花ごよみ

映画、本、写真など・

月の満ち欠け   佐藤正午

2017-07-23 | 本 さ、た行(作家)

月の満ち欠け 第157回直木賞受賞

まるで月の満ち欠けのよう
何回も何回も生まれ変わる。

愛する人に会うため、
生と死を繰り返す。
転成の話。

前前前世の愛の物語。

年代を超えた瑠璃という名の
女性の登場。

度々出てくる言葉「琉璃も玻璃も照らせば光る」
つまらぬものの中にあっても
光を当てれば多くのものに混じっていても
美しく輝く。
どこにまぎれていても
その人が瑠璃だと分かる。

繰り返しの子供。
前世を記憶する子供。
命はリレーのように。

生まれ変わっても
もう一度会いたいという想い。

あり得ない話なのに
真実みも感じられ
不思議とすらっと読むことができました。

それぞれの瑠璃に引きこまれます。

込み入った人間関係、
どの瑠璃か分からなくなって
読んでいる途中に
名前を書き出しました。

直木賞受賞されました。
まだ受賞されていなかったとは
ちょっと意外。   




『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 罪の声  塩田 武士 | トップ | 月と雷  角田光代 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本 さ、た行(作家)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「月の満ち欠け」 佐藤正午著 岩波書店刊 (事務職員へのこの1冊)
祝直木賞受賞! 今回は柚木麻子、「敵の名は、宮本武蔵」の木下昌輝、人気作家宮内悠介、決戦シリーズでおなじみの佐藤巌太郎(しかも候補作は文春刊行)という強敵を押しのけ......