カープな毎日

カープファンのひとりごと。

5回に集中打で逆転して快勝

2017年05月16日 21時55分16秒 | 試合結果
DeNA 000 010 000 1
広 島 000 050 05X 10
勝利投手:野村3勝1敗
敗戦投手:濱口2勝3敗


 野村は、初回の1死後に連続短長打で2,3塁のピンチを招きましたが、筒香を三飛、宮崎には四球を与えて満塁とするも、石川を三振に斬って無失点で切り抜けました。
 2回から4回までは1安打無失点に抑えて危なげない投球でしたが、5回にペーニャの失策と犠打で1死2塁とされ、倉本に適時打を浴びて先制点を奪われてしまいました。

 打線は、初回に四球とボークで無死2塁のチャンスを貰いましたが、菊池、丸、鈴木誠が凡退して無得点に終わると、4回まで無安打に封じられて濱口を捉えるきっかけさえ掴めませんでした。
 しかし、先制された直後の5回に連続四球と安打で無死満塁として、石原の犠飛で同点とし、四球を挟んで再び満塁となり、田中と菊池の連続適時打、丸の押し出し四球で3点を挙げて濱口をKOしました。
 更に代わった須田から鈴木誠が犠飛を放って、この回5得点を挙げました。
 7回にも菊池の2塁打で1死2塁の追加点機を作りましたが、丸と鈴木誠が凡退して追加点を奪えませんでした。

 野村は6回と7回は走者を背負いましたが、後続を断って、7回を5安打8奪三振で1失点に抑えると、8回はジャクソンが三者凡退に抑えました。

 打線は、8回に振り逃げと2安打で1死満塁として、代打松山の2点適時打、田中の2点適時2塁打で4点を挙げ、更に連続四球で再び満塁とし、2死後に安部が押し出し四球を選んで、この回5得点を挙げて試合を決めました。

 9回はブレイシアが、無安打1四球無失点に抑えて、DeNAに快勝しました。


 今日は、打線が見事な集中力を発揮しました。5回に先制された直後に3安打4四球を選んで5得点を挙げて一気に逆転しました。その中で大きなポイントになったのは、野村の四球でしょう。
 4回までは野村と濱口の緊迫した投手戦でしたが、5回表にDeNAが1点を先制したことで、濱口が1点を守りに入って慎重になったため、制球を乱して得たチャンスで、石原の犠飛で同点としました。
 ここで野村がしっかりとボールを見極めて、四球を選んだことで、濱口はピンチを拡大させて、上位打線に回してしまい、完全に自分を見失ったと思います。
 もし野村が、サイン通り犠打をしていれば、2死となり濱口が落ち着くきっかけを与えてしまい、同点どまりだった可能性があったと思います。
 野村がボール球に手を出さずに、落ち着いて打席に立って球を見極められたということは、打席でも余裕がある証拠ですね。投打にわたって成長しており、エースとしての風格を感じますね。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 鈴木誠の決勝2ランで連勝 | トップ | 失策と四球で自滅してまさか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。