カープな毎日

カープファンのひとりごと。

岡田乱調で逆転負け

2017年07月11日 21時50分46秒 | 試合結果
DeNA 002 012 000 5
広島 020 000 000 2
勝利投手:石田3勝3敗
敗戦投手:岡田7勝4敗
セーブ:山崎康1勝1敗12S


 岡田は、初回に四球にボークと犠打で1死3塁のピンチを招きましたが、筒香とロペスを打ち取って無失点で切り抜けると、2回には連打で無死1,3塁とされながらも、梶谷、石田、倉本を抑えて得点を与えませんでした。

 2回裏に連続四球で無死1,2塁のチャンスを貰うと、エルドレッドの適時打で先制し、更に安打で無死満塁と石田を攻めたてましたが、會澤の併殺の間の1点のみで、2得点に終わりました。

 直後の3回に連打で再び無死1,3塁とされると、筒香に2点2塁打を浴びて同点に追いつかれましたが、その後の1死1,3塁は戸柱の一ゴロで三走筒香が本塁を狙ってアウトになって助けられました。
 4回には2塁打と犠打で1死3塁とされるも、倉本と桑原を抑えて無失点で凌ぎましたが、5回に2死無走者から2塁打で出塁を許して、宮崎に適時打を浴びて勝ち越しを許してしまいました。
 岡田は6回も続投して、安打と鈴木誠の失策で無死2塁となり、投前犠打を悪送球して1点を与えてしまい、なおも無死2塁のピンチを残してマウンドを降りました。
 代わった中田は、安打で1死1,3塁とされ、安打に會澤の捕逸も絡んで1点を失いました。

 打線は、3回から5回まで石田に無安打に抑えられていましたが、6回に1死後に2塁打と四球で1,2塁のチャンスを作りましたが、松山が併殺に倒れて得点機を逸すると、7回も石田に三者凡退に抑えられてしまいました。

 7回からは九里が登板して、この試合初めて三者凡退に抑えると、8回も1安打無失点に抑えました。9回は高橋樹が登板して、筒香、ロペス、宮崎の主軸を三者凡退に抑えましたが、打線は、8回を加賀、9回を山崎康に三者凡退に封じられて、DeNAに完敗を喫して、連勝が4で止まりました。


 岡田は、終始安定感を欠き、最後まで立ち直ることができませんでした。初回から毎回走者を得点圏に背負い、5回0/3を10安打5失点でマウンドを降りました。初回と2回は何とか粘りましたが、さすがに3度目は見逃してもらえず、先制した直後の3回には、筒香に同点打を浴びてしまいました。その後も立ち直る気配すらないだけでなく、ボークや悪送球とミスもあり、状態の悪さは深刻でした。
 岡田は開幕からローテとしてフル回転しているので、さすがに疲れが出てきたと思われます。本当はオールスターで休息を取ってほしいところですが、オールスターに出場するので休む時間が無く、苦しい状態が続きそうです。
 ここがローテの柱になるための正念場だと思います。岡田にはカープ投手陣を背負うだけの実力を持っていると思うので、この壁を乗り越えて、一回り大きくなってほしいですね。

 

 
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« バティスタの代打逆転本塁打... | トップ | フレッシュ球宴は史上初の0-0 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

試合結果」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。