カープな毎日

カープファンのひとりごと。

黒田が15回宙を舞い涙を流す

2016年11月05日 22時35分47秒 | 日記
 25年ぶり7度目のセ・リーグ制覇を果たしたチームを祝福する優勝パレードが、初優勝した1975年以来、41年ぶりに平和大通りで行われました。
 監督、コーチ、選手に球団幹部らは、オープンカー4台、2階建てのオープンバス5台に分乗して、約3キロのコースを約40分かけてパレードしました。沿道には、31万3000人のファンが集まり、真っ赤に染まったとのことです。

 パレード後は、マツダスタジアムで優勝報告会が行われ、緒方監督がファンに向けて優勝を報告しました。緒方監督は、黒田と新井がチーム牽引して優勝に貢献したことを労い、若手選手は、全力でプレーして成長したことを称えました。そして、ファンの声援が後押ししてチーム一丸となって戦うことができたと感謝しました。来年に向けては、リーグ連覇と日本一奪取を力強く宣言しました。

 その後は、引退する黒田投手の引退セレモニーが行われ、昨日の引退会見では晴れやかな表情でしたが、ファンの声援がマウンドに上がる気力を与えてくれたと感謝して、世界一のカープファンの前でユニホームを脱ぐことをできて、本当に最高の引き際だったと語り、20年間、本当にありがとうございましたとあいさつしました。
 その後は、記念撮影などを行い、新井の提案でナインから背番号と同じ15回胴上げをされました。最後は、1人マウンドに残りマウンドの手前で右膝を付いて、しばらく顔を上げられなくなって涙を流しました。その黒田に対して、スタンドからは、「黒田」の大合唱が起こりました。


 優勝パレードは、すごい盛り上がりだったようですね。さすがに見に行くことはできませんでしが、ファンだけでなく選手にとっても改めてリーグ制覇したことを実感でき、再びあの感動を思い出せたのではないでしょうか。

 その後の優勝報告会では、緒方監督が来季こそは日本一奪取を誓いました。来年は、優勝報告会ではなく、日本一報告会として開催できると信じています。

 そして、今日のメインは、黒田投手の引退セレモニーでしょう。胴上げは拒否していたようですが、新井さんの提案で15回も胴上げされました。その後のマウンドで20年間の現役生活を振り返って涙を流す姿は感動的でした。
 あのシーンは何度見ても、涙が出てきます。黒田投手の引き際がかっこ良すぎて、そして本当に素晴らしいと思いました。これまで引退セレモニーにこんなに感動したことはありませんでした。テレビを通して見てもこれだけ感動するのですから、マツダで見た3万人のファンはどれだけ涙を流したのでしょうか。
 今日を最後に背番号15が見られなくなるのがまだ信じられません。きっと指導者としてカープに戻ってきて、再び背番号15を見られる日が来ることを楽しみに待ちたいですね。 
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 黒田が引退会見 | トップ | 黒田投手が功労賞を受賞 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。