花ごよみ

映画、本、写真など・

プリンセス トヨトミ

2011-05-31 | 映画

大阪には豊臣秀吉の子孫がいた!!

原作は万城目学の同名小説。
かなり前に読んでいて
記憶はうすれています。

監督は 鈴木雅之。

国の会計検査院に所属する3人の調査員。
松平(堤真一)鳥居(綾瀬はるか)
旭ゲンズブール(岡田将生)。

大阪に訪れた彼らは
財団法人OJO(大阪城趾整備機構)を調査。

大阪は独立国で 大阪国総理大臣がいて、
大阪国王女になにかあった場合は、
大阪国を守るため、
炎の大阪城を目印に
大阪を全停止して戦う…。

大胆でスケールの大きいストーリー。

出てくる出演者の名前も
歴史的ないわれがあります。

歴史と信頼をつなぐ地下通路。

大阪のど派手な看板の景色が盛りだくさん。
見慣れた大阪の風景が、
度々、画面に現れます。
そういった意味で結構、
楽しむことができました。



綾瀬はるか、現実では無理な
かなりの距離を走ります。

堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、
彼らの表情は見ていて楽しいです。

原作とは性別を変えている綾瀬はるか、
これは同じ万城目学原作の、
ドラマ「鹿男」と同じです。
どちらも同じようなキャラで
コミカルな人物を演じています。

日曜日に見たので、
夜は「仁」でまた綾瀬はるか、
綾瀬はるかずくしの一日でした。



「鹿男」で綾瀬はるかと共演した
玉木宏もたこ焼き屋の兄ちゃんで、
楽しそうに?出演。

映画を見た後はお好み焼きが、
食べたくなります。


本の感想は→こちらです。



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 尼崎農業公園 | トップ | 尼崎農業公園のバラ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (よりりん)
2011-05-31 22:02:51
早い!!
もうご覧になったんですね。
おもしろかったですか?
私も、これ見ようかどうしようか迷っているのだけど・・・笑。

でも、こういう原作つきので、よく性別が特に男性キャラを女性にするのがありますよね。
綾瀬はるかがいい悪いではなく、個人的には原作通りの人物が私は好きなのだけど、やっぱり映画にするには花が無いってことなんでしょうかね〜苦笑?
よりりんさんへ☆ (kazu)
2011-05-31 23:13:23
こんばんは〜
もう見てきました。

一応おもしろかったですよ。
結構ハチャメチャですが(笑)
鹿男に登場する綾瀬はるかといい
ミラクル鳥居といい
楽しいキャラでした。
男にしたら西田敏行を若くしたような
感じなんでしょうが、
確かに花がないでしょうね。
綾瀬はるかの天然はぴったりでした。
こんにちは。 (みぃみ)
2011-06-01 16:46:01
お好み焼きにたこ焼き、串カツ、グリコの看板。。。
お腹をめいっぱい刺激してくれました(^^)。
個人的には、中央公会堂が映った時、ものすご〜く萌えました。
ところで、3人が食べていた串カツ屋さんは「だるま」さんなのでしょうか?。
映像化された大阪国の立派さと調印書に並ぶ歴史の有名人の花押に「すご〜!」と感嘆しました。
ちょっぴり切なさもあり、戦国時代も登場して、楽しかったです。
みぃみさんへ☆ (kazu)
2011-06-01 23:09:18
こんばんは。
たしかに、お腹を
刺激してくれました

映画の後、お好み焼きを買って帰
ったんです。
大阪国議事堂の内装は
辰野金吾氏の弟子だそうで(本の中では)、辰野金吾氏の代表作として、
中央公会堂、日本銀行大阪支店、東京駅があるそうです。
他のも大阪のはたくさん残っているそうです。

