花ごよみ

映画、本、写真など・

日輪の遺産

2011-08-28 | 映画

時代は太平洋戦争が終わる寸前の夏。

マッカーサーが、
フィリッピン撤退の際に、
隠した財宝を日本が奪い、
その財宝を戦後の復興のために役立たせようと、
隠匿する命を受けた帝国陸軍将校。
そのために勤労動員された20名の少女。

浅田次郎作の同名小説が原作。

主演は堺雅人、
監督は佐々部清。

帝国陸軍の真柴少佐(堺雅人)に、
課せられた重大な密命。

200兆円のマッカーサーの財宝の
隠匿せよという極秘任務を課せられます。

勤労動員された少女たち20名の運命は……。



たった一人生き残った、
女学生(八千草薫)の回顧を軸に、
封印を解かれた終戦間近の話が、
展開していきます。

軍隊のエリート少佐、真柴に堺雅人、
大蔵省から出向された中尉小泉に福士誠治、
帰還した曹長、望月には中村師童。



一見、マッカーサーの財宝の謎が、
メインテーマのような
原作と比べると、
かなり内容が、
簡略化していています。
宝探しのミステリー部分をそぎ落とした分
本来のテーマである戦争の悲しみが、
際だつよううまく構成され
映画がまっすぐで、
分かりやすくなったと思います。

真柴少佐(堺雅人)、
小泉中尉(福士誠治)望月曹長(中村獅童)
教師のユースケ・サンタマリア
彼らの見事な演技は、
安心して見ていられました。

軍人の子供である一人の少女の行為は、
国のためという、
この時代に生きているものの、
頭に刻まれたひたむきさ故なのか
あまりにもやるせなくて悲しいです。

いつものことながら浅田次郎の作品は
泣かされます。

一年前になりますが、
本も読んでいます。
感想は→こちらです。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おふさ観音 風鈴とバラ | トップ | 人面メロン?! »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (よりりん)
2011-08-29 01:22:26
相変わらず早っ!!
私も、これはチラシももらってきて、気になってる映画なのですが、行けるかな〜、どうかな〜?
まあ、9月になって、レディースデイに時間が取れれば行こうかな・・・。
原作よりも戦争に関するテーマが主流になっているんですね。
堺雅人さんは、もう何の役でも安心してみていられる俳優さんですね♪
ユースケは、なんかちゃらちゃらしててあんまりスキじゃないのですけど、こういう俳優業になると結構普通にシリアスな役とかこなすんですよねぇ〜笑。
よりりんさんへ (kazu)
2011-08-29 20:21:42
こんばんは

もう見てきましたよ〜
戦争がテーマになっていて
原作に出てくる
金塊をめぐる現代の変な人達は
出ていません。
堺雅人さんはどんな役でも
うまくこなしますよね。
ユースケもよかったです。
生徒思いのいい先生を演じていましたよ。
涙〜 (cyaz)
2011-09-01 12:30:47
kazuさん、こんにちは^^

