ホトトギス

里山の野生植物等との出会い。

里山晩秋

2016年10月31日 | 里山

       

       里山の田んぼは今年の作業を終えた。

          

          ススキの花穂は枯れて立ち上がったが、オギは白く垂れる。

 

        ノコンギクとユウガギクは遅くまで咲き続ける。

            

            サクラタデも群生して咲き続ける。

 

            外来種セイダカアワダチソウはこれから花が盛り。

           

           アメリカセンダングサはこの後の種子がやっかいなひっつき虫。

 

             シオデの実は重量感。    ヤマノイモの実は軽量感。

           

           ノブドウの実はまだカラフル。

        

        伐採された山の運搬路の水溜りにガマが生育した。

            

               造成地にはヒイロチャワンタケも発生する。

        

 

 

  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 11月の森 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。