山歩き

どんな花が咲いてるでしょう、どんな山が見えるでしょう

八幡平(黒谷地~茶臼岳~八幡平山頂)

2017-08-01 11:15:22 | 日記
9時50分ころ、通称八幡平アスピーテラインの黒谷地というバス停の駐車スペースに車を置いて、黒谷地⇒茶臼岳⇒黒谷地⇒八幡平山頂⇒黒谷地と歩くつもりで出発。



試作中 訳がわかない・・・・中断

ニッコウキスゲ、モミジカラマツがあちこちで咲いている。









少しわかってきた。写真を2枚追加できた。
白い花はモミジカラマツ、あちこちで咲いていた。茶臼岳山頂ではトンボの大群が。向かいの岩手山は7合目位から上は雲の中。
モッコ岳など裏岩手連峰は良く見える。

太陽の周りに虹が出ており珍しい気象現象らしく、夕方のニュースでやってた。


また、中断。

この虹の輪は弘前から来たという、若い男女の二人連れが教えてくれたもの。この二人はとても感じが良く、食後のコーヒーを飲んでたらお菓子を分けてくれたり、八幡平山頂から駐車場に向かう途中の窪地にキヌガサソウが咲いている、と教えてくれました。


イワオトギリ

イワイチョウ

ウサギギク

キンコウカ

これらの花を見ながら八幡平山等を目指すが、大した勾配じゃないのに歩きにくい。

キヌガサソウを見たら車を置いた場所に戻らず、路線バスに乗ろうかと弱気になる。

さらに、車を置いた場所への分岐点ではキヌガサソウ、やめようかなと更に弱気・・・・・

若い二人のことを思い出し歩き続ける。バスの時刻を調べようとするがソフトバンクは圏外が広く繋がらない(茶臼岳山頂では電波あり)、最悪の場合は舗装道路を歩いて車の場所まで行こうと決める。

今朝起きてから、良い天気なので急きょ出かけてきたもので、バスの時刻を調べるなど事前準備不足・・・・・


つづく


八幡平山頂。展望台に上るが展望はあまり良くなく、キヌガサソウへ直行

旬を過ぎて黄ばんでいるが、見事な花だ。来年は純白な姿を見に来よう。

14時40分ころ駐車場に着いたらバスは10分前に出たとこで、50分くらいの待ち時間だが、車道を歩くのが嫌なので待つことにした。

この日見かけた花を紹介します。
ミヤマキンポウゲ
トウゲブキ
イブキゼリ
ミヤマコウゾリナ
シロバナニガナハクサンフウロハクサンシャクナゲ
アカモノ
ハクサンチドリ
シロバナトウウチソウ

誤字を直して何とか試作品完成としよう。

7月26日のことでした。

ジャンル:
みんなの花図鑑
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワタスゲ(スズメノケヤリ) - ... | トップ | 早池峰山(ハヤチネウスユキ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。