カープな毎日

カープファンのひとりごと。

サヨナラ負けでマジック再点灯ならず

2017年08月10日 22時25分45秒 | 試合結果
広島 230 000 000 5
中日 121 010 001 6
勝利投手:田島2勝5敗25S
敗戦投手:今村1勝3敗20S
本塁打:[広島]鈴木24号


 初回に2死から連続四球で1,2塁とすると、エルドレッドと新井の連続適時打で2点を先制しましたが、直後の1回裏に九里が、四球と捕逸などで2死3塁とされ、ゲレーロに適時打を打たれて1点を返されてしまいました。
 しかし、2回に死球と安打で1死1,3塁として、2死後に鈴木誠が3点本塁打を放ってリードを4点に広げて天敵八木を2回でKOしました。ところが、九里は2回裏にも連打と四球で無死満塁のピンチを招き、代打遠藤の適時打と内野ゴロの間に2点を失ってしまいました。
 更に続き3回もゲレーロと福田の連続長短打で1点を失って、リードが1点となってしまいました。

 打線は、4回に2死後に四球と安打で1,3塁の得点機を作りましたが、鈴木誠が右飛に倒れて無得点に終わると、九里は、5回裏にゲレーロに3塁打を打たれて無死3塁のピンチを招き、1死後には四球を与えて1,3塁とピンチを拡大させ、内野ゴロの間に1点を失って同点に追いつかれてしまい、ここでマウンドを降りました。
 なおも2死2塁のピンチでしたが、中田が後続を断って勝ち越しは許しませんでした。

 打線は、6回に2死後に連続四球で1,2塁の勝ち越し機を作るも、丸が二ゴロに倒れて得点を奪えませんでした。 
 6回からは一岡が登板して産所凡退に抑えると、7回はジャクソンが連続死四球で無死1,2塁のピンチを招きながら、福田を併殺に打ち取るなど後続を断って無失点で切り抜けました。
 そして、8回は中崎が三者連続三振に斬ると、9回に四球と内野安打で無死1,2塁の絶好機を作りましたが、丸と鈴木誠が連続三振に倒れて、エルドレッドは中飛に打ち取られて得点を奪えませんでした。

 9回裏は今村がマウンドに上がりましたが、代打谷の2塁打と犠打で1死3塁とされ、大島に適時打を浴びてサヨナラ負けを喫してしまい、カード負け越しとなりました。
 2位阪神が敗れていたものの、カープも負けたためマジック再点灯は成りませんでした。


 今日は天敵八木が先発でしたが、2回までに5得点を挙げて早々にKOして、試合の主導権を握ったかと思われましたが、先発の九里は制球が甘く、毎回先頭打者を出塁させて失点を重ねてしまいました。
 調子が悪いことは誰でもありますが、序盤で5点もの援護を貰いながら、試合中に修正して立ち直ることができず、4回2/3を投げて8安打を浴びて、三者凡退が一度も無くては試合の流れを掴むことができません。
 九里は、前回登板でも初回に4失点しており、5回5失点と先発としての役割を果たせておらず、2試合連続でKOされていることから、2軍降格の可能性もあり得そうです。しかし、代役の先発がいないことから、ラストチャンスが与えられるかもしれません。
 もしチャンスがあれば、汚名返上の投球をしてほしいですね。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 引き分けもマジック33点灯 | トップ | 薮田がプロ初完投初完封で連... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。