カープな毎日

カープファンのひとりごと。

バティスタの代打逆転本塁打で4連勝

2017年07月10日 21時05分10秒 | 試合結果
DeNA 001 000 000 1
広島 000 000 23X 5
勝利投手:野村5勝3敗
敗戦投手:今永5勝5敗
本塁打:[広島]バティスタ7号


 野村は、初回に2死後に2塁打と四球で1,2塁のピンチを招きながら、宮崎を三ゴロに打ち取って無失点で切り抜けましたが、3回に無死1塁から桑原に適時2塁打を浴びて先制をを許し、なおも犠打で1死3塁のピンチを招くも、筒香とロペスを抑えて最少失点で切り抜けました。
 
 打線は、初回に2安打と四球で2死満塁の先制機を作りましたが、新井が三振に倒れて無得点に終わると、4回1死2塁では新井が右飛、安部が三振に抑えられ、5回の2死1,3塁では丸が二ゴロに倒れて、チャンスであと一本が出ず、今永から得点を奪えませんでした。

 野村は、4回と5回は三者凡退に抑えると、6回は1死後に連打で1,2塁のピンチを招きましたが、宮崎を遊ゴロ併殺に打ち取って無失点で切り抜け、7回を三者凡退に抑えました。

 7回に1死2塁で代打バティスタが2点本塁打を放って、ようやく今永から得点を挙げて逆転に成功すると、8回には無死2塁として、3番手田中健から松山が適時3塁打を放ち、更に敬遠と盗塁で無死2,3塁と攻めたてて、安部が2点適時打を放って試合を決めました。

 8回からは中崎が登板して、1死2塁とされましたが、石川を三振、筒香を遊ゴロに打ち取って無失点で切り抜けると、9回は今村が三者凡退に抑えて、DeNAに逆転勝ちて、対戦成績を6勝6敗の5分に戻しました。


 今日も序盤から中盤にかけてチャンスは作るものの、あと一本が出ずに今永から得点を奪えず、好投の野村を援護できませんでした。6回の無死1塁で松山が併殺に倒れた時点では、球場には敗戦ムードが漂っていましたが、7回に代打バティスタが逆転本塁打を放つと雰囲気が一変して、8回には3長短打に2盗塁を絡めて3点を挙げて試合を決めました。
 本塁打は試合の流れを変えますが、今日はそれを改めて実感させられました。長距離砲といえば、エルドレッドとバティスタの2人なので、これからもチームを白星に導く一発を放ってほしいですね。

 前カードのヤクルト戦では、新井が代打で逆転弾や同点打を放って存在感を示して、今日はスタメン出場するも3打数無安打と沈黙してしまいました。新井が打たなくても、代わりの選手がしっかりと結果を出すところは、カープの選手層の厚さを感じました。
 これから正念場の戦いでも心強い限りですね
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 9回に代打新井の適時打で追い... | トップ | 岡田乱調で逆転負け »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

試合結果」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。