花ごよみ

映画、本、写真など・

雪煙チェイス  東野圭吾

2017-04-02 | 本 な、は行(作家)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

大学生が犯罪の疑いをかけられ
その容疑を晴らすため
アリバイを証明してくれる
スノーボーダーの女性を探しに
スキー場に向かう。

舞台は日本屈指の広大なゲレンデ。

白銀ジャック、疾風ロンドなど
と同じくゲレンデシリーズの一つ。

大学生を追いかけるのは
本庁より先に捕らえることを
命じられた所轄刑事の小杉と白井。

根津さん、千秋も絡んでいきます。
雪上結婚式などもあって楽しい展開。

テンポがよく読みやすい物語でした。
元々大学生が犯人ではないと、
分かっているので
安心して読み進めることができました。
この作品は犯人を探すことに、
重点を置かれていなくて、
アリバイを証明してくれる女性を見つけ
冤罪を晴らすのが
メインとなっています。

暗さ、深さは全くなくて
後には残らないですが
愉快な小説でした。



『小説』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蜂蜜と遠雷  恩田陸 | トップ | 宇治市植物公園の桜 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (苗坊)
2017-05-20 20:21:43
こんばんは。
「恋のゴンドラ」のように軽い気持ちで読めるのですが、こちらは内容は軽いとは思わなかったです。
大学生の2人が無罪ということは分かっていますが、ちゃんと「女神」は現れるのか、そして誰なのか、気になって読む手が止まりませんでした。
根津さんたちも出てきたうえに素敵な展開もあって良かったです^^
苗坊さんへ (kazu)
2017-05-20 22:54:16
こんばんは

「恋のゴンドラ」よりは
軽くなかったですね。
大学生の無罪を証明する女神が
現れるのか気になって読み急いで
しまいました。
面白かったです。
根津さんたちも登場しましたね^^

コメントを投稿

本 な、は行(作家)」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

雪煙チェイス 東野圭吾 (苗坊の徒然日記)
雪煙チェイス (実業之日本社文庫)著者:東野圭吾実業之日本社(2016-11-29)販売元:Amazon.co.jp 殺人の容疑をかけられた大学生の脇坂竜実。彼のアリバイを証明できる唯一の人物―正体不明 ......
『雪煙チェイス』 東野圭吾 (じゅうのblog)
「東野圭吾」のミステリ小説『雪煙チェイス』を読みました。 [雪煙チェイス] 「東野圭吾」作品は、先月、読んだ『恋のゴンドラ』以来ですね。 -----story------------- 殺人の容疑をかけ......