最近の政治に喝!(何も考えない政府の御用新聞に喝!テレビ報道に喝!)

日本人は世界一新聞記事を信じ幼稚すぎるぞ今の政治は最悪だ・、自分史《大リストラを生き残った男の話》を是非読んで下さい

連合国軍最高司令官に頂いたオメデタイ憲法に目覚めよ

2017年05月03日 | 新聞を読んで

 連合国軍最高司令官に頂いたオメデタイ憲法に目覚めましょう

日本国の憲法はどの様にして出来たのでしょうか、アメリカ軍のマッカーサー元帥(連合国軍最高司令官)が二度と戦争の出来ない日本にする為に作った憲法です日本人は日本憲法の作成に関与できなかったのです、従って憲法によって軍隊は持てないのです、憲法で自分の国を守るための軍隊すら持っていない国になったのです、たまたま日本を取りに来る国が無かったので軍隊なしで平和が続いたのです、隣国が堂々と日本の島を狙うのも軍隊がない為です、島の次はこの国を狙っているのです、自分の身は自分で守らねばならないのが人間の宿命です、自衛の為の軍隊を持たないで国は国を守れません、隣国から軽んじられるのです、アメリカも世界の警察官を放棄する時代です。日本も自分国は自分で守る強力な軍隊を持つべきです、本日のテレビで学校の授業風景の先生が『日本国憲法は国民の皆が平和を求めて作った憲法』と教えるのを見て私は吃驚しました。今の時代は平和ボケで世界の動きと周回遅れの日本の教育や報道に心が痛みます、もっと国民一人一人が賢くなるような教育や報道が必要な日本です。 先進国で70年間憲法を変えていない国は皆無です、時代に応じて時々に合わせて各国は憲法を変えているのです、日本も憲法を変えねばならない所がたくさんあるのです。               END

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三菱UFJ仮想通貨発行の意味 | トップ | 裏の公園の土手に紫の小花が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新聞を読んで」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL