花ごよみ

映画、本、写真など・

ワールド・トレード・センター 

2006-10-05 | 映画

試写会で観てきました。

監督は「アレキサンダー」「プラトーン」の 
オリバー・ストーン。

政治的なものがあるかと思っていたら、
それはなくて、
救助に行ったものがまた救助される
といったストーリーで、
家族愛、人間愛が
描かれていました。

襲撃の後の、すさまじい地獄のような光景。 
いいようのないつらさ、事件の悲惨さ。

わずかな希望の光を信じて救出を待ち続ける 
ジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)と 
ウィル・ヒメノ(マイケル・ペーニャ)。

救出を信じ、家族の所へもう一度帰る、 
という希望をもって、
長い時間、瓦礫の下で生き延びる精神力の強さ。
残酷で非情な悲しみに、
いたたまれなさを感じました。

ニコラスケージよかったです。
生き埋めになって瓦礫の下で
身動きのできない体勢での顔だけの演技、
それに多量の粉塵を、
吸い込まざるをえない状況のなかでの撮影、
大変だったと思います。 

  
 
安否が不明な中、
夫の無事を祈る妻の姿も 
美しく描かれていました。 

この映画の中で、救出にあたった人達が
演技とはいえゴホンゴホンと、
苦しそうに咳込んでいました。 

撮影上のことだとしても、
白く舞う粉塵の中、
体が心配になってきます。

現実に、ビルの崩壊に伴い、
救出作業した人 、ボランティアの人達が
舞い散る大量のアスベストや粉状の 
セメント、ガラスなどが 
体内に侵入して、
健康被害の問題が多く出てきていることを
以前、TVで放映していました。 


一応、救出された、
この家族にとっては
ハッピーエンドに終わっても、
他に残された多くの問題、
そして救出されなかった多くの人達
が存在しているのを思うと、
つらいものがあります。






 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 曼珠沙華 | トップ | 小さな小さな時計草の花 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
かわいい~w (よりりん)
2006-10-06 15:00:45
このテンプレ、め~っちゃ私のツボにはまってますw

かわいいねぇ~♪



で、映画ですけど、これハッピーエンドなんですか?!

意外・・・。

昔は、親友がニコラス・ケイジのファンだったので、彼の出る作品はよく見に行きましたが、ここ数年ご無沙汰です。
よりりんさん こんばんは☆ (kazu)
2006-10-06 20:57:26
このテンプレート、自分が見やすくって 

気に入ってます。

言われてみれば可愛いですね。 

しばらく、これに決まり!



で、映画、主役の二人と家族限定で 

ハッピーエンドですよ!



お友達ニコラス・ケイジの 

ファンだったんですか? 

シブイ趣味ですね。





こんばんは! ()
2006-10-08 23:03:52
主演の2人、良かったですね!?

確かに、マクローリン氏やヒメノ氏の、両家にとっては、ハッピーエンドでしたね。

ペズーロ氏たちや、彼らのご遺族のことを思うと、胸が痛みます。

もちろん、犠牲になったすべての方々、ご遺族に対しても・・・。
空さん、こんばんは。 (kazu)
2006-10-08 23:39:09
TB、コメントありがとうございました。 

瓦礫の下に残された多くの命、

家族のことを考えると、

たまらないですね。

映画の中では、

二人が救われて、

ハッピーエンドに

終わったとしても・・・。



Unknown ()
2006-10-22 18:29:08
はじめまして!

TBさせていただきました。

家族の愛を描いた映画としては素晴らしいと思うのですけど、色々考えてしまい、辛くなる映画でした。

灯さん、こんばんは! (kazu)
2006-10-22 19:01:21
はじめまして。 

TB、コメントありがとうございました。

家族愛、人間愛を感じましたが、

あまりにも多くの犠牲者のことを

思うと辛さ、やりきれなさも感じます。 

救出された時はホッとしましたが…。
Unknown (tomo)
2006-10-23 01:09:12
TBありがとうございました!!

ホントに複雑な気持ちになる作品で自分自身うまく整理して考えることが出来ませんでした…。
tomoさんへ☆ (kazu)
2006-10-23 17:52:57
こんばんは~!

こちらこそTB、コメントありがとうございました。

複雑な気分になる映画でしたね。

二人は助かって本当によかったけれども…。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ワールド・トレード・センター World Trade Center (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マリア・ベロ マギー・ギレンホール 出演 2001年9月11日 ニューヨークの朝 港湾局警察官の巡査長ジョン・マクローリンは 各警察官に朝の指示を与えた まもなく上部からの指令により 部下を引き連れダウンタンの世界 ...
ワールド・トレード・センター (琴線~心のメロディ)
【2006年10月7日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】※ノン・フィクション系 【観た場所:T-JOY東広島】 面白かった度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} オススメ度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} もう一度観たい度:{/star/}{/star/}{/s ...
ワールド・トレード・センター (Akira's VOICE)
テロの主題は弱く,社会派ではないものの, 犠牲者を悼む気持ちに溢れ, 悲劇を見つめる眼差しは力強い。
ワールド・トレード・センター (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  ドラマ  監督:オリヴァー・ストーン  出演:ニコラス・ケイジ      マイケル・ペーニャ      マギー・ギレンホール      マリア・ベロ 01年9月11日の早朝。いつものように家を出て署へと向かう港湾警察のジ ョン・マク ...
「ワールド・トレード・センター」奇跡の生還者と同じ位救出に向かった犠牲者を描いてほしかった (オールマイティにコメンテート)
「ワールド・トレード・センター」は5年前の9・11でテロの標的になった貿易センタービルに救出に向かった警察官の奇跡の生還を描いたノンフィクション作品である。ユナイデット93同様やはり未曾有の事態に目の当りにして事実を語られているだけにその生死の ...
「ワールド・トレード・センター」 (てんびんthe LIFE)
「ワールド・トレード・センター」文京シビック大ホールで鑑賞 あの広い会場がほぼ満員。観客の注目度の大きさがわかります。 ただ、私はオリバー・ストーンがちょいと苦手。説教くさいノンフィクションをドラマ仕立てに作り上げる、必ず眠くなるのです。今回 ...
ワールド・トレード・センター (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 129分 監督 オリヴァー・ストーン 脚本 アンドレア・バーロフ 音楽 クレイグ・アームストロング 出演 ニコラス・ケイジ 、マイケル・ペーニャ 、マギー・ギレンホール 、 マリア・ベロ 、スティーヴン ...
ワールド・トレード・センター (ちわわぱらだいす)
毎日仕事で忙しくて・・・昨日見たばっかりだから・・・今日はいけるはずがない。 郵便局に行った帰り・・・映画館が私を呼んでいる~烈 んで、仕事をサボってこっそり𕾮映画館へ玲 んでこれです。 見たかったのよ~&#63901 ...
『ワールド・トレード・センター』 (**Sweet Days**)
監督:オリバー・ストーン CAST:ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ 他 2001年9月11日、同時多発テロにより崩壊した貿易センタービルに突入した警察官、ジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)とウィル・ヒメノ(マイケル・ペーニャ)は、瓦礫の下 ...
World Trade Center(2006,U.S.) (The Final Frontier)
以前 劇場で予告を観た時に音楽に泣かされた私。ようやく本編を観ることができました☆ ワールド・トレード・センター 2001年9月11日の早朝。いつものように家を出て署へと向かう港湾警察のジョン・マクローリン巡査部長(Nicolas Cage)。彼は署に着くと部下たち ...
【ワールド・トレード・センター】 (空の「一期一会」)
★実話を基に作られている作品を観る時は、少し構えてしまう。それが、誰もが知って
「ワールド・トレード・センター」:築地バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}このビルは? {/kaeru_en4/}時事通信社。 {/hiyo_en2/}じゃあ、9.11のときは大変だったでしょうね。事件を伝えなくちゃいけなくて。 {/kaeru_en4/}あの日、ワールド・トレード・センターの外で何が起こったかは、テレビや新聞や通信社の報道で知 ...
ワールド・トレード・センター (八ちゃんの日常空間)
「人間って、やっぱりすばらしいなぁ、いいなぁ」ともっと感動的に脚色しているかと思ったら、意外と淡々としていてびっくりした。ユナイテッドとの違いはこちらは生存者が証言して、きちんと作られていることだ。
『ワールド・トレード・センター』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『ワールド・トレード・センター』鑑賞レビュー! 勇気そして生還??これは、真実の物語 『ワールド・トレード・センター』 2006年10月7日より全国超拡大ロードショー 製作国?アメリカ ビスタサイズ/ドルビーデジタル 上映時間?12 ...