串カツやさんは分からないです。
歴史の有名人の花押がほんものだったら、鑑定団ものですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
プリンセス トヨトミ (佐藤秀の徒然幻視録)
大阪国八百長説 公式サイト。万城目学原作、鈴木雅之監督、堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、和久井映見、中井貴一、笹野高史、江守徹、菊池桃子、平田満、玉 ...
『プリンセス トヨトミ』 その仕事の費用対効果は? (映画のブログ)
 世の中には、その実態があまり知られていない職業、あるいは誤解されている職業が少なくない。会計検査院の仕事も、そんな一つかもしれない。  『プリンセス トヨトミ』のように会計検査院の調査官が主...
プリンセス トヨトミ (うろうろ日記)
試写会で観ました。大阪城 西の丸庭園で初(映画上映)だそうです。私、屋外って初め
劇場鑑賞「プリンセス トヨトミ」 (日々“是”精進! ver.A)
大阪国が独立宣言・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105280003/ プリンセス・トヨトミ (文春文庫) posted with amazlet at 11.05.24 万城目 学 文藝春秋 (2011-04-08) 売り上げランキング...
プリンセス・トヨトミ (Akira's VOICE)
面白味が伝わらん・・・。
映画:「プリンセス・トヨトミ」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年6月1日(水)。 映画:「プリンセス・トヨトミ」。 【監  督】 鈴木雅之 【原  作】 万城目学 【キャスト】堤真一 (松平元)・綾瀬はるか (鳥居忠子)・岡田将生 (旭ゲーンズブール)       沢木ルカ (橋場茶子)・森永悠希 (真田大...
『プリンセス トヨトミ』 (こねたみっくす)
人情の街・大阪。歴史と着倒れの街・京都や海港と履き倒れの街・神戸とは違い、形がないものや残らないものを大切にする食い倒れの街・大阪。 そんな大阪に桂三度さんが大統領の ...
「プリンセス トヨトミ」みた。 (たいむのひとりごと)
原作は発売後直ぐに読了。(感想はこちら)読後感としては面白い作品だったが、「大阪全停止」なんて意味深な前置きに至るまでのグダグダにはイラっとするところもあって、特に好きという作品では無かったりする。逆
プリンセス トヨトミ (勝手に映画評)
万城目学原作の長編小説の映画化。『その日大阪が全停止した。』がキャッチコピー。3.11以降の実際の日本で、いま大阪が全停止されると非常に困ってしまうわけですが、そういう意味でも興味を引かれてしまったのと、中井貴一が真田幸一を演じるに際して、大阪府知事の...
映画「プリンセストヨトミ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「プリンセストヨトミ」観に行ってきました。 作家・万城目学による同名の長篇小説を原作とする、大阪国と会計検査院の間で繰り広げられる駆け引き、および家族の絆を描いた作品です。 TVドラマ&映画版「SP 警視庁警備部警護課第四係」シリーズで好演した堤真...
≪プリンセス トヨトミ≫ (烏飛兎走)
   ・・・・・そうだ、                       大 阪 行 こ う 。    
プリンセス トヨトミ(2011-035) (単館系)
万城目学の同名小説を映画化。 会計検査院による調査で大阪人が400年もの間守ってきた秘密が明らかになり、 大阪中を巻き込んだ大騒動が巻き起こるという歴史SF物語。 予告観ただけで楽しみにしてい...
プリンセス トヨトミ (だらだら無気力ブログ)
「鴨川ホルモー」の人気作家・万城目学が大阪を舞台に描いた同名ベスト セラーを豪華キャストで映画化した奇想天外エンタテインメント・ムービー。 大阪を訪れた会計検査院の3人の調査官が、ひょんなことからこの地で 脈々と守り継がれてきた驚くべき秘密を目の当たり...
「プリンセス トヨトミ」大阪の秘密を知った先にみた大阪の人々の想いと末裔を守る使命 (オールマイティにコメンテート)
「プリンセス トヨトミ」は万城目学の長編作品プリンセストヨトミを映画化した作品で、会計検査院の調査官3人が調査のために大阪の財団法人の実地検査を実施するが、そこで大阪に ...
プリンセストヨトミ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「鴨川ホルモー」の万城目学による同名小説を、「HERO」の鈴木雅之監督が映画化した歴史ミステリー。東京から大阪にやって来た3人の会計検査院調査官が遭遇する大騒動を描く。出演 ...
大阪国国民、蜂起せよ〜『プリンセス・トヨトミ』 (真紅のthinkingdays)
 会計検査院の調査官、松平(堤真一)、鳥居(綾瀬はるか)、旭ゲンズブール(岡 田将生)の3人は、新幹線で大阪に向かう。OJOという名の財団法人を調査中、松 平はある違和感に囚われる。  万城目学...
『プリンセス トヨトミ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「プリンセス トヨトミ」□監督 鈴木雅之 □脚本 相沢友子□原作 万城目 学 □キャスト 堤 真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、和久井映見、中井貴一■鑑賞日 5月28日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★...
「プリンセス トヨトミ」 父親と息子 (はらやんの映画徒然草)
万城目学さんの作品は「鴨川ホルモー」を映画で観て、さらに原作を読みました。 本作
プリンセス トヨトミ (映画的・絵画的・音楽的)
 『プリンセス トヨトミ』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見てきました。 (1)映画を見る前には万城目学氏の原作(文春文庫)を読まずにいて、予告編の感じだけから、実際の映画では大阪が東京支配に反旗をひるがえして反乱を起こすような、とても壮大な物語を見せてくるも...
プリンセス・トヨトミ 大阪ヾ( ̄∇ ̄=ノ バンザーイ♪ヾ(_ _)ノ ドモ (労組書記長社労士のブログ)
【=27 -8-】 TOHOシネマズのシネマイレージで6000マイルが貯まったので、2回目の1か月フリーパスポートをゲット。 先月はゴルフの突貫工事に忙しく、ちっとも映画を観ていなかったので、観たい映画はたくさん溜まっている、見まくってやる! というわけでフリー鑑賞1本....
プリンセス・トヨトミ (充実した毎日を送るための独り言)
・プリンセス・トヨトミ(5月28日より公開 堤真一・綾瀬はるか・中井貴一出演)もともと小説を映画にリメイクしたものだが、この映画を見て思ったことは・ 日本国(といっても会計検査院だが)と大阪国との補助金をめぐる攻防・ 親子とのつながりを描いたヒューマニ...
No.042 「プリンセス トヨトミ」(2011年 119分 ビスタ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 鈴木雅之 出演 堤真一    綾瀬はるか    岡田将生 久しぶりに映画を見に来ました 夏休み前に結構見たい作品が出揃っていて苦戦しそうですね まずは公開してから少し日にちの立つ大阪が舞台の話題作「プリンセストヨトミ」 昨年大規模にエキストラを集....
プリンセス トヨトミ (いやいやえん)
プリンセス豊臣?豊臣の遺児という設定はワクワクさせられるものだけど、出来ればタイトルでは隠して欲しかったな。 会計検査院による査察をきっかけに、約400年間守られてきた秘密が明らかになり、大阪中を巻き込んだ大騒動に発展していく…というストーリー。 歴...
プリンセス トヨトミ (食はすべての源なり。)
プリンセス トヨトミ ★★★☆☆(★3つ) 大阪全停止。 その鍵を握るのは、 トヨトミの末裔だった。 気になっていた映画ですが、DVDが出たので早速鑑賞です。 トヨトミの末裔が生きていたら?っていうファンタジーなんですが・・・ すっごい盛り上げてて、しりつ...
『プリンセストヨトミ』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
この作品を”和製『ダ・ヴィンチ・コード』”などと紹介していたのはどこの誰だ? ちょっと期待しちゃったじゃないか・・・。 東京から大阪へ3人の会計検査院調査官がやってきた。彼らは実地調査を進めるうちに、財団法人「OJO(大阪城趾整備機構)」に不審な点を...