カープな毎日

カープファンのひとりごと。

4本塁打で今永にリベンジ

2017年04月29日 22時31分36秒 | 試合結果
広島 200 100 120 6
DeNA 000 000 010 1
勝利投手:岡田3勝1敗
敗戦投手:今永1勝2敗
本塁打:[広島]菊池2号、鈴木3号,4号、新井4号

 新井がスタメンに復帰しましたが、6番に入り、鈴木誠が4番を務めました。
 その打線は、初回に田中が安打で出塁すると、菊池が2点本塁打を放って先制点を挙げました。2回と3回は三者凡退に抑えられましたが、4回に鈴木誠が本塁打を放って追加点を奪いました。

 岡田は、初回に安打と四球で1,2塁のピンチを招きましたが、ロペスを三ゴロに打ち取って無失点で凌ぐと、3回2死2塁では梶谷を三振に斬ってピンチを脱しました。
 4回までは毎回安打を打たれていましたが、5回から7回は三者凡退に抑える好投で、DeNA打線に付け入る隙を与えませんでした。

 7回には新井も本塁打を放ち、更に2安打と四球で2死満塁として今永をKOしました。このチャンスは、代わった平田に菊池が一邪飛に打ち取られてしまいましたが、続く8回に無死1塁から鈴木誠が2点本塁打を放って試合を決めました。

 完封が見えてきた8回に、代打乙坂に2塁打を打たれるなど、1死3塁のピンチを招いてしまい、桑原を遊飛に打ち取るも、石川に適時打を打たれて1点を失ってしまい、8回6安打1失点でマウンドを降りました。

 9回は薮田が1安打を打たれるも、最後はエリアンを遊ゴロ併殺に打ち取って無失点に抑えて、DeNAに快勝しました。


 今日は打線が前回の対戦で抑えられた今永に対して、初球から積極的に攻めて、攻略に成功しました。
 初回は田中と菊池が共に初球を狙って、田中が安打で出塁して、菊池が本塁打を放ちました。4回の鈴木誠の本塁打も初球でした。前回対戦では、1安打完封されており、今回も苦戦が予想されましたが、しっかりと攻略法を練って対策をした成果がでました。
 今永は、昨季も苦手としており、今季初対戦でも抑えられていたので、今日の対戦で攻略できたことは、苦手意識を払拭する良いきっかけになったと思います。
 次回対戦が大切になると思うので、今日のような攻撃で攻略して、苦手意識を無くしたいですね。

 岡田は素晴らしい投球内容でした。4回までは毎回安打を打たれながらも、力強い直球で強力DeNA打線をねじ伏せました。中盤以降は、全く危なげなく、安心して見ていられて、完封するかと思いました。
 しかし、8回に100球を超えたこともあり、少し疲れが見え始めたように感じました。それでも最速154㎞を計測するなど、球威は全く衰えていませんでした。
 終盤の勝負所でも力強い直球を投げ込めるということは、長い回を投げるためのペース配分がしっかりとできていたことだと思います。この投球ができれば、完封できる日は近いと思います。

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 加藤最短降板で3敗目 | トップ | 打線は驚異の粘りもあと1点及... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

試合結果」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。