カープな毎日

カープファンのひとりごと。

赤松が契約更改

2017年11月08日 22時19分58秒 | オフシーズン
赤松と床田が大野練習場で契約更改交渉に臨み、赤松は減額上限の25%減となる900万円減の2,700万円で、床田は現状維持の700万円でそれぞれ更改しました。

 赤松は、今年1月に胃がんの摘出手術を受け、その後抗がん剤治療を行いましたが、7月から3軍でトレーニングを再開しており、現在はマシン打撃や軽めのフリー打撃をこなすまでに回復しているとのことです。当初の想定より早く回復しているようで、順調に復帰への階段を登っていることは嬉しいですね。
 球団からは、来季の戦力として考えていることを告げられたそうで、赤松本人にとっても復帰に向けてモチベーションが上がったことでしょう。早く実戦復帰したい思いもあるでしょうが、焦らずにじっくりと体力を戻して、まずは2軍での実戦復帰を目指してほしいです。実戦復帰できれば、赤松の走塁技術であれば、1軍復帰もそう遠くないと思っています。来季は1軍で赤松のプレーが見られることを楽しみに待ちたいですね。


 床田は、新人ながらも開幕ローテに入り、3試合に登板して1勝1敗、防御率5.19の成績でした。4月に左肘の違和感を発症して登録抹消されると、7月に左肘関節内側側副靱帯再建術・尺骨神経はく離術の手術を受けて、現在はリハビリ中です。
 今季の登板は3試合ながら、貴重な先発左腕として潜在能力の高さを感じさせました。今ドラフトでは、左腕投手を指名していないことから、2年目の床田には来季のローテとして1年間活躍することが期待されます。今は来季に向けてしっかりとリハビリに励み、来春のキャンプに備えてほしいですね。
 
コメント