花ごよみ

映画、本、写真など・

ノルウェイの森

2010-12-22 | 映画

原作は遙か遠い昔に読んだので、
内容は頭の中からかなり消えています。
でも「ノルウェイの森」に対しての
新聞やテレビでの露出が、
あまりに多いせいで、
徐々に記憶が蘇ってきました。

監督はトラン・アン・ユン。

出演は松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、
霧島れいか、高良健吾、玉山鉄二、初音映莉子等

ワタナベ(松山ケンイチ)が主人公。
高校時代、親友のキズキ(高良健吾)を失う。
過去を振り切る為に、
知り合いのいない東京の大学へ。
そんなある日、キズキの元恋人、
直子(菊地凛子)と出会ってしまった。

それ以来、2人は、
お互いの傷を修復するかのように、
つきあい始める。



愛するものを亡くした哀しみは
癒すことなどは不可能なことなのか。
深くつきあうにつれ
直子(菊地凛子)自身の、
喪失によりもたらされた心の傷は、
余計に深まって、
心を病みながら
悲しく切なく生きるしかなかった。

ワタナベの周囲の人間が3人、
自ら命を絶つ。
暗闇からの逃避はできなかったのか。
心の痛みと虚無感、喪失感、絶望感。

10代~20歳、
完成されない心と体。
少年と大人の狭間
優しくて傷つきやすい不安定な精神。

そんな登場人物達の繊細な心、
はかなさ、弱さを映画は表現しています。




アップが多いので
映画の中で出演者の顔、
揺れ動く表情を、
心の中をすかし見るかのように
まじまじと目で追っていました。
こんなことは今までの経験では、
あまりなかったような気がします。

季節毎に変化する美しい高原の風景。
このロケ地の砥峰高原に、
昨年、ススキの季節に行っています。
知っている場所がロケ地になっているので
なつかしく、とてもうれしかったです。

砥峰高原の記事は→こちらです。










『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« OSAKA光のルネサンス 光のフ... | トップ | OSAKA光のルネサンス イース... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。はじめまして。 (鍼原神無〔はりはら・かんな〕)
2010-12-26 11:22:32
ご挨拶、遅くなりましたが、Drupal.cre.jpとのTBやりとり、ありがとうございました。

>映画の中で出演者の顔、揺れ動く表情を、
>心の中をすかし見るかのようにまじまじと目で追っていました。

映画は、アップに印象的なとこ少なくなかったですよね♪
ロングはロングで、強く響いてくる美しさがあったし。

良かったと思います。
鍼原神無さんへ (kazu)
2010-12-26 14:05:58
こんにちは~

こちらこそTBありがとうございます。
言葉はなくても
表情で心の動きを感じられるような
演出でした。
ロングも風や光をうまくとらえられていてよかったですね。
日本インターネット映画大賞募集中 (日本インターネット映画大賞)
2010-12-26 15:54:34
突然で申しわけありません。

現在,2010年の映画ベストテンを選ぶ企画
「日本インターネット映画大賞」を開催中です。
投票締切は1/20(木)。
ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
唇ばかり(笑) (しんちゃん)
2010-12-26 22:11:35
 今の若い子の唇って、アヒル口が多いんだなぁって思いながら見てました(笑)

 で、原作また読み直した私。
この映画はなかなか原作に忠実だったなぁ・・・
日本インターネット映画大賞さんへ (kazu)
2010-12-26 23:27:53
こんばんは~

