ホトトギス

里山の野生植物等との出会い。

初夏

2017年05月29日 | 里山

         

         田植えが終わり、初夏を告げるホトトギスの初鳴きも聞こえた。

           

           タニウツギが至る所で咲いている。

       

       キンギンボクは1mほどの灌木だが、3mほどの大木があった。

           

           ニガキが地味な花を咲かせた。

 

      ツクバネは微細な花。

        

        ヒメコウゾは優美な花。 毛がある方が雌花で、下の球が雄花。

          

            カマツカは清楚な花。

 

昆虫の姿も多く見られるようになった。 イトトンボの仲間と、蝶に見えるのはは蛾の仲間であろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新緑

2017年05月11日 | 里山

        

            里山は春紅葉から新緑に変わった。

      

         オニグルミは枝の頂点に芽吹く。

 

ホオノキは目立つ牙鱗を残して展葉。  ヤマウルシは赤い葉柄が接触注意を知らせる。

  

      雪で倒れたヤマザクラは遅れて咲いた。

      

      折れて落下した大枝のキタコブシも花を咲かせた。 

 

   タケノコも出てきた。       タラノメは食べごろを過ぎた。

          

              タネツケバナが穂になった。

 

 ムラサキヤシオが咲いた。       ヤマツツジはこれから。

    

         ズミの古木が濃密に花をつけた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜開花

2017年04月24日 | 里山

       

       公園の桜は例年より1週間早く開花。 里山の桜も咲きだした。

 

        オオヤマザクラのようだが、花の密度が濃い。

           

             柔らかそうなブナの新葉。

        

        ヤマモミジとツルアジサイはコントラストが際立つ。

 

  オオカメノキは開花。         ハシドイは芽吹き。

 

    ナガハシスミレ          エンレイソウ

            

             カタクリ

            

               ヤマアカガエルがオタマジャクシになった。

             

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の嵐

2017年04月18日 | 里山

       

       夜間に強風が吹いた翌朝、林道には多数の倒木や落枝。

     

    葉がある杉は風に抗しがたいか。

            

          雄花の花殻が敷き詰められる。

 

   シウリザクラは展葉した小枝が千切れる。 花弁のようなピンクは芽鱗。

     

朽木が杉に拠りかかった。       アカマツが幹から折れて割れる。

         

        キリの大木。 キリは育成管理が悪いと枯れる。

           

          こちらのキリは電線に引っ掛かった。

  

オオヤマザクラは蕾が膨らんだ。  バッコヤナギの雌花は実になりかけ。

           

           落枝で見やすいカラマツの雌花。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の雪

2017年03月07日 | 里山

     

     雪が少ない冬で経過したが、啓蟄を過ぎてから大雪。  

          

          一夜に20cmほど積った。

     

      林は雪景色。

           

             川面の枝。

         

         キブシの花芽がにぎやかに垂れ下がる。

          

           ゴヨウマツの枝は重たげに垂れる。

        

          梅の枝は雪化粧が似合う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加