カープな毎日

カープファンのひとりごと。

緒方監督の退場も実らず1安打完封負け

2017年04月19日 21時05分52秒 | 試合結果
DeNA 000 201 001 4
広島 000 000 000 0
勝利投手:今永1勝1敗
敗戦投手:床田1勝1敗

 床田は、3回までパーフェクトに抑える素晴らしい立ち上がりでしたが、4回に四球と安打で無死1,2塁のピンチを招き、梶谷と筒香を抑えて2死までこぎつけましたが、ロペスに2点適時打を浴びて先制を許してしまい、この回限りでマウンドを降りました。

 打線は、苦手の今永に対して、初回に四球と安打で無死1,2塁の先制機を作りましたが、丸が二ゴロ、新井が併殺に倒れて無得点に終わると、2回から4回までパーフェクトに抑えられてしまいました。
 
 5回からはヘーゲンズがマウンドに上がり、5回は三者凡退に抑えましたが、6回に桑原に3塁打を打たれて無死3塁とされると、田中浩に適時打を浴びて1点を失いました。更に四球で無死1,2塁とされましたが、ロペスを併殺に打ち取るなど追加点を与えませんでした。
 7回と8回はブレイシアが無安打無失点に抑えましたが、9回に登板した中田が筒香に四球を与えて無死1塁として、ロペスに適時2塁打を浴びてダメを押されてしまいました。

 打線は、5回に先頭の鈴木誠が四球で出塁するも後続が続かず、7回にも1死後に連続四球を選んで1,2塁と得点圏に走者を進めるも、エルドレッドが三振、小窪の遊撃への当たりは微妙なタイミングでしたがアウトの判定となり、抗議した緒方監督が退場処分となりました。
 緒方監督の退場で選手が奮起するかと思われましたが、8回と9回も今永に三者凡退に抑えられて、1安打完封負けを喫してしまい、床田はプロ初黒星となってしまいました。


 床田は、3回まで一人の走者も許しませんでしたが、4回に先頭の桑原に四球と与えてしまい、更に安打で1,2塁のピンチを招き、主軸を抑えて2死までいきながらロペスに先制打を浴びてしまいました。
 桑原がファールで粘ったこともありますが、先頭打者への四球は失点に繋がる可能性が高く、それが1番打者となるとその可能性が高まるので、この四球はもったいなかったですね。
 また梶谷と筒香を抑えながら、ロペスに適時打を浴びてしまったのも、もったいなかったです。主軸との対戦は気を遣うので、2死となって少し気が緩んだのかもしれませんが、何とかもうひと踏ん張りしてほしかったですね。

 打線は、今永から初回に菊池が放った1安打だけに抑えられてしまいました。ポイントは初回の攻撃で、田中の四球と菊池の安打で無死1,2塁と攻めたてながら、丸が二ゴロ、新井が遊ゴロ併殺と最悪の結果となってしまいました。今永の立ち上がりで得点を挙げられていれば、これほど抑えられることもなく、攻略できた可能性もあったと思います。
 昨季も苦手としていただけに、今季初対戦で攻略して苦手意識を払拭したかったですが、返って苦手意識が強くなってしまいました。次回対戦までにしっかりと対策を練らないといけませんね。
 
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 逆転サヨナラ勝ちで連敗阻止 | トップ | 延長10回勝ち越されて今季初... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。