何故か夏場は戦争テーマの映画が多いですね(笑)
『一枚のハガキ』、『シャンハイ』等もそうですね
終盤のあの女学生たちの行動に、
涙が止まりませんでした
佐々部監督にやられたって感じです(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「日輪の遺産」 (日々“是”精進! ver.A)
日本の、未来のための、希望・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201108270004/ 日輪の遺産 posted with amazlet at 11.08.23 浅田 次郎 角川書店(角川グループパブリッシング) 売り上げラン...
日輪の遺産 (あーうぃ だにぇっと)
『日輪の遺産』7月15日(金)@よみうりホール。 一ヶ月以上も前に観てまだ記事アップしてないということは ひっかかりがあったからだ。(笑) (C) 2011「日輪の遺産」製作委員会 製作年: 2011年 製作国: 日本 日本公開: 2011年8月27日 上映時間: 2時間...
日輪の遺産 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/08/27公開 日本 134分監督:佐々部清出演:堺雅人、中村獅童、福士誠治、ユースケ・サンタマリア、八千草薫、麿赤兒、麻生久美子、塩谷瞬、北見敏之、ミッキー・カーチス、八名信夫 いつか、この国が生まれかわるために 久々に映画好きの友人と鑑賞。ユアンの『....
映画「日輪の遺産」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「日輪の遺産」観に行ってきました。浅田次郎原作の同名小説を映画化した作品。この映画、私の地元熊本では熊本市中心部にある熊本シネプレックスでしか上映されていなかったた...
日輪の遺産 (勝手に映画評)
浅田次郎の同名の小説の映画化。著者本人が映画化を熱望してきたと言われており、ようやく、その願いが叶ったと言う事になります。 山下財宝なら知っていますし、有名ですが、マッカーサーの財宝って、M資金??? と言う感じになりますね。でも、マッカーサーが非常に...
「日輪の遺産」みた。 (たいむのひとりごと)
原作は未読。どんな内容なのか予告編を見てもよく分からなかったのだが、小説とはいえ、終戦を間近にした最前線ではない戦争映画ということで、また別の視点から戦争を知る機会にもなろうかと公開を楽しみにしていた
日輪の遺産 (うろうろ日記)
試写会で見ました。暗そうだなーと思っていましたが、やっぱりでした。終戦直後、マッ
日輪の遺産 (悠雅的生活)
この世界は全てひとつの舞台。男も女も役者にすぎない。舞台に登場しては退場し、様々な役を演じてゆく・・・
『日輪の遺産』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「日輪の遺産」□監督 佐々部 清 □脚本 青島 武 □原作 浅田次郎□キャスト 堺 雅人、中村獅童、福士誠治、ユースケ・サンタマリア、八千草 薫、森迫永依、       土屋太鳳、金児憲史、柴 俊夫、串田和美、山田明郷、野添義弘...
日輪の遺産 (だらだら無気力ブログ)
ベストセラー作家・浅田次郎の同名小説を「半落ち」「出口のない海」の 佐々部清監督が映画化。 敗戦を目前にして、マッカーサーから奪った200兆円相当の財宝を後の 祖国復興の資金にすべく隠匿するという極秘作戦に関わった4人の男と 20人の少女たちの運命を、端正な...
映画『日輪の遺産 THE LEGACY OF THE SUN』 (闘争と逃走の道程)
 『鉄道員』『地下鉄に乗って』など、数々の作品が映画化されている人気作家、浅田次郎氏の初期の傑作を映画化。『THE LEGACY OF THE SUN』という英題がめちゃ格好いい。 日輪の遺産 (講談社文庫)浅田 次郎 ...
命より大切なもんてないんちゃうん?〜「日輪の遺産」〜 (ペパーミントの魔術師)
昭和20年8月10日・・・ってことはもうホントに終戦間近の話。 帝国陸軍の真柴少佐(堺雅人)は、軍トップに呼集され、ある重大な密命を下された。 それは現在の価値で約200兆円のマッカーサーの財宝を隠すというものだった・・・。 結末のわかっている話をなんでそうな...
『日輪の遺産』・・・軍は負けても国は負けない (SOARのパストラーレ♪)
8月になると各局がこぞって放映する太平洋戦争を題材としたテレビドラマが実は好きではない。大きなテーマは戦争の愚かさを訴えるものでありもちろんそれに異論はないが、開戦に踏み切った軍部を単純かつ一方的に悪者に仕立てた挙句、民間人や末端兵士の悲劇をこれでもか...
「日輪の遺産」何も知らずに任務を遂行した先にみた日本を守ろうとする強い意志と悲劇を繰り返さないための遺産の継承 (オールマイティにコメンテート)
「日輪の遺産」は浅田次郎の長編小説を映画化した作品で、終戦直前の日本を舞台に終戦宣言する前に軍部が多額の財産を極秘に隠そうとし、その作業を遂行する少佐たちと20人の少女 ...
[映画『日輪の遺産』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これは、予告編の時点で「名作」ですね。  何よりも、予告編で垣間見える、敗戦に伴う、国の隠密作戦に借り出される20人の少女たちの「チンコロねーちゃん」風な顔立ちが、もう作品の成功を約束している。  まあ、13,4歳の設定なのだから、AKBなどが演じる...
日輪の遺産 (LOVE Cinemas 調布)
浅田次郎の同名小説を『半落ち』の佐々部清監督が映画化した。終戦間際の夏、マレーの虎・山下大将が連合国最高司令官マッカーサーから奪った財宝を隠匿する命令を受けた3人の軍人と20人の少女と教師たちの辿る運命を描いたドラマだ。主演に『武士の家計簿』の堺雅人。...
「日輪の遺産」(日本 2011年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
三人の軍人。 二十人の女学生。 幽窓無昔日。
日輪の遺産 (だらだら無気力ブログ!)
ベストセラー作家・浅田次郎の同名小説を「半落ち」「出口のない海」の佐々部清監督が映画化。敗戦を目前にして、マッカーサーから奪った200兆円相当の財宝を後の祖国復興の資金にすべく隠匿するという極秘作戦に関わった4人の男と 20人の少女たちの運命を、端正な筆致....
『日輪の遺産』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 日輪の遺産 』 (2011)  監  督 :佐々部清キャスト :堺雅人、中村獅童、福士誠治、ユースケ・サンタマリア、八千草薫、森迫永依、土屋太鳳、金児憲史、麻生久美子、塩谷瞬 太平洋戦争終結間近...
日輪の遺産 自分で修正しながら号泣〜o(TωT )( TωT)o (労組書記長社労士のブログ)
【=48 -8-】 浅田次郎さんの原作「日輪の遺産」は5年半ほど前に読んで、一番のクライマックスが自分の降りる駅のほん手前のタイミングで、電車内で「どば〜っ!」って涙がほとばしって、そのぐちゃぐちゃの顔面濡れ濡れのまま改札口をグスグスいいながら通過という、友....
日輪の遺産 (映画的・絵画的・音楽的)
 『日輪の遺産』を角川シネマ新宿で見てきました。 (1)ベストセラー作家・浅田次郎氏の作品が原作でもあり、また評判もよさそうなので映画館に行ってみたのですが、客の入りはイマイチでした。  物語は、終戦直前、日本軍によって秘匿されていた財宝を占領軍の手から....
映画「日輪の遺産」 (FREE TIME)
今月の上旬に鑑賞した映画「日輪の遺産」をレビューします。
愛国心が導いた生と死。『日輪の遺産』 (水曜日のシネマ日記)
太平洋戦争終結間近の日本で祖国の復興を願いGHQ最高司令官マッカーサーの財宝を盗み出した帝国陸軍将校たちと20名の少女たちの物語です。
日輪の遺産 (まてぃの徒然映画+雑記)
浅田次郎の原作は未読です。 日米2人の語り部が、当時の出来事を身内やインタビュアーに語るという構成で、冒頭のアメリカのシーンや現代の山脇学園卒業式のシーンは、初めは意味不明でしたが、過去の出来事が明らかになるにつれて、役回りがわかるという仕掛けでした....
『日輪の遺産』| 伝え続けねばならないこと。 (23:30の雑記帳)
中村獅童が実によかったです。 いちばん軍人っぽさを醸し出していたように見えました。 映画としてはいろいろと厳しいものがありましたが、 戦時中の交通機関やら、服装やら ...