もんろーの部屋

音楽について自分について哲学しちゃうページ・・・美味しいものもちょっと

舘野泉リサイタル@小海町ヤルヴィホール

2016-09-18 | 音楽
舘野先生は、両手の時からそれはそれは凄かったけれど、左手になってからの凄さは、殆ど天使の化身です。
ピアノの隣にふんわりゆるっと立たれた御姿は、ほぼほぼ神様です。

駅前にコンビニはもちろん、タクシーも居ない、そんな小海町の小さな小さなホールに、毎年23年間(22回。脳梗塞で1回お休み)もリサイタルの為に、神様が降り立つって、殆ど奇跡じゃないでしょうか。

小さなホールのスタンウェイのセミコンは神様が選んでくれたピアノで、20年を超えてようやく、とみに鳴り始めています。

調律師さん奮闘中。


今年は特に、熊本出身の光永浩一郎さんの新しい作品を取り上げられ、震災後、インスピレーションを得て生まれたという曲は、繊細で透明で力強かった。←もちろん神様の力がそうさせるんだけど。

ヤルヴィホールのヤルヴィとは、フィンランド語の【湖】という意味で、神様が名付けられた。八ヶ岳を望む立地にある、小さな湖の畔の木造サロンホール。





神様の演奏は、何度も東京で聴いたけれど、このヤルヴィのコンサートは、神様が神様らしく、格別です。

脳梗塞で倒れて1回お休みになった次の年、「座っているだけで良いから」と言われた神様は、座っているだけでなく、演奏もなさった。
それから左手の歴史が始まるんだけど。

「スタッフの方々が、暖かくてね、ウチに帰ったような気がしてねぇ〜。この後、10年も20年も続けて頂きたいですねぇ〜。」ゆるりと人間年齢、傘寿の神様が言った。

心優しい町の人たちと、一人の神様のストーリー。


舘野先生大好き💖。

「また来てね」って言われるのって、本当に本当に本当に凄い事なのよぉ〜。
1、2年じゃないよっ。
23年❣️

小海線は単線。一両編成。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アフタヌーンティー@ストリン... | トップ | キースプリング@小淵沢 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
神様 (酔っ払い(謹慎中))
2016-11-02 00:24:58
今年3月に神様のオケ伴奏を弾かせていただく機会あり。
ピアノアンコールは、カッチーニのアヴェ・マリアでした。
まさに鳥肌ものの演奏で、ステージ上で涙がこぼれるのをこらえるのに必死。
後で聞くと、他のメンバーも同じ思いだったそうです。
そうなのです (もんろー)
2016-11-02 07:04:05
アヴェマリア、良いですよね💖。
アンコールには大衆が知っている曲が良いからと、吉松隆さんが、左手用に編曲して下さったと聞きました。
全てのレパートリーを手放して、全て新しい曲に70代から取り組むってどんな感じかしら、と思いますが、それは凡人の感想かなぁ、とも思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。