脚本:砂本量  撮影:坂江正明  音楽:加羽沢美濃  主題歌:平原綾香「Eternally」
四日間の奇跡 (Ciuded CERO)
見たいと思っていた映画でした。 それは見に行こうって言われたの。 原作を読んでいたから違和感があるのじゃないかって思って 断り続けてたのに・・・結局一人で見てきました。 内容なんかはほかの人のページを見ていただければ きっとわかりやすいんじゃないか...
四日間の奇蹟 (any\'s cinediary)
伝わるはずのなかった想い 生きるはずのなかった時間 君と過ごした四日間を 僕は
四日間の奇蹟 (Happyboyの★インジョイムービー★)
最近、ファンタジーものの純愛映画が多いのですがこちらもそのひとつ。内容的には安心して観られます。今回のテーマは「心の入れ替えもの」。古くは「転校生」、最近でもたびたびテーマになる本当にポピュラーなファンタジー映画です。この映画はやっぱり千織を演じる尾高杏
四日間の奇蹟 (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
「半落ち」、「チルソクの夏」で大いに感動させていただいた 佐々部監督作品。 原作は第1回「このミステリーがすごい!」大賞・大賞金賞受賞作。 だいぶ前に原作は読みました。 原作もウルっと感動できるところがあったし、 最近仕事のことでちょっと心がすさんでたの...
『四日間の奇跡』観てきました!! (Love Needing)
今日は『四日間の奇跡』を観てきました♪原作を読んでいたのでだいたいのストーリーは頭に入っていたのですが、それでも随所で涙がこぼれてきました。というより本より映画版の方が全然、泣けます!!   物語の舞台はとある海辺にある診療所(確か原作では山奥なの
『四日間の奇跡』 (ロッツの新ボヤキ・呟き・独り言)
先日、またのんびりと映画などを観に行きました。 特に観たい映画を決めていなかったので、映画館についてから、『真下正義』,『戦国自衛隊』,『バットマン・ビギンズ』と多少迷ったけど、なんとなく気になる『四日間の奇跡』を観ることにしました。 しかるに、結果は…。
映画「四日間の奇蹟」見ました☆ (どうせ誰も見てませんからっ☆★)
なんか、題名のフォントとか、感動がどうのって書いてあるから、「セカチュー」「いま会い」の三番煎じかぁ~?くらいに思ってまして、話題の原作も、いろんなとこのあらすじも、あえて読まずに映画館へ。結論「あら~、意外といい映画じゃない~♪」不測の事故で夢を断たれ
四日間の奇跡 (個人的 書評ブログ)
浅倉 卓弥 四日間の奇蹟 先週の話になりますが、久しぶりに妻と二人で映画を観に行きました。観た映画は、「四日間の奇跡」です。 まだ、観ていない方もいらっしゃるかと思いますので、ストーリーの詳細は書きません。興味のある方は、「四日間の奇跡 公式サ
四日間の奇蹟 (欧風)
私は映画を観る時、定価(1800円)で観る事は殆どありません。毎回そんな金払って観てたら路頭に迷っちゃうので、前もって観たい映画の時は前売り券(だいたい1300円)を買ったり、公開後に観たくなったらレイトショー(1200円)で観たりしてます。他にメジャー
「四日間の奇蹟」 (ミチミチ)
「四日間の奇蹟」 監督 佐々部清 原作 浅倉卓弥 CAST 吉岡秀隆/石田ゆり子/尾高杏奈/中越典子・・・ story 人とうまく関わるすべを知らない、音楽の天賦の才を与えられてた少女、千織。彼女をかばい事故によって指に怪我をした天才的ピアニスト如月敬輔。彼らはあ
4日間の奇蹟 (ろっころん☆コロン)
本屋さんでずっと気になりながら読む機会がなかった「4日間の奇蹟」。 先日のレディースデーに映画館で観た。 この映画の主役は、、、3人?? 清楚な石田ゆり子さん、控えめで静かな演技の吉岡秀隆さんのお二人、良かった。 サヴァン症候群の少女役の尾高杏奈さんは
浅倉卓弥『四日間の奇蹟』(ネタバレあり) (アトノマツリ【after_you-festa】 ~アトマツ家のミステリな読書日記)
四日間の奇蹟posted with amazlet at 05.08.29浅倉 卓弥 宝島社 (2004/01)売り上げランキング: 5,440Amazon.co.jp で詳細を見る 第1回『このミステリーがすごい!』大賞・大賞金賞受賞作として、「描写力抜群、正統派の魅力」「新人離れしたうまさが光る!」「張り巡らされた
「四日間の奇跡」 人間が人間たる所以 (酒とバラの日々@モントリオール)
Mさんからもらった浅倉卓弥「四日間の奇跡」を読んでいる。 まだ読み終わっていないが、大体のエッセンスは掴んだ。 人間と他のほ乳類を分かつ部分。脳の神秘。 ’わたし’とは一体、何を指すのか? 身体(物質)を離れて’わたし’は存在するのか? なるほどと感銘し
四日間の奇蹟 評価額・830円 (Blog・キネマ文化論)
●四日間の奇蹟をDVDにて鑑賞。 暴漢に襲われる親子を助けたことで、左手の薬指の
四日間の奇蹟 \'06 1本目 (プチおたく日記 vol.2)
年の初めに見るにふさわしい映画だったと思います。 心洗われる思いがしまた。 思ったほど泣けませんでしたが・・・ 朝倉卓弥原作の同名小説を、吉岡秀隆と石田ゆり子の共演により
DVD:「四日間の奇跡」 (遠慮無く…書くよ!)
監督: 佐々部清 出演: 吉岡秀隆、石田ゆり子、尾高杏奈、西田敏行、松坂慶子 原作: 浅倉卓弥 脚本: 佐々部清 制作: 2005 日本 評価: ★★★★☆ さ
映画『四日間の奇蹟』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
この映画の良さは観れば分かる、観なければ分からない。百聞は一見にしかずと言いたい。自己の喪失と再生、犠牲と思いやり、大いなる家族愛・・ 将来を嘱望されるピアニストながら、暴漢から少女を守ろうとして薬指の自由を失った如月敬輔(吉岡秀隆)、少 ...