花ごよみ

映画、本、写真など・

本能寺ホテル

2017-01-20 | 映画
監督は鈴木雅之
綾瀬はるか、堤真一、濱田岳等が出演。

信長は堤真一、
森蘭丸には濱田岳。

会社が倒産し解雇。
なんの目的も持たない主人公である
繭子(綾瀬はるか)。

彼女は恋人からプロポーズされ
結婚しょうとする。
恋人の両親の金婚式を祝うため
京都へ向かったが
予約を一ヶ月間違え、
別のホテルを探す。
そこで本能寺ホテルという名のホテルを見つけ
そこにチェックインすることになる。

エレベーターに乗ると、
本能寺の変の一日前に
タイムスリップした繭子。

1582年の本能寺で天下統一を
目指した織田信長と出会う。

本能寺ホテルと安土桃山時代の
エレベーターに乗る度、
現在と本能寺を行き来する繭子。

彼女は織田信長を命を救おうとする。




緊迫した状況でも
ほんわかとした空気が流れる物語。
特に泣けるところもなく
話は別にたいしたことはありませんが、
綾瀬はるかワールドたっぷりで
綾瀬はるかに癒されるといった感じです。
綾瀬はるかのための映画のようでした。

濱田岳も可愛い森蘭丸を演じています。
堤真一の信長は結構いい人で
かっこよかったです、
声がいいです。
信長、現在に連れて来られたら面白いのに。

京都の街並み、記憶にある京の風景が
たっぷり楽しめました。



いつでも過去に行けるようになったら
タイムトラベルツアーを企画して
大もうけできるかも。
でもうまく戻れないかな?












『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪城公園の蝋梅と水仙 | トップ | 金剛輪寺(湖東三山) »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しんちゃん)
2017-01-21 22:58:09
 これでもかこれでもかと綾瀬はるかの全身ショットと、あえてセーターを着せたとしか思えないサービスショットばかりでした(笑)
いい目の保養が出来ました(爆)

 それにしても惜しいのは、書写山円教寺さえロケ地に選ばなければ、京都の名所をすべて字幕スーパーで出せたのにね(笑)
しんちゃんへ (kazu)
2017-01-21 23:38:07
こんばんは

ほんとあえてあの白いセーターを
着せたんでしょうね(笑)
目の保養たっぷりできましたね。
書写山円教寺以外はすべて京都の
名所でした。
円教寺はちょっと残念でしたね。
でもあのシーン、円教寺の景色ならではってのもありました。
Unknown (shiho)
2017-01-21 23:56:16
面白い映画でしたね♪
私もあの白いセーター・・・気になりました(笑)

あの金平糖も時々食べてます。
お店の場所も分かるし あちこちが知ってるとこなので身近に感じました。

それと、海賊の方の蒸気機関車のシーン分かりました!
shihoさんへ (kazu)
2017-01-22 22:41:59
こんばんは

あの白いセータ-、
印象強すぎですね。
金平糖、食べられているんですね。
結構shihoさんにとっては
身近に感じる映画なんですね。

蒸気機関車のシーン分かりましたか。
よかったです!!
ホテル本能寺~ (cyaz)
2017-01-24 18:23:49
kazuさん、こんばんは^^

京都を知る人だったら、随所に目にしたことのある風景がありましたよね!
内容は少し期待してたほどではなかったですが(汗)
先週、京都に帰っていたので、本能寺行って来ました。
ホテル本能寺ってあるんですね(笑)?
全然知らなかったです(汗)
ついでに御金神社にも寄って来ました!
cyazさんへ (kazu)
2017-01-24 20:57:44
こんばんは

