花ごよみ

映画、本、写真など・

柘榴坂の仇討

2014-09-20 | 映画
 
原作は浅田次郎の短編集
「五郎治殿御始末」の中の一編。


五郎治殿御始末 (新潮文庫)

本は以前に買ってあったのに、
読まずにいましたが
短編なので映画の始まる直前に読みました。

原作はすぐに読み終えることのできる短編、
それをどう映画化したのか
楽しみにしながら見ました。

監督は若松節朗。

桜田門外の変で、
主君である井伊直弼を亡くした武士が
仇討を命じられ、
直弼を討ち果たした水戸藩浪士を探す。

18名の刺客の最後のひとりになった
水戸藩浪士佐橋十兵衛を見付けだしたが、
その日仇討ち禁止令が明治政府によって発せられた。

中井貴一が主演、
井伊直弼を守護する御駕籠回り近習、
彦根藩士、志村金吾を演じます。

共演の阿部寛は中井貴一とは真逆の立場で
井伊直弼を亡き者とした
水戸藩浪士・十兵衛を演じます。



桜田門の変から13年。
13年間主君の仇討ちを果たすために
生きてきた志村金吾(中井貴一)。
明治と時代が変わり仇討ち禁止の世に。

志村金吾(中井貴一)の、
主君を守れなかったという深い悔悟。
静かでひたむきな演技。

一人残った水戸浪士である佐橋十兵衛(阿部寛)
いつかその日が来るとおびえながらも
その日を待っている。
ほんとに逃げる気があったのなら
江戸以外の場所に住むだろうに…

追う方も追われる方も深い苦悩。
妻(広末涼子)をも巻き込んで…
時代が変われば仇討ちなんて止めればいいのに
それができないのが武士という生き物。



原作の心、世界観はそのまま。
持ち続けた武士としてのプライド。
志村金吾(中井貴一)と佐橋十兵衛(阿部寛)
お互い待ち続けたかのようなその日。
美しい雪景色。
寒椿に象徴されるひたむきさが胸に響きます。









『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪府立花の文化園のへびうり (... | トップ | あべのハルカス »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
歴史小説 (ひろし爺1840)
2014-09-22 08:11:09
 !(*^_^*)!Kazuさん、お早うございま~す!
彼岸の頃に成ると彼岸花があちら此方で咲始めていますが、ご先祖様へのお墓参りは済まされましたか?
今日有るのも先祖のお蔭と感謝し、今週も元気でお互いに過ごしましょ~!
ーToYouPCへ!-
☆歴史物は大好きで~す。
ストリーを読んでるうちにぜひ見て見たくなりました。
教えて頂感謝です。
ーMyBlogにお誘い!--
('_')今朝はお蔵入りしていた我が町の「宮島管弦祭」の様子を再編集しアップして見ましたのでお付き合い頂ければ幸せます。
('_')御覧頂いた感想やご意見を頂くのを楽しみにお待ちしていま~す!
!(^^)!それではまた!・・・バイ・バ~ィ!!
ひろし爺さんへ (kazu)
2014-09-22 23:14:51
こんばんは

お彼岸、お参り済ませました。
歴史物お好きなんですね。
この映画もよかったですよ。
是非ご覧なって下さい。
「宮島管弦祭」、見に行かせてもらいますね。
13年・・・ (kira)
2014-09-23 02:43:04
こんばんは~☆

お話は無情な仇討ものでしたが、
さてその実、描かれているのは、
真っ直ぐな男たちと、ぶれない妻の姿。
そして、その愛情に応えるために、無駄ではなかった13年。。。
とても心に滲みる時代劇でしたね~
kiraさんへ (kazu)
2014-09-23 13:16:38
こんにちは