ワールド・トレード・センター (とんとん亭)
「ワールド・トレード・センター」 2006年 米 ★★★★★ 私が想像していたものとは若干違いましたが、それでも充分に感動 させていただきました! 同時多発テロ・・・・おぞましい記憶は ワールド・トレード・センター (以後WTC)に、突っ ...
この題材で伝えたいメッセージとは?『ワールド・トレード・センター』 (水曜日のシネマ日記)
同時多発テロの標的となった、ワールド・トレード・センターを舞台に、大惨事から奇跡的に生還した男性たちを描いた実話ベースの物語です。
「ワールド・トレード・センター」試写会レビュー この想いは、どこへ向かうのか。 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
なんとも切なく、やりきれない。テーマソングが頭の中を流れて離れない。そして、ただただ無言になってしまう、そういう映画。
ワールド・トレード・センター (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
              評価:★10点(満点10点) 2006年 129min 監督:オリヴァー・ストーン 主演:ニコラス・ケイジ マイケル・ペーニャ マギー・ギレンホール    マリア・ベロ 【あらすじ ...
リメンバー9.11【ワールド・トレード・センター】 (犬も歩けばBohにあたる!)
2001年9月11日。 ニューヨーク、マンハッタンにあるワールド・トレード・セン
映画「ワールド・トレード・センター」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年53本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「プラトーン」「7月4日に生まれて」のオリヴァー・ストーン監督作品。9.11米国同時多発テロの際、崩落した世界貿易センタービルの瓦礫の中から奇跡的に生還した2人の港湾警察官の感動の実話を映画化。9.11米国同時 ...
ガレキの下で (藻、たくさんの日々。)
今日は、試写会のため有楽町へ。 観たのは、「ワールド・トレード・センター」。 完成披露の試写会だったらしく、 平日の昼間だというのに、会場はいっぱいでした。 9.11テロの際に、 救出のため出動し、生き埋めになった警官の物語(実話)。 絶望感と ...
ワールド・トレード・センター (悠雅的生活)
2001年9月11日。奇蹟の生還。
ワールド・トレード・センター (CINEMA DEPOT's BLOG)
DEPOTのおすすめ度:★★★★☆ 公開日:2006年10月7日 配給:UIP 監督:オリバー・ストーン 出演:ニコラス・ケイジ,マイケル・ペーニャ,マギー・ギレンホール 鑑賞日:2006年10月7日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 2001年9月1 ...
ワールド・トレード・センター (UkiUkiれいんぼーデイ)
2001年9月11日 あの日、世界は人間の悪と善を同時に見た 静かな始まりでした。 いつものように、いつもの1日が始まろうとしていました。 それはジョンとウィルにも、いつもの1日にすぎませんでした。 ストーリーに著しく触れています ...
【劇場鑑賞111】ワールド・トレード・センター(WORLD TRADE CENTER) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
あの日、世界は恐ろしい悪を目撃した。 しかし2人だけは見た。尊い何かを―― 勇気そして生還 これは、真実の物語である。
真・映画日記(4)『ワールド・トレード・センター』 (CHEAP THRILL)
(3から) 午後11時前に新宿グランド座を出て、 新宿プラザへ。 『ワールド・トレード・センター』の11時50分の回を見る。 巨匠・オリバー・ストーンが描いた9・11事件は実にリアリティ。 主演はニコラス・ケイジ。 助演は『クラッシュ』での好演が記 ...
ワールド・トレード・センター (映画を観たよ)
この映画をみた次の日に小型機の事件が。 亡くなった方はいるけどテロじゃなくて良かったと心から思いました。 見る前はキャストや監督、ストーリーを聞いたときから若干商業的なものを意識したのかなっていう印象を受けていました。 若干狙った部分ってものもあ ...
ワールド・トレード・センター 2006-56 (観たよ~ん~)
「ワールド・トレード・センター」を観てきました~♪ 2001年9月11日、港湾警察に勤務するジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)は、いつものとおり仕事に向かった。やがて彼の耳にワールド・トレード・センターに旅客機が突っ込んだとの連絡が入る。状況が ...
★「ワールド・トレード・センター」 (ひらりん的映画ブログ)
2006.10.07の劇場公開初日のナイトショウ(0:10~)で見てきました。 川崎チネチッタの一番でかいスクリーンだったけど、 夜中にしては、けっこう入ってました。 主演はニコラス・ケイジ。 予告で何度も見てたけど、彼だと気づいたのは、つい最近。 役になり ...
ワールド・トレード・センター (金言豆のブログ ・・・映画、本について)