ご紹介ありがとうございました。
しんちゃんへ☆ (kazu)
2010-12-26 23:32:28
こんばんは^^

また読み直されているんですね。
私はもう細かいことは忘れましたが
結構原作に忠実だったんですね。
なるほど。
唇、気をつけて見ませんでしたが、
そうなんですね(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ノルウェイの森 (Akira's VOICE)
愛は続く。どこまでも。  
喪失と再生~『ノルウェイの森』 (真紅のthinkingdays)
 1967年。親友のキズキ(高良健吾)を喪ったワタナベ(松山ケンイチ)は、上京し 大学生活を送っていた。ある日、ワタナベはキズキの恋人だった直子(菊地凛子) と再会する。  村上春樹による、世界...
印象記:映画『ノルウェイの森』描かれる苦しみと美しさ (Drupal.cre.jp)
 映画版『ノルウェイの森』、一般公開初日に観てきました。  張り詰めた美しさの画像が、観客を引き込みます。  それも、力任せにぐいぐい引き込むタイプではなくて、浜辺で満ち引
ノルウェイの森 (いい加減社長の日記)
いまいち、迷いはあったものの、マツケンは好きだし、村上春樹も気になって。 公開日の夕方に「ノルウェイの森 」を鑑賞(更新は遅くなったけど^^;)。 「UCとしまえん 」は、土曜の夕方にしては、少なめかな。 「ノルウェイの森 」は、中くらいのスクリーンで...
「ノルウェイの森」愛の森を彷徨った末にみた愛の形にできなかったショックの悲しみ (オールマイティにコメンテート)
12月11日公開の映画「ノルウェイの森」(PG12指定)を鑑賞した。 この映画は村上春樹原作の「ノルウェイの森」を映画化した作品で、 高校時代に親友を失った青年が 東京で親友の ...
ノルウェイの森 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
将来のノーベル文学賞候補である作家の映画化は、非常にハードルが高い。映画化した製作陣にも、それを見て解釈する観客にも、両者にとってハードルが高い。しかし原作を読んでいなくても、青春の残酷さが痛いほど伝わってきた。映像が伝える力を持っている。成功作だと思...
『ノルウェイの森』(2010・日本) | "映像化不可能"の定説をくつがえした記念碑的作品 : 23:30の雑記帳 (23:30の雑記帳)
結論からいうと、私は大絶賛します。映像化絶対不可能といわれていた小説をよくぞここまで表現しきりました。トラン・アン・ユン監督に、どっぷりと深い森の中へ導かれました。限られた尺の中で、これほどの仕事を成し遂げた監督の手腕を褒め称えたいです...
ノルウェイの森 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
村上春樹の最高傑作「ノルウェイの森」が1987年に発表され、20年以上の時を経て世紀を越えて人々の心を動かしてきた物語が映像化される。 物語:高校時代の唯一の親友キズキを突然 ...
ノルウェイの森 (花のように …美術・音楽・映画鑑賞日記…)
ノルウェイの森を観て来ました。
映画 『ノルウェイの森』 (Death & Live)
『ノルウェイの森』 音楽がとても良かったですね。配役も素晴らしい。原作は未読ですが、「こういう世界を描きたかったんだろう」と思わせる適役でした。 小説を映画化すると、どうしても原作の感情表現や位置関係が、
ノルウェイの森 (映画的・絵画的・音楽的)
 大昔のことでぼんやりとしか覚えてはおりませんが、やはり原作を読んだからということで、『ノルウェイの森』を見に日比谷のTOHOシネマズ スカラ座・みゆき座に行ってきました。 (1)この...
ノルウェイの森 (2010) 133分 (極私的映画論+α)
 NORWEGIAN WOODって本来は「ノルウェー製家具」だそうです。
ノルウェイの森 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ノルウェイの森'10:日本◆監督: トラン・アン・ユン「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」「シクロ」◆出演:松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、高良健吾、霧島れいか、初音映莉子、玉 ...
ノルウェイの森 (悠雅的生活)
わたしがいたことを覚えておいてほしいの。。。
『ノルウェイの森』 (こねたみっくす)
僕はどこにいるんだろ? 深い森を彷徨うように深い心の奥底で彷徨っていたワタナベがこの言葉に辿り着いたとき、彼が感じた幸せとはいったいどんなものだったのでしょうか。 現代 ...
ノルウェイの森 そうだ、あの森はたしかに深く暗い (労組書記長社労士のブログ)
【=2 -0-】 
ノルウェイの森 【死と生と 光と闇と 愛と性】 (猫の毛玉 映画館)
『ノルウェイの森』 NORWEGIAN WOOD 2010年・日本 村上春樹の1987年のベストセラーをトラン・アン・ユン監督が映画化。  ノルウェイの森…と聞いて初めに思い浮かぶのはノルウェイジャン・フォレスト・...
映画『ノルウェイの森』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-82.ノルウェイの森■配給:東宝■製作年・国:2010年、日本■上映時間:133分■鑑賞日:12月19日、吉祥寺オデヲン座(吉祥寺)■入場料:1,000円スタッフ・キャス...
ノルウェイの森 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『深く愛すること。 強く生きること。』  コチラの「ノルウェイの森」は、1987年に刊行された村上春樹の同名小説を映画化したPG12指定の12/11公開の青春映画なのですが、観て来ち ...
■映画『ノルウェイの森』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
正直、観ている時は「あんまり面白くない…」と思ったのです。 でも、家に帰っていろいろ思い返している内に、どんどん素晴らしい作品だと思えてきました。 愛する人を失った人間と、愛する人を支えられない人間が抱く、喪失感と絶望感を描いた映画『ノルウェイの森』...
ノルウェイの森 (食はすべての源なり。)
ノルウェイの森 ★★★☆☆(★3つ) 意外な評価で★4つ。 これは相当期待してなかったところによる、意外点が入っているのですが。 原作を期待してはダメ。 ストーリー展開もぶつ切りだし、全然つながってないんだけど、映像と音楽がきれい。 ワンシーン、ワンシ...
観ました、「ノルウェイの森」 (オヨヨ千感ヤマト)
原作の大ファンなので、観ないわけにはいかないなあと。またDVDでの視聴だったので
【映画】ノルウェイの森…コレすげぇ嫌い。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
まずは近況報告から。 2013年1月4日(金曜日)は、仕事始めで、夜勤スタート。 仕事が嫌いとか、会社に行きたくないとか、そういう感覚とは割と遠いところにいる(つもりの)私ですが、やっぱり休みの方が好き。 2013年1月5日(土曜日)は、息子が関東に戻るというので...