ホトトギス

里山の野生植物等との出会い。

種子(貯食型)

2016年12月28日 | 観察

果実の被食部が子葉になる部分なので、食べられると発芽できない。

リス、ネズミ、野鳥などが貯蔵し、その一部が食べ残されて発芽する。

 

    オニグルミ  2つに割ったのはリス。 丸い穴をあけたのはネズミ。

 

       コナラ、ミズナラ、カシワの実はドングリ。 リス、カケスが貯蔵する。

 

        クリ、トチも貯蔵されるらしい。

 

     エゴノキの実は秋には目立たない茶色。 サポニン毒素もある。

 

      殻は非常に堅いがヤマガラが割って食べ、貯蔵もする。

 

      高山のホシガラスはハイマツなどの種子を貯蔵する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 種子(アリ散布) | トップ | 水鏡 »

コメントを投稿

観察」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。