2006年10月7日公開  それにしてもアメリカっつ~国は大したもんです。  映画のネタが無い無いって万年言ってるわりには、テロだの紛争だの、事実に基づいた戦争のネタにはつきないという・・・それだけ継続的にしょっ
ワールド・トレード・センター (BLACK&WHITE)
監督:オリヴァー・ストーン 出演:ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール、マリア・ベロ 9.11の同時多発テロで崩壊してしまったワールド・トレード・センター。 あの日大惨事を目の前にして何
ワールド・トレード・センター (まぁず、なにやってんだか)
「ワールド・トレード・センター」を観に行ってきました。予告を観ただけで涙が出てしまったので、前から観てみたいと思っていたんです。 数名が救助されても、犠牲になった人が多すぎて、「助かってよかった」という気にはとてもなれませんでした。 瓦礫の中 ...
ワールド・トレード・センター(映画館) (ひるめし。)
勇気そして生還―――これは、真実の物語。 製作年:2006年 製作国:アメリカ 監 督:オリバー・ストーン 出演者:ニコラス・ケイジ/マイケル・ペーニャ/マギー・ギレンホール/マリア・ベロ 時 間:129分 [感想] ニコラスさん、顔がコケすぎ・・・。 前半 ...
『ワールド・トレード・センター』 (灯のBOOK&MOVIE FILE)
『ワールド・トレード・センター』(2006/10/19鑑賞) 監督:オリバー・ストーン 出演:ニコラス・ケイジ/マイケル・ペーニャ 製作:2006年/アメリカ 辛くなるかも?重くなるかも?と思いつつ。 やっぱり気になったので観ました。 2001.9.11。 ...
愛と悲しみとWTC (コウカイ日誌)
『ワールド・トレード・センター』見てきました。監督はオリバー・ストーンですが、いつもの彼とは全く違う仕上げ方をしているのがよく分かります。以前の『プラトーン』、『JFK』、『ニクソン』などは自国の政治や政府に対する批判的なメッセージが強いもので ...
『ワールド・トレード・センター』 勇気と生存のストーリー! (銅版画制作の日々)
MOVX京都にて、「ワールド・トレード・センター」を鑑賞した。時間的なこともあり・・・観るのが先送りになっていた。どうしても観たいと思っていた9.11関連では「ユナイテッド93」に続きこの映画が第二弾・・・・。今回はが激突した世界貿易センターでの惨 ...
ワールド・トレード・センター (★試写会中毒★)
満 足 度 :★★★★★★★ (★×10=満点)  監  督 :オリヴァー・ストーン キャスト :ニコラス・ケイジ 、マイケル・ペーニャ 、マギー・ギレンホール 、マリア・ベロ 、スティーヴン・ドーフ 、他 ■ストーリー■   2001.9. ...
「ワールド・トレード・センター」 (建築士のつぶやき)
「ワールド・トレード・センター」 製作年度:2006年 製作国・地域:アメリカ 上映時間 129分 監督:オリヴァー・ストーン 製作総指揮:- 原作:- 脚本:アンドレア・バーロフ 音楽:クレイグ・アームストロング 出演もしくは声の出演 ...
ワールド・トレード・センター (週末映画!)
期待値:74%  2001年9月11日に起こったテロ事件の映画化。 ユナイテッド93がドキュメンタリ
勇気と生還。~「ワールドトレードセンター」~ (ペパーミントの魔術師)
オリバーストーン監督作品ってことで。 しかも題材が題材なだけにものすごく話題になってて。 風化させてはいけない出来事がある。 そしてこの瓦礫の中へ、身の危険も顧みず 救出に向かった勇気ある男たちがいた・・・。 その事実は語り継ぐべきものだとは思ったけど・・...
「ワールド・トレード・センター」 (シネマ・ワンダーランド)
「プラトーン」や「7月4日に生まれて」「アレキサンダー」などの作品で知られる米社会派監督オリヴァー・ストーンが、2001年の9・11同時多発テロを題材に映画化したヒューマン・ドラマ「ワールド・トレード・センター」(2006年・米)。この映画は崩壊した世...
ワールド・トレード・センター (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『勇気そして生還―これは、真実の物語。 いま語り継ぐべきなのは ”悲劇”の中に差し込んだ”希望”の光・・・ 支え合って生きること― 人間のあるべき姿を呼び覚ました感動超大作』  コチラの「ワールド・トレード・センター」は、9.11同時多発テロをオリヴァ...
ワールド・トレード・センター (シネマ通知表)
2006年製作のアメリカ映画。 全米初登場3位、興行成績$70,278,893。 『プラトーン』のオリバー・ストーン監督が、ニコラス・ケイジとマギー・ギレンホールの共演で描いた実録ドラマ。9.11同時多発テロ事件の際、世界貿易センタービルの瓦礫の中から奇跡的に生還した港湾...
ワールド・トレード・センター (Yuhiの読書日記+α)
9.11同時多発テロの標的となったワールド・トレード・センターを舞台に、大惨事から奇跡的に生還した男の姿を描く実話を基にした感動ドラマ。監督はオリバー・ストーン、キャストはニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール他。 <あらすじ> 2001年9...
ワールド・トレード・センター (mama)
World Trade Center 2006年:アメリカ 監督:オリバー・ストーン 出演:ニコラス・ケイジ、マイケル・シャノン、マリア・ベロ、スティーヴン・ドーフ、マギー・ギレンホール、ジェイ・ヘルナンデス、マイケル・ペーニャ 2001年9月11日、午前8時40分過ぎ。ニューヨ...