どどふか研

アメリカ暮らし、本や動画のレビュー、津軽三味線のことなど。

人生はスカイダイビング

2017-07-06 12:32:03 | What's up?

人生とは、パラシュートを背負わずに飛び出すスカイダイビングみたいなものだ。

人は、自分がイメージしているよりずっと速いスピードで死へと向かっていることに気づくべき。


ダイビングの途中、調子にのって宙返りをしたり、誰かと手をつないで輪になってみたりするかも知れないけれど、できることは所詮、その程度のこと。
何か意味のある人生にしたいと思うこと自体が無意味なのだ。

大阪を作ったあの豊臣秀吉でさえ、
「露と落ち、露と消えにし、わが身かな なにわのことも夢のまた夢」
としたためてこの世を去った。

社会で何かをなしえたとしても、それはほんの一時期のことであり、しょせん空しい出来事なのだ。

結局のところ、人生は自己満足でしかない。

死ぬ間際に「あー面白かった」で終われれば、その人が生前に「意味のあること」をなしえたか否かに関わらず、その人生は最良だったのである。


明日死ぬとしたら、今日あなたがやり残していることは何だろう。

人生の半ばを過ぎて、思いもよらない体の不調を自覚するとき、
自分にも、死へのタイマーが組み込まれてることを自覚する。
いままで、死ななかった人はいないのだ。

人は死んだら生まれる前の状態に戻る。
体は土に返り、意識は消滅し、記憶はDNAで次の世代に引き継がれる。

死は再生の仕組みだ。
ひとつの体を何百年、何千年と使い続ける代わりに、DNAを受け渡して心身を再構築する仕組みだ。

そのほうが長く生き続けられるのだ。

「生き続ける」っていったい誰が?

生き物には、個々の寿命の外側に、もっと大きな生命サイクルがある。
種にとっては、個体の寿命より、そのサイクルの方がずっと大切なのだ。

結論:
人生はあっという間に過ぎてゆく。
その一瞬の中で何か、意味のあることをやりたいと思うこと自体に無理がある。
人生に意味を与えるのは、他人の評価ではなく、自己満足である。
明日死んでもまあいいかな、と思えるなら、今、あなたは最良の人生を歩んでいる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祝日前の月曜日 | トップ | 見えない「日本人」の壁 »

コメントを投稿