花ごよみ

映画、本、写真など・

僕等がいた 後編

2012-04-25 | 映画

小畑友紀の漫画を前編、後編と
二部に分けて実写化。
今回はその二部作の後編。

生田斗真と吉高由里子主演。
監督は三木孝浩。

高岡蒼佑、本仮屋ユイカ、
麻生祐未等が前編に続いて共演。
今回は主人公二人の友人として
比嘉愛未が加わります。



前編では幼さの残る恋、
完結編では離ればなれになった、
矢野(生田斗真)と七美(吉高由里子)の、
成長した恋。
二人は遠距離恋愛。

矢野(生田斗真)は、
家庭の事情により東京へ。
七美(吉高由里子)は大学へ進学。

再会を願っていた七美にとって
矢野が不明というつらい事実。

舞台は北海道から東京へと。
別れそして再会。

母への気持ちと高橋(吉高由里子)への愛。
矢野(生田斗真)の心の葛藤。
矢野が一人で抱え込んだ苦しみ、試練。
あまりにも背負うものが重すぎて心が痛みます。

七美(吉高由里子)のどんな状況下でも、
ぶれない心。
七美の矢野に対する切ない
気持ちが伝わってきます。



竹内(高岡蒼佑)の七美への
想いは同情してしまいました。
指輪、もったいない‥

変わらない竹内(高岡蒼佑)の心、
千見寺(比嘉愛未)も優しくていい人。
この二人の結末には一安心。





『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家のボタンが咲きました!! | トップ | 黄金を抱いて翔べ 高村 薫  »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
想い出を〜 (cyaz)
2012-04-27 08:28:24
kazuさん、おはようございます^^
作品としてはというより、
自分の想い出を重ね合わせる映画でした
指輪、確かにもったいないけど、
何か同じような経験を持つ自分としては
納得できる部分でもありました
フラれて強くなるのです、男は(笑)

そうそう、明日から京都に帰ります
この時期の花は蹴上・三室戸の躑躅に、
平等院・興福寺の藤ですかねぇ〜
昨年初めて行った宇治植物公園もいいかな
cyazさんへ (kazu)
2012-04-27 19:55:09
こんばんは

cyazさんはこの作品で
色々思い出されたんですね。
指輪も当事者だったら
きっとあのような
行動をとるんでしょうね。

明日から京都なんですね。
いいですね。
躑躅、藤、牡丹、
山吹、石楠花…
考えるだけでも楽しそうですね。
宇治植物公園
八重桜、チューリップなどが
きれいでしょうね。
楽しい休日をお過ごし下さい。




楽しい日をお過ごし下さい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
No.314 僕等がいた 後篇 (気ままな映画生活)
累計発行部数1000万部を突破する小畑友紀の人気少女漫画を、前後編の2部作で実写映画化。東京へ引越した矢野との再会を夢見て大学進学を果たした七美だったが、待っていたのは最愛 ...
僕等がいた 後篇 (LOVE Cinemas 調布)
高校時代の恋人と東京・北海道間で遠距離恋愛になるも、男の方は女の前から姿を消す…2人の恋の行方は一体どうなるのか。小畑友紀のベストセラー少女コミックスを映画化した後篇。主演はもちろん変わらず『源氏物語 千年の謎』の生田斗真と『ロボジー』の吉高由里子。共...
僕等がいた 後篇 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
高校時代の恋愛がずっと続けられるというのは、何十年も生きてきた自分にとっても理想的だ。矢野、高橋、竹内、山本は見事に大人脱皮できている。若者の目線で表現できている秀作になった。たくましい彼らの生き方を劇場で体験して欲しい。前後篇方式は大成功だ。
僕等がいた後篇(2012-039) (単館系)
僕等がいた 後篇 ユナイテッド・シネマ浦和 前篇 http://katsuhirotani.blog65.fc2.com/blog-entry-1854.html 前篇のラストでは矢野と音信不通となった・・とヒロインの角度から アナウンスしてエンドロ...
僕等がいた 後篇/生田斗真、吉高由里子 (カノンな日々)
題名通り『僕等がいた 前篇』の後篇です。物語の舞台が北海道から東京へと移り高校・大学を卒業し社会へと巣立った主人公たちのその後の恋の行方をドラマチックに描いていきます。 ...
『僕等がいた 後篇』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「僕等がいた」□監督 三木孝浩 □脚本 吉田智子□原作 小畑友紀 □キャスト 生田斗真、吉高由里子、高岡蒼甫、本仮屋ユイカ、      小松彩夏、柄本 佑、比嘉愛未、須藤理彩、麻生祐未■鑑賞日 4月22日(日)■劇場 チネチ...
「僕等がいた 後篇」空白の真実の先にみた月日を経ても出会った頃と変わらなかった2人の絆 (オールマイティにコメンテート)
「僕等がいた 後篇」は小畑友紀原作の「僕等がいた」を映画化した作品で転校した矢野を追いかける高橋が矢野と会えなかった空白の時間を埋めていくストーリーである。後編では高橋 ...
[映画『僕等がいた 後篇』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆よっぽど、私には、この「後編」を見る機会がないのかと思っていたら、ようやく、見ることが出来ました^^  やっぱ、前後編の5時間弱の濃密な愛の物語のパワーには圧倒された。  面白かったっス^^  続きは、お風呂に入ってからです^^    ◇  お風呂を...
『僕等がいた -後篇-』 2012年4月25日 TOHOシネマズ渋谷 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『僕等がいた -後篇-』 を劇場鑑賞しました。 思いっきり泣いてきました 後篇は良かったです 【ストーリー】  高校2年生の冬、矢野(生田斗真)は家庭の事情で釧路から東京に転校するが、彼と七美(吉高由里子)は再会を誓い合う。それから数年後、就職活動に明け暮...
僕等がいた 後篇 (あーうぃ だにぇっと)
僕等がいた 後篇@TOHOシネマズスカラ座
僕等がいた 後篇       評価★★★68点 (パピとママ映画のblog)
『源氏物語 千年の謎』の生田斗真と『婚前特急』『ロボジー』の吉高由里子を主演に迎え、人気漫画を前後編で映画化した純愛物語の後編。今回は舞台を北海道から東京に移し、高校時代に恋に落ちた運命の相手を心から求めつつもなかなか成就しない恋の行方を追い掛ける。前....
僕等がいた 後篇 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
僕等がいた 後篇 '12:日本 ◆監督:三木孝浩「ソラニン」 ◆出演:生田斗真、吉高由里子、高岡蒼佑、本仮屋ユイカ、小松彩夏 ◆STORY◆両親が離婚した矢野元晴は、母親と共に東京に引っ越す事となる。最初のうちは恋人の高橋七美に毎日電話をしていた矢野だが、母親...
僕等がいた 後篇 (銀幕大帝α)
11年/日本/121分/青春ロマンス/劇場公開(2012/04/21) −監督− 三木孝浩 −原作− 小畑友紀『僕等がいた』 −主題歌− Mr.Children『pieces』 −出演− *生田斗真・・・矢野元晴 *吉高由里子『ロボジー』・・・高橋七美 *高岡蒼甫『十三人の刺客』・・・竹...
僕等がいた 後編 (のほほん便り)
物語の舞台は、北海道から、東京へ。高校時代から、学生になり、社会人になり… それぞれの身の上に、過酷な運命も襲ってきます。 でも、「この妙な懐かしさはナニ?」と思ってたら、どこかで読んだ「あすなろ白書」に似てる説に「あ〜、なるほど!」 男性主人公が...