最近の政治に喝!(何も考えない政府の御用新聞に喝!テレビ報道に喝!)

日本人は世界一新聞記事を信じ幼稚すぎるぞ今の政治は最悪だ・、自分史《大リストラを生き残った男の話》を是非読んで下さい

グローバル化は性善説に基づく理想郷で人間社会にはあり得ない事です

2017年03月06日 | 新聞を読んで

 

6optqk

グローバル化は性善説に基づく理想郷で人間社会にはあり得ない事です

 三橋貴明氏は『グローバリズムは、よく言えば、「誰もが仲良く、平等に、幸せに暮らしましょう」という、一種のユートピア論ととらえることができます。グローバリズムが完成した世界では、人々はフェアに扱われ、適正な競争が行われ、努力すれば誰でも幸せになれる。人種、国籍、宗教、言語、文化、ライフスタイルによって差別されることはなく、誰もが公正に扱われる世界。すなわち、性善説に基づくフラット化した世界。』と説明されています。

 仏教では人は煩悩の塊であり一つも良い事は出来ない者であると説かれています、性善説に基ずくグローバリズムは絶対に無理な事と2600年前にお釈迦様が教えつ下さっている事です。人の世でグローバリズムは金持ちの為の金を集める手段と成っているのです、この事に気づいたのが今のイギリスやアメリカです、日本と中国はまだグローバリズムを主張していますが日本の政治家はグローバリズムの幻想に酔い・中国はグローバル化の恩恵で世界第二の経済大国にのし上がった事が忘れられないのです。そろそろ日本は地に着いた政治をやり国民を騙すような国の借金とかハイパーインフレになるとか時代遅れの経済学に振り回されないで地に着いた政治をやって欲しいものです国がどんどんと先行投資を行いインフラの整備や学問への先行投資や福祉事業をどんどん進めて景気を良くする事は簡単な事です。

 お金を発行している国が破産するという可笑しな考えを普及する財務省や新聞記事には腹立たしいものです、日本国民が信じてしまっている事にも腹立たしく感じる今日この頃です。   END

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第5回菱和会に出席しました... | トップ | 千葉市の今朝はとても寒い朝... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新聞を読んで」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL