ヒスバナアラカルト

香西善行の雑記ドコロ
諸々の感想には具体的内容も含んでいますので、お気をつけくださいね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

MU「愛の続き/その他短編」@下北沢OFFOFFシアター

2008-01-22 16:50:49 | 演劇関連
「愛の続き」「JUMON」(Aパート)と「愛の続き(の続き)」「5分だけあげる」(Bパート)を回を分けての上演。
以前付き合っていた女からの相談を受けマンションにお邪魔する男。そこは自分との恋愛を少女漫画として連載している彼女の仕事場でもあった。そして今の彼氏兼作画担当の男と同棲している場所でもある。病んだ彼氏、ファンをも巻き込んだ恋愛劇な、「愛の続き」。
7人の女を囲い生活している男の家に、一人の女が志願兵のごとく住ませてくれと意気込んでくる。同時に被害者の会と名乗る男たちが女性を解放しようと策動する。実しやかに囁かられる女を虜にする呪文の存在。男とは一体ナニモノなのかな、「JUMON」。
「愛の続き」の裏面、男女キャストを入れ替え微妙にずれたところへ進む、「愛の続き(の続き)」
学級崩壊した小6の教室。担任は教壇にダイナマイトを仕込み授業参観日を迎える。教室には生徒2人とその親4人。崩壊しているのはこのクラスだけではない、「5分だけあげる」

舞台正面には、さび付いた様な土色の壁。そこにはカバーをはずした文庫本が並んぶ。手作り風の歪んだ木のイスと机が置かれている。

チラシからポップなモノを想像していたがそんな感じではなく少し残念……でもなかった。「愛の続き」から観はじめ、いきなり説明多過に感じたが主人公が漫画家とわかれば途端に面白くなる。フキダシにはまるセリフ、過剰な行動など実に漫画的感覚で進んでいく。ともすると白けがちだが役者の力も大きく楽しかった。それは「JUMON」のaiko…、あ、アイコ役の平間美貴氏の快演ぶりにも通ずつところ。柱となりワイドショーネタを昇華させていた。
「5分だけあげる」が一番好み。教壇の中にダイナマイトだとか大人になりたいがための性体験だとか、まあ、無くていいけど在っちゃう崩壊さが好き。重いテーマのオンパレードをバカバカしく笑いながら、不安はしっかり蓄積されていくような気分だった。
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« earth アース<吹き替え>@... | トップ | 青年団「革命日記」@アトリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

演劇関連」カテゴリの最新記事