花ごよみ

映画、本、写真など・

怒り

2016-09-21 | 映画
原作は吉田修一の小説。
李相日監督が映画化。

渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、広瀬すず、
綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡等が出演。

犯人未逮捕の凶悪事件が東京で発生。
現場に「怒」という文字を残していった犯人は
顔を整形し逃亡。

千葉、東京、沖縄と離れた場所に
前歴不詳の男が現れる。
犯人かと疑われるその男達に
関わりを持った人々のドラマを描いています。

犯人逃亡から1年後、
千葉で洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)の
前に前歴が不明な田代(松山ケンイチ)が現れる。




東京で優馬(妻夫木聡)は
身元不明の直人(綾野剛)と出会い、


沖縄では泉(広瀬すず)はこれも
怪しい田中(森山未來)と出会う。



俳優達それぞれが見応えのある
魅力的な演技を見せてくれました。

を読んでいたので犯人と結末は
分かっていたので
ドキドキ感はなく、
割と落ち着いて見ることができました。。

3つのストーリーが音声だけ残しつつ
他の場所へと映像が変わり
展開して行く様は
うまく作られています。

不安と疑念にとりつかれ
信じたいのに信じられない苦しさ、
人間の弱さが濃密なストーリーの中に
埋め込められていて
やりきれない哀しみと切なさが
心に深くズシンと重く残ってしまいました。








『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稲淵の彼岸花 | トップ | 元興寺に咲く花々 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しんちゃん)
2016-09-22 22:09:02
 映像は本当にわかりやすいですよね(笑)
この映画を見てつくづく感じました。
私もkazuさんと同じようなことを書きましたが、Aの場所の画面でBの場所でのセリフなども演出的に面白かったです。

 比較的原作に忠実に映像化されていたことは評価したいですね。

 ただ、原作よりも随分と気が滅入りましたが(笑)
しんちゃんへ (kazu)
2016-09-23 12:23:57
こんにちは

映像で見るとほんと分かり安かったです。
頭の中にす―っと入ってきます。
場面の移動うまく演出されていましたね。
原作とは別物の映画も多いですが
今回は原作に忠実に作られていました。
やっぱり映像化するときつい場面を
目にしなければならないので気が滅入ってしまいますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『怒り』 2016年9月6日 よみうりホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『怒り』 を試写会で鑑賞しました。 このキャストであれば納得の出来栄えです。 【ストーリー】  八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され......
怒り (Akira's VOICE)
しんどい。 人間ってしんどいよ。(´;ω;`)ブワッ だが希望はある!(´・ω・)キリッ
怒り (あーうぃ だにぇっと)
怒り@一ツ橋ホール
収まらない感情。『怒り』 (水曜日のシネマ日記)
現場に「怒」という血文字が残った未解決殺人事件から1年後の千葉、東京、沖縄に現れた身元不明の男性を取り巻く人間模様を描いた作品です。
「怒り」@東宝試写室 (新・辛口映画館)
 Yahoo!映画ユーザーレビュアー試写会。客席は満席。           映画の話  八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が......
怒り (2016) 141分 (極私的映画論+α)
 この中に・・・真犯人が?!
「怒り」 (ここなつ映画レビュー)
愛する者が、信じた者が、もし残忍な殺人犯だったら…。渾身のラブストーリーだった!不覚にも落涙。愛を、信頼を、疑い出した時の苦悩。裏切られたと思った時の絶望感。自分自身......
怒り ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「悪人」の李相日監督が再び吉田修一の小説を原作に、実力派俳優陣の豪華共演で贈るヒューマン・ミステリー・サスペンス。残忍な殺人事件が発生し、犯人が逃亡して1年後、千葉・......
「怒り」情報を知って疑念を抱いた先にみた情報を信じ込む先に潜む真実から遠ざける疑...... (オールマイティにコメンテート)
「怒り」は八王子で起きた凄惨な殺人事件から3つのストーリーが展開し、その事件によって翻弄される3つストーリーの登場人物たちが翻弄されていく事になるストーリーである。1......
怒り (我想一個人映画美的女人blog)
「悪人」(10)の原作・吉田修一✖︎李相日(り・さんいる)監督再びタッグ。 「悪人」はそんなに好きじゃなかったけど、気になってたので初日に鑑賞。 随分とまた豪華キャス......
怒り (映画的・絵画的・音楽的)
 『怒り』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)同じ原作者の小説を同じ監督が手掛けた『悪人』(2010年)がなかなか良かったので、本作もと思い映画館に行ってきました。  本作(注......
「怒り」涙さえ出てこなかった…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[怒り] ブログ村キーワード  日本映画界を代表すると言って過言ではない、豪華俳優陣が集結!「怒り」(東宝)。重厚な、本当の意味で“重い”映画です。  東京・八王子で夫婦......
映画「怒り」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『怒り』(公式)を先日、TOHOシネマズ試写会にて鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら65点にします。なお、原作:吉田修一氏小説『怒り』は未読。 ......
怒り (試写会) (風に吹かれて)
犯人は 今いずこあなたは殺人犯? 公式サイト http://www.ikari-movie.com9月17日公開 原作: 怒り (吉田修一著/中央公論新社)監督: 李相日  「フラガール」 「悪人」 
怒り (to Heart)
あなたは殺人犯ですか? 上映時間 141分 原作 吉田修一『怒り』(中央公論新社刊) 脚本 監督 李相日 音楽 坂本龍一 出演 渡辺謙/森山未來/松山ケンイチ/綾野剛/広瀬すず/原日出子/池脇......
疑い、そして・・・ (笑う社会人の生活)
4日のことですが、映画「怒り」を鑑賞しました。 東京・八王子で起こった残忍な殺人事件 犯人は現場に「怒」という血文字を残し 顔を整形し逃亡した。それから1年後 千葉 洋平と......