カープな毎日

カープファンのひとりごと。

失策と四球で自滅してまさかの逆転負け

2017年05月17日 21時45分48秒 | 試合結果
DeNA 000 001 003 1 5
広 島 000 000 400 0 4
勝利投手:山崎康1勝1敗2S
敗戦投手:一岡1勝2敗
セーブ:パットン2勝2敗7S
本塁打:[DeNA]ウィーランド1号
    [広島]田中1号


打線は、2回に安打と四球で1死1,2塁とするも、松山が二飛に倒れて、會澤が内野安打で満塁するも、大瀬良が右飛に倒れて無得点に終わりました。続く3回には、安打と四球で無死1,2塁としながら、丸の遊直が併殺となって無得点、5回は2死から田中が3塁打を放つも、菊池が左飛に打ち取られて、ウィーランドから得点を奪えませんでした。

 大瀬良は、5回まで1安打に抑えて2塁さえ踏ませない好投でしたが、6回にウィーランドに本塁打を浴びて先制を許してしまいました。更に2死後に梶谷に2塁打を打たれましたが、ロペスを三飛に抑えて最少失点で切り抜け、7回は三者凡退に抑えました。

 先制された直後の6回には、2死後に安部が2塁打を放つも、エルドレッドが三振に倒れて、ウィーランドを攻略できませんでしたが、7回に2番手三上を攻めて、安打と犠打で1死2塁とすると、代打西川の適時打で同点とし、続く田中の2点本塁打で勝ち越しに成功しました。更に菊池が2塁打で出塁すると、2死後に代わった砂田から鈴木誠が適時打を放って追加点を挙げて、リードを3点に広げました。

 8回からはジャクソンが登板して、1安打無失点に抑えましたが、9回に登板した今村が、1死後に安部の失策と四球で1,2塁としてしまい、宮崎に2点3塁打を浴びてしまい、続く戸柱に適時打を打たれて、同点に追いつかれてしまいました。

 打線は、8回と9回は三者凡退に抑えられてしまい、延長戦に突入しました。

 10回に登板した一岡が四球と自らの失策などで1死2,3塁とされ、梶谷を敬遠して満塁策を取りましたが、ロペスに犠飛を打たれて、無安打で勝ち越しを許してしまいました。
 10回裏は、パットンに丸、鈴木誠、安部が三者凡退に抑えられて、まさかの逆転負けを喫してしまいました。


 今日は、最後の最後で失策と四球が得点に直結して、逃げ切りに失敗し、痛すぎる逆転負けを喫してしまいました。9回は失策後に四球を与えてピンチを拡大し、10回は先頭への四球に失策が絡んでピンチが拡大して、その後の失点に繋がりました。
 打たれての失点であれば仕方ない部分もありますが、失策と無駄な四球は防がないといけません。特に四球は失点に繋がる可能性が高いだけに、試合の流れも悪くしてしまいます。
 先週の阪神戦にしても、無駄な四球が歴史的な逆転負けに繋がっています。今季は与四球が多く、チーム防御率が悪くなった要因の一つであることは間違いないでしょう。
 打たれても良いという気持ちで思い切り投げ込んで、ストライクで勝負してほしいですね。

 また、終盤にリリーフが崩れたことが敗因ですが、序盤で何度も得点機がありながら、ウィーランドから得点を奪えなかった攻撃も、敗因のひとつだったと思います。リリーフ陣だけに敗戦の責任を負わせることはできないですね。
 
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 5回に集中打で逆転して快勝 | トップ | ジャクソンが初失点初黒星 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。