見たことのある京都の風景
楽しめました。
内容はほんとたいしたことがなかったですね。
京都に帰られて本能寺行かれたんですね。
本能寺には行ったことがありません。
一度訪れたいです。
ホテル本能寺あるんですよ。
私も最近知りました。
御金神社も行かれたんですね。
金運アップするかもですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『本能寺ホテル』 2017年1月15日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『本能寺ホテル』 を鑑賞しました。 今週は新作公開が少ない。 パスポートでの鑑賞は18本目である。 (14~17本目は再観) 【ストーリー】  倉本繭子(綾瀬はるか)は、会社の......
劇場鑑賞「本能寺ホテル」 (日々“是”精進! ver.F)
凄い奴がいた… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201701140000/ 映画「本能寺ホテル」オリジナル・サウンドトラック [ 佐藤直紀 ]
映画「本能寺ホテル」を観ました!!(2017-01) (馬球1964)
映画「本能寺ホテル」を観ました!!
本能寺ホテル  監督/鈴木 雅之 (西京極 紫の館)
【出演】  綾瀬 はるか  堤 真一  濱田 岳  風間 杜夫 【ストーリー】 倉本繭子は、会社の倒産を機に恋人の吉岡恭一にプロポーズされ、恭一の両親の住む京都へ向かう。京都に着......
映画「本能寺ホテル」 (FREE TIME)
映画「本能寺ホテル」を鑑賞しました。
本能寺ホテル (勝手に映画評)
ネタバレあり。 主演の綾瀬はるか。女性の年齢を言うのはアレですが、三十路を迎えても、いい演技しています。結婚を迷っている女性。年相応の役ですしね。でも彼女、不思議です......
本能寺ホテル (2017) 120分 (極私的映画論+α)
 京都ガイドブック?(笑)
映画 「本能寺ホテル」 (徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”)
監督 鈴木雅之、主演 綾瀬はるか、堤 真一となれば、2011年の映画「プリンセストヨトミ」と同じようなものと思ったのですが・・・どこか違うので、原作者を調べると、映画......
『本能寺ホテル』('17初鑑賞04・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 1月18日(水) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン7にて 12:40の回を鑑賞。
本能寺ホテル ★★★・5 (パピとママ映画のblog)
「プリンセス トヨトミ」の鈴木雅之監督と綾瀬はるか、堤真一が再びタッグを組んで贈る歴史エンタテインメント。ひょんなことから戦国時代に迷い込んだ現代人の女性が、織田信長......
本能寺ホテル (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2017/01/14公開 日本 120分監督:鈴木雅之出演:綾瀬はるか、堤真一、濱田岳、平山浩行、田口浩正、高嶋政宏、近藤正臣、風間杜夫 私が過ごした一日は、信長の最後の一日だった STORY:......
『本能寺ホテル』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「本能寺ホテル」□監督 鈴木雅之□脚本 相沢友子□キャスト 綾瀬はるか、堤 真一、濱田 岳、平山浩行、田口浩正、風間杜夫■鑑賞日 1月15日......
本能寺ホテル (映画的・絵画的・音楽的)
 『本能寺ホテル』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思って映画館に行きました。  本作(注1)の冒頭では、ビスマルクの言葉「愚者は経験から学ぶ。賢......
本能寺ホテル (そーれりぽーと)
観たい映画が何も無いのに、TOHOシネマズの日だったので、なんとなく行っとかなきゃと思って選んだ『本能寺ホテル』を観てきました。 ★★★ 綾瀬はるかの癒しキャラで和む。 堤真......
本能寺ホテル (だらだら無気力ブログ!)
個人的には薄味でイマイチ。
本能寺ホテル (映画好きパパの鑑賞日記)
 現代から本能寺の変の前日にアラサー女性がタイムスリップというプロットは普通なんだけど、脚本と演出に正直首を捻りました。でも、豊かな胸を強調した綾瀬はるかのシーンが多......
織田信長のいいひと感はんぱない。(爆)~「本能寺ホテル」~ (ペバーミントの魔術師)
綾瀬はるか×堤真一といえば、プリンセストヨトミ。役柄は違うんだけども、かもしだす雰囲気がどことなく似てませんでしたか?綾瀬はるかって黙ってるとすんごくきっちりしたしっ ......
「本能寺ホテル」本能寺前日にタイムスリップした先にみた信長の運命に逆らわない先見...... (オールマイティにコメンテート)
「本能寺ホテル」は本能寺のあった場所のホテルを舞台に婚約者の両親と挨拶のために訪れた女性がひょんな事から本能寺前日にタイムスリップしてしまいそこで本能寺の歴史を目撃し......
『本能寺ホテル』を109シネマズ木場4で観て、胸と足首と心根を評価したいふじき★...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲綾瀬はるかの乳の何とごつい事よ。 五つ星評価で【★★★映画自体は面白いと明白に断言しづらい。この星三つはあくまで綾瀬はるかの胸と足首と心根に対しての評価であります......
本能寺ホテル (C’est joli ここちいい毎日を♪)
本能寺ホテル '17:日本 ◆監督:鈴木雅之「HERO」「プリンセス トヨトミ」 ◆主演:綾瀬はるか、堤真一、濱田岳、平山浩行、風間杜夫、高嶋政宏、近藤正臣 ◆STORY◆何の疑いもなく流...