カープな毎日

カープファンのひとりごと。

中村祐がプロ初登板初先発で初勝利

2017年05月03日 21時27分02秒 | 試合結果
中日 110 010 001 4
広島 000 222 10X 7
勝利投手:中村祐1勝
敗戦投手:吉見4敗
本塁打:[中日]京田1号、ゲレーロ3号
    [広島]新井5号、會澤1号

 プロ初登板で初先発の中村祐は、初回にいきなり先頭の京田に2塁打を打たれると、犠打と四球で1死1,3塁とされ、内野ゴロの間に1点を失いました。続く2回には安打と盗塁で1死2塁とされ、松井雅に適時打を浴びて追加点を奪われました。
 3回は三者凡退に抑え、4回は2死後に2塁打と敬遠で1,2塁のピンチを招きましたが、吉見を三振に斬って無失点で切り抜けました。

 5番に新井を起用した新打線は、2回に1死後に連打で1,2塁のチャンスを作りながら、エルドレッドと會澤が凡退して無得点に終わるなど、3回まで得点を挙げられませんでした。
 しかし、4回に1死1塁から新井が2点本塁打を放って同点に追いつきました。

 中村祐は、直後の5回表に京田に本塁打を浴びて勝ち越しを許してしまいました。
 それでも5回裏に、中日の連続失策により同点に追いつくと、四球と犠打で1死2,3塁として、丸の適時打で1点を勝ち越しました。
 続く6回は、安打と盗塁で1死2塁として會澤の2点本塁打で、吉見をKOしてリードを3点に広げ、更に7回には連打で1死1,3塁として、エルドレッドの適時打で試合の行方を決定付けました。

 6回からは中田が登板して三者凡退に抑えると、7回は一岡が1安打無失点に、8回はジャクソンが三者凡退に抑えました。9回は今村がゲレーロに本塁打を浴びて1点を失うも、後続を断って2試合連続で中日に逆転勝ちしました。


 中村祐が、5回を投げて5安打3失点でプロ初勝利を挙げました。初回は、いきなり2塁打を浴びてしまい、動揺したかもしれませんが、1死1,3塁のピンチで4番平田を遊ゴロに打ち取り、ビシエドは三振に斬って、最少失点で切り抜けました。
 2回も安打と盗塁で揺さぶられましたが、適時打により1点を失った後の2死2塁のピンチは京田を投ゴロに打ち取って1失点で凌ぎました。
 同点に追いついた直後の5回には、プロ初本塁打を浴びてしまい、気落ちしてもおかしくない場面でしたが、その後は、荒木、大島、平田の主軸をしっかりと抑えました。 
 プロ初登板でいきなり失点すると、力んだりして本来の球が投げられなくなってしまいそうですが、中村祐は焦ることなく、落ち着いて後続を断って、1失点づつで踏ん張りました。
 これは、精神面が強い証拠だと思います。余計な失点をしなかったことが、5回の逆転を呼び込み、初勝利に繋がったことは間違いないでしょう。とても楽しみな選手が出てきましたね。
 初勝利を大きな自信にして、次回は先発としてもっと長い回を投げられるようになってほしいですね。
  

 
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2死から5連打で逆転 | トップ | 4点差をひっくり返して逆転勝利 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

試合結果」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。