仇討というタイトルから想像する内容とは
ちょっと違っていましたね。
武士としての生き方、
矜持を崩せないまっすぐな
男の物語。
じわっと来る映画でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
柘榴坂の仇討 (to Heart)
制作年度 2014年 上映時間 119分 原作 浅田次郎『柘榴坂の仇討』(『五郎治殿御始末』所収) 監督 若松節朗 脚本 高松宏伸/飯田健三郎/長谷川康夫 音楽 久石譲 出演 中井貴一/阿部寛/広末涼子/高嶋政宏/真飛聖/吉田栄作/藤竜也/中村吉右衛門 主君・井伊直弼の仇を追い....
柘榴坂の仇討 (あーうぃ だにぇっと)
柘榴坂の仇討@松竹試写室
柘榴坂の仇討 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
桜田門外の変で一人の武士が古い価値観仇討ちを遂げようと命をかける。江戸から明治に時代が移ってしまい、仇討ちが禁止される。古い常識を捨てて新しい変化に対応する勇気はなかなか持てない。新しい時代に生きる決心に至る過程が、迫真の演技で描き出されている。すばら...
『柘榴坂の仇討』を丸の内ピカデリー1で観て、地道に着実にだなふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★広末好きやもん】   全体的にゆっくり、地道に、一つ一つ確かめながら、みたいな演出で、 それは確信犯的にそうやろうと思っているのだろうが、 テンポ ...
『柘榴坂の仇討』 (2014) (相木悟の映画評)
時代の荒波を乗り越える人の情! 誇り高き男の生き様を描いた直球の時代劇であった。ゆえに好感度は高いのだが…。 本作は、浅田次郎の短編集『五郎治殿御始末』に収められた同名小説の映画化。浅田原作、主演:中井貴一、音楽:久石譲とくれば、監督は滝田洋二郎かと...
ミサンガと椿の花。~「柘榴坂の仇討」~ (ペパーミントの魔術師)
「ポイント鑑賞」で「初日に見に行った」映画・・・って 自分の中でどんな位置づけだよ・・(^_^;) 先月、梅花藻を撮りに行った日に寄り道をした話をブログでアップしたのですが ⇒「彦根城へは行きませんでした」 この時の日記には書かなかったんですけど、実は四番町ス...
柘榴坂の仇討 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『鉄道員(ぽっぽや)』など数多くの著作が映画化されてきた人気作家・浅田次郎による短編集「五郎治殿御始末」所収の一編を映画化した時代劇。主君のあだ討ちを命じられた武士の不器用な生きざまを通し、幕末から明治へと時代が激変する中、武士として、人としての誇りと覚...
「柘榴坂の仇討」仇を追い続けた先にみた誰も止められなかった追う追われる立場の苦しみ (オールマイティにコメンテート)
「柘榴坂の仇討」は桜田門の変で井伊直弼を守れなかった武士が仇を討てという命を受け明治維新になってからも仇を追い続けるストーリーである。時代は江戸から明治へ移る時を経て ...
『柘榴坂の仇討』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「柘榴坂の仇討」 □監督 若松節朗□脚本 高松宏伸、飯田健三郎、長谷川康夫□原作 浅田次郎□キャスト 中井貴一、阿部 寛、広末涼子、中村吉右衛門、高嶋政宏■鑑賞日 9月20日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ...
柘榴坂の仇討  監督/若松 節朗 (西京極 紫の館)
【出演】  中井 貴一  阿部 寛  広末 涼子  藤 竜也 【ストーリー】 安政7年、彦根藩士・志村金吾は主君である大老・井伊直弼に仕えていたが、登城途中の桜田門外で井伊は暗殺されてしまう。その後、あだ討ちの密命を受けた金吾は敵を捜し続けて13年が経過する。明治...
柘榴坂の仇討 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) すでにスルー作品と決めていたが、台風の影響でどこにも行けず
柘榴坂の仇討 (映画的・絵画的・音楽的)
 『柘榴坂の仇討』を渋谷シネマパレスで見ました。 (1)中井貴一と阿部寛が出演するというので映画館に行ってきました(注)。  本作(注1)では、1860年に起きた「桜田門外の変」の後日談が描かれます。  桜田騒動(注2)の際、命にかけても主君・井伊掃部頭(中村....
映画:柘榴坂の仇討 予想外に! 当ブログのテーマ「変化」に合致。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
柘榴坂=ざくろざか 当ブログにしては珍しく(笑)、時代劇。 この前観た西部劇(あれはひねってるけど、ね)じゃないが、とても久々! どうせオーソドックスな展開なんだろうとと思いきや、時代が幕末→明治。 ていうか、この事件がそのきっかけに?な桜田門外の変...
柘榴坂の仇討 (映画と本の『たんぽぽ館』)
良くも悪くも武士の矜持 * * * * * * * * * * 幕末期。 歴史に名高い「桜田門外の変」が発端となります。 彦根藩士・志村金吾(中井貴一)は、 主君井伊直弼(中村吉右衛門)の警護にあたっていました。 しかし雪の降るその日、水戸藩浪士によって...
柘榴坂の仇討 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
柘榴坂の仇討 '14:日本 ◆監督:若松節朗「夜明けの街で」「沈まぬ太陽」 ◆出演:中井貴一、阿部寛、広末涼子、高嶋政宏、真飛聖、二代目中村吉右衛門、吉田栄作、堂珍嘉邦、近江陽一郎、木崎ゆりあ、藤竜也 ◆STORY◆安政七年三月三日、江戸城桜田門外で大老...
柘榴坂の仇討 (いやいやえん)
【概略】 安政七年(1860年)。彦根藩士・志村金吾は、時の大老・井伊直弼に仕えていたが、雪の降る桜田門外で水戸浪士たちに襲われ、眼の前で主君を失ってしまう。両親は自害し、妻セツは酌婦に身をやつすも、金吾は切腹も許されず、仇を追い続ける。時は移り、彦根藩も既...