こんにちは牛尾こうじろうです

日本共産党千代田区議団事務局長
2人の娘を育てるイクメンパパです

第3回定例区議会が終了

2016-10-20 00:18:08 | 日記
第3回定例会が閉会しました。
私は最終日、千代田区立図書館の指定管理者への指定についての反対討論を行いました。


議案第40号、「千代田区立図書館の指定管理者の指定」について、反対の立場から討論を行います。
本議案は、「千代田」、「四番町」、「日比谷」、「昌平まちかど」、「神田まちかど」の5つの区立図書館の指定管理者として、「千代田ルネッサンスグループ」を指定するものです。
本議案に反対する第1の理由は、公立図書館の役割を果たさせるには、「指定管理」というやり方は馴染まないということです。
図書館の運営にとって、専門性の蓄積や、所蔵資料を充実させていくことは極めて重要であり、またそれは、「千代田区立図書館宣言」で記されている「教育・文化・社会生活の発展に向けて、基本的人権としての知る自由を保障する」ためにも欠かせません。
そのためには、司書や職員の専門性や知識を蓄積していくことなど、図書館事業を一貫した方針のもとで継続して行うことが求められます。管理期間を5年とする指定管理者制度では一貫した継続性は望めません。また、学校図書館への司書派遣についても契約社員が担っており、子どもや教師たちとの安定した関係性を構築できるのか疑問です。
第2に、図書館は営利を目的とする施設ではなく、営利企業を指定管理者にすることにより、職員の労働条件や図書サービスにしわ寄せがいきかねないということです。
実際、千代田図書館の指定管理者である「ヴィアックス」の求人広告では千代田図書館勤務のアルバイトは時給940円で、勤務時間が1日4時間~8時間、週3~4日でフルに働いても月、12万円です。また、契約社員の月給は月17万5千円となっています。これが、区民の知る自由を守る仕事にふさわしい労働条件と言えるでしょうか。
図書サービスという面でも、私たちがとりくんでいる区政アンケートには「辞典などの基本書が少ない」「ビジネス雑誌の保存期間が短い」「もっと本を充実させてほしい」など、蔵書の充実を求める声が多数寄せられています。区民が希望する蔵書を充実させていくためには、住民とともに図書館を発展させていくとりくみが必要です。
しかし、「千代田区立図書館指定管理者募集要項」では図書資料の選定・発注・受入・整備及び保管や、図書館サービス、事業の実施等は指定管理者が行う業務としています。一方、区の役割は50万円を超える修繕やまちかど図書館の光熱費の支払業務などに限られ、図書館の管理や運営に対し、区は直接関わることはできません。図書館は教育機関です。このような制度が教育機関にふさわしいといえるでしょうか。
日本図書館協会の2015年の調査によると、指定管理者制度を導入したものの直営に戻した図書館が10館あります。
今一度、指定管理という運営がふさわしいのか考え直すことを求め反対討論とします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 第4回定例区議会の一般質問 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。