花ごよみ

映画、本、写真など・

64(ロクヨン) 横山 秀夫

2013-03-11 | 本 ま、や行(作家)

64(ロクヨン)

昭和64年に起きたある事件、
その事件に関与した人々の心の振幅。

対立する二つの組織、
刑事部と警務部、
警察とマスコミ。

情報公開、家族の問題、
それぞれの場面で、
板挟みになり苦悩する、
元刑事の広報官、
三上がこの小説の主人公。

ページ数647ページの分厚さ。
内容もまた重厚でした。

葛藤を乗り越え
警務部の広報という、
自分の立ち位置、
居場所を自覚し、
一歩前に進んでいくようになった三上は
魅了的でかっこよかったです。

最初は多い登場人物に、
とまどいを感じましたが
だんだん気にならなくなってきます。

主人公の感情の行方、
被害者家族の悲しい執着、
張り巡らされた伏線、その回収
保身のため隠蔽された警察内部事情、
物語の行く先が気になって、
ページを繰る手が止まりません。

濃密なストーリーのこの小説に入り込み、
共感し、涙し、緊迫感を味わいました。
読み応え十分でした。

あ~読み終えたという、
達成感を得たような気分です。



『小説』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪城公園梅林に咲く梅の花 | トップ | 青梗菜(チンゲンサイ)の花 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yori)
2013-04-18 23:08:17
kazuさん こんばんは
久しぶりの横山さん、堪能しました。
組織としての警察を書かせたら、
やっぱりこの人ですね!!!
yoriさんへ (kazu)
2013-04-19 19:43:22
こんばんは

横山さん、
ほんと久しぶりでした。
警察組織を書かせたら
この人はやっぱり
最高の存在でしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『64』 (観・読・聴・験 備忘録)
皆様、あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 横山秀夫 『64』(文藝春秋)、読了。 さて、年越しで読んだのはヒット中の本作。 古本一家において、珍しく母が新刊...
64(横山秀夫) (Bookworm)
面白かった~!
「64」 横山秀夫 (映画と本の『たんぽぽ館』)
明日のためにではなく、今日のために今日を使い切る 64(ロクヨン)横山 秀夫文藝春秋             * * * * * * * * * 組織内で押しつぶされそうな個人・・・、でもその中で生きる道が開けていく感動作 D県警の広報が記者クラブと加害者...
横山秀夫/「64 ロクヨン」/文藝春秋刊  (ミステリ読書録)
横山秀夫さんの「64 ロクヨン」。 警察職員二十六万人、それぞれに持ち場があります。刑事など一握り。大半は光の当たらない縁の 下の仕事です。神の手は持っていない。それでも誇りは持っている。一人ひとりが日々矜持を もって職務を果たさねば、こんなにも巨...
真骨頂の長編 (活字の砂漠で溺れたい)
横山秀夫は短編がいい、 個人的にはそう思っている。 横山さんの世間的には極めて評価の高い長編、 「半落ち」や「クライマーズ・ハイ」を読んでも、 確かに良い小説だとは思 ...
64(ロクヨン)/ 横山秀夫 著 (ただの映画好き日記)
D県警の広報が記者クラブと加害者の匿名問題で対立する中、警察庁長官による、時効の迫った重要未解決事件「64(ロクヨン)」視察が1週間後に決定した。
64(ロクヨン) 横山秀夫著 文春文庫 (極私的映画論+α)
 4月よりNHKでドラマ化、来年佐藤浩市主演で2部作で映画化だとか