花ごよみ

映画、本、写真など・

ワーキング・ホリデー 坂木 司

2012-11-16 | 本 さ、た行(作家)


ワーキング・ホリデー (文春文庫)

主人公は元ヤンキーで、
現在はホストの沖田大和。

大和と息子の進、夏休み限定の、
親子の心の交流を描いています。


小学生の進が、
大和の息子として突然出現。

その息子はしっかり者で、
家事までこなす、
大和にとっては、
勿体ないほどいい息子。

おいしい料理を作る、
所帯じみた小学生と、
どちらが親か分からないような、
子供みたいな父親。

思いがけず息子と暮らすことになった大和は
宅配便ドライバーに転身。

でも使うのは
「ハニービー・キャリー」というリヤカー。

友人達の助けを借りながら、
大和は成長、
だんだん父親らしくなっていきます。

運送会社の人達、ホスト仲間の雪夜、
オーナーのジャスミン、客のナナ…
本に出てくる登場人物は、
みんな魅力的で心優しいいい人。
魅力たっぷりの人物なんです。

物語の展開もいい感じで、
後半は一気読み。

ほのぼの感のある物語で、
少しほろっとしたり、
クスッと笑えたり…
読んでいて楽しかったです。

11月17日に映画公開です。
映画化されると知って
買ってあった本を読みました。

公式サイトは→こちらです。


『小説』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪の教典 | トップ | 大阪城公園のイチョウ並木 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (苗坊)
2012-11-16 20:35:12
こんばんは。
この作品好きです^^
大和と進の関係が可愛らしいですよね。
最初はぎこちなかったですけど、だんだん親子っぽくなっているのが読んでてほほえましかったです。一気読みでした。
今年、続編が出ましたよ^^「ウィンターホリデー」という本です。こちらも良かったです。
苗坊さんへ  (kazu)
2012-11-16 22:33:35
こんばんは

TBありがとうございました。

大和と進の関係、
いいですよね~
初めはぎこちない二人でしたが
ちゃんとした親子になっていましたね。

続編、教えて頂きありがとうございます。
「ウィンターホリデー」今度は冬休みかな?
おもしろそうですね。
kazuさんへ (たんぽぽ)
2012-11-17 10:49:59
kazuさんのブログを読んでいる途中で
映画化されたら面白いな~って思っていたら
やっぱり映画化されるんですね。

面白そうだな~。見てみたい気がします。
たんぽぽさんへ (kazu)
2012-11-17 19:16:13
こんばんは

たんぽぽさんの
予想ばっちりあいましたね。
映画化されるんですよ。
本に関して言えば
親子の関係がユーモラスで
楽しめました。

映画も面白いといいですね。
原作の面白さが~ (cyaz)
2012-11-18 07:55:28
kazuさん、おはようございます^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

映画は限られた範囲での上映となりますね。
AKIRAというイメージではないような気がしますが、
原作の面白さが伝わればいなぁと思います。
他2作もオススメですのでぜひ^^
cyazさんへ (kazu)
2012-11-18 09:49:34
おはようございます

こちらこそTB&コメント
ありがとうございました。

映画化を知ってから読み始めたので
AKIRAをイメージして読んでいました。
映画化を知らないうちに読んでいたら
違っていたかもしれないですね。

他2作も、面白そうですね。
読んでみたいです。
苗坊さんからの紹介の、
この本の続編「ウィンターホリデー」も
興味あります。


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ワーキング・ホリデー 坂木司 (苗坊の徒然日記)
ワーキング・ホリデー著者:坂木 司販売元:文藝春秋発売日:2007-06おすすめ度:クチコミを見る オススメ! ホストクラブに突然やってきた少年進は、元ヤンのホスト、ヤマトのこと ...
坂木 司著/3作品 (京の昼寝~♪)
坂木 司著/3作品 どなたかのブログの読書感想でこの著者のことを知り読んでみました。とても読みやすく、無駄のない文章と物語の流れが好きになり、とっかかりは「ワーキング・ホリデー」でしたが、続けて3冊読破となりました。こういう小説は、不快な通勤電車